Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ダムコン・スー

Dolphins Daily News 8.3―トレーニングキャンプ6日目

トレーニングキャンプ6日目、この日はいいニュースと悪いニュースがありました。

まずいいニュースは、Sレシャッド・ジョーンズが練習に復帰しました。ジョーンズはフットボール以外の怪我ということでキャンプ初日から練習に参加しておらず特別メニューで調整を続けていたようですが、正式にロースターに復帰しました。

ジョーンズはふくらはぎを痛めていたようで、ひょっとしたらもっと長引くのではないかと思っていたんですが、意外と早く復帰できて安心しました。ただ、今後も同じところを痛めることのないように十分注意して練習してもらいたいと思います。

そして悪いニュースは、現地時間月曜日の練習中に脳震とうを起こしたRBジェイ・アジャイの続報です。アジャイは脳震とうのため、少なくとも今後1週間は欠場する見込みだということです。そして復帰の時期は現時点では未定となっています。

まあ、痛めた箇所が頭部なので慎重を期す必要があるんですが、開幕までまだおよそ1か月あるので、焦らずにゆっくりと回復させてもらいたいです。場合によってはプレシーズンゲームを全休しても問題はないと思うので、開幕時には万全の状態で復帰してくれることを願っています。

その他、この日の話題を拾ってみます。

・DEキャメロン・ウェイクとDTダムコン・スーのベテラン2人は練習がお休みだったようです。

・ひざを怪我したドラフト7巡目指名の新人WRアイザイア・フォードは手術をしたようで、もしかすると今シーズンは故障者リストに入って過ごすかもしれません。

・QBライアン・タネヒルはWRケニー・スティルスとTEアンソニー・ファサーノにTDパスを決めています。特にファサーノへのTDパスはロールアウトからのパスプレーで、ひざにニーブレイスを装着したタネヒルは軽快に動いていたようです。今シーズンはこのロールアウトからのパスがオフェンスのキープレーになるかもしれません。




Dolphins Daily News 8.1―トレーニングキャンプ5日目

ドルフィンズにとって大変心配な状況が発生しました。RBジェイ・アジャイが脳震とうを起こしたようです。

アジャイはこの日の練習でS T.J.マクドナルドにタックルを受けた後にメディカルスタッフと共にチームを離れました。マクドナルドのタックルを受ける前にもLBローレンス・ティモンズやDTダムコン・スーに激しいタックルを受けていたようで、アジャイの状態が心配されます。

キャンプ開始早々大きな事故が起こったわけですが、逆に言えば早い時期だからよかったとも言えます。これがプレシーズンゲームの後半あたりに起こっていたら、レギュラーシーズンに大きく影響していたでしょう。まだシーズン開始まで1か月以上ありますから、しっかりと治してもらいたいと思います。

とはいえ、脳震とうは癖になると言いますし、実際にアジャイが練習に復帰できる時期や脳震とうの度合いなどはわかっていません。大きな後遺症にならないことを祈っています。

心配といえば、QBライアン・タネヒルがこれまで5日間のキャンプで少なくとも4つのインターセプトを犯していることも不安要素です。しかし、HCアダム・ゲイスはまったく心配していないようです。

まあ、キャンプも始まったばかりですし、今はミスしても何も問題のない時ですから、悪いものは今のうちにすべて出しておくのがいいのかもしれませんね。昨年怪我をしたひざの状態はいいようですから、徐々に調子を上げていってもらえればいいと思います。


キャンプとは関係がないのですが、昨年までドルフィンズの先発LTだったブランデン・アルバートが引退を表明しました。アルバートは今年の3月にトレードでジャクソンビルジャガーズに移籍していました。

アルバートのトレードによって、ドルフィンズはジャガーズから来年のドラフト7巡目指名権を受け取ることになっていたんですが、この引退によってドルフィンズがそれを受け取ることはなくなりました。

アルバートが移籍したことにより、今シーズンから先発LTを務めるのは2年目のラレミー・タンシルになるわけですが、アルバートはそのタンシルにとってもいい存在だったと思います。昨シーズン、タンシルはアルバートから多くのことを学んだはずですので、その意味でもアルバートはドルフィンズに貢献してくれたと思います。

アルバートの第二の人生にエールを贈りたいと思います。



Dolphins Daily News 7.21―ベテランDTをテスト

トレーニングキャンプが1週間後に迫ってきましたが、ドルフィンズが今週、ベテランDTの選手をテストしたというニュースが報じられています。

ロイ・ミラーという選手で、今年の3月にジャクソンビルジャガーズを解雇されて、現在FAとなっています。今年30歳となったミラーは昨シーズンはアキレス腱を痛めて故障者リスト入りし、わずか6試合の出場に止まっていました。

もともとは2009年のドラフト3巡目指名でタンパベイバッカニアーズに入団しています。バッカニアーズで4年間プレーした後、2013年にジャガーズに移籍しました。通算成績は244タックル、8.0QBサックで、NFLでは平均的なDTの選手だったんでしょうか、プロボウルには選出されていません。

ミラーにとっては、もしドルフィンズと契約するということになれば、フロリダ州を本拠地にする3チームすべてでプレーする可能性がありますが、果たしてどうなるでしょうか。怪我の回復具合が気になりますが、ミラー本人は健康状態は問題ないと言っているようです。

しかし、キャンプを前にしたこの時期にベテランDTをテストするということは、DTのポジションに不安があるということでしょう。先発が予定されているダムコン・スーとジョーダン・フィリップスの他は新人選手2人を含むほとんど経験のない選手ばかりです。

その2人の新人選手ですが、ダボン・ゴッドチョーとビンセント・テイラーはこれまでのチーム練習などではあまり目立っておらず、評価は芳しくないようです。このトレーニングキャンプで評価を上げるような結果を出してくれることを期待しています。




Dolphins Daily News 7.10―Top 10 DTs

Sun Sentinelのウェブサイトでドルフィンズの歴代DTのトップ10が掲載されていました。

http://www.sun-sentinel.com/sports/miami-dolphins/sfl-miami-dolphins-top-10-defensive-tackles-of-all-time-20170708-photogallery.html

チャック・クリングベイル、ティム・ボウエンス、ポール・ソリアイ、ダリル・ガードナー、マニー・フェルナンデス、ボニー・ホリデーなど懐かしい名前が上がっていました。現役ではダムコン・スーが4位にランクされており、1位はボブ・バウムハワーという1977〜86年まで在籍した選手となっています。

その中でボウエンスとともに印象に残っているのがガードナーです。ガードナーは1996年ドラフト1巡目(全体20番目)でドルフィンズに入団しました。

1996年といえばジミー・ジョンソンがヘッドコーチに就任して最初のドラフトでした。その年のドラフトでは3巡目でRBカリム・アブドル-ジャバー、4巡目でFBスタンリー・プリチェット、5巡目でLBザック・トーマス、6巡目でSショーン・ウッデンなど新人の年から先発として起用された選手が数多くいて、ガードナーもそのうちのひとりでした。

1年目の途中から先発DTとなったガードナーは16試合すべてに出場しています。それから1999年まで全試合に出場しているんですが、最初の3年間では計3.5QBサックしか記録することができませんでした。しかし1999〜2001年までの3年間では34試合で計11.5QBサックを記録しています。

しかし2001年には背中の怪我のために半分の8試合にしか出場できず、そのためにシーズンオフにはドルフィンズを追われ、2002年にはワシントンレッドスキンズに移籍しています。レッドスキンズでは15試合に先発出場して4.0QBサックを記録したんですが、翌年デンバーブロンコスに移籍したものの、わずか5試合にしか出場できずその年を最後にNFLから引退しています。

198cmという大型DTで威圧感は十分だったんですが、プロボウルレベルではありませんでした。しかし背中の怪我がなければもう少しドルフィンズで活躍してくれていたと思います。あのジョンソンが1巡目に指名したほどの選手ですから、素質は十分にあったんでしょう。

いつだったかよく覚えていませんが、ボディビルのコンテストに出場していた時の写真がウェブで公開されており、懐かしく見た記憶があります。

現在はどうしているのかわかりませんが、ウィキペディアを見ると2011年にガールフレンドへのドメスティック・バイオレンスで逮捕されたという残念なニュースも掲載されていました。



Dolphins Daily News 6.29―ジャージの売上

ドルフィンズはニューイングランドペイトリオッツのQBトム・ブレイディに通算29試合中20敗していますが、今回別な分野でもブレイディに敗れています。

5月のジャージの売上でブレイディのジャージがフロリダ州でトップだったそうです。ということは、ドルフィンズはもちろん、ジャクソンビルジャガーズ、タンパベイバッカニアーズの3チームのどの選手よりもブレイディのジャージがフロリダ州で売れていたということです。

このニュースはドルフィンズのファンのみならず、ジャガーズやバッカニアーズのファンにとっても大変残念な結果なんですが、やはりブレイディはスーパースターですから人気があるということなんでしょう。チームは強くならなければダメだということですね。

ちなみにブレイディのジャージの売上はフロリダ州も含めて16の州でトップだったようで、その中にはNFLのフランチャイズのある州もフロリダ州を含めて3つあったということです。また、ドルフィンズの選手のジャージの5月の売上は25位まではだれも入っていません。ただし、ジャービス・ランドリーがWRの中では5番目の売上となっています。

http://www.nflshop.com/pages/Top_Selling_Jerseys

ドルフィンズの選手のジャージの売上を別なデータで見ると、ランドリーはNFLドラフト以降では22位でオフェンスの選手の中では18位、QBライアン・タネヒルは31位でオフェンスの選手の中では27位、そしてDTダムコン・スーがディフェンスの選手の中で10位となっています。



livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ