ダムコン・スー

March 16, 2017

Dolphins Daily News 3.16

FAとなっているDTドンタリ・ポーがマイアミを訪れました。ドルフィンズとの面談はおよそ9時間にも及ぶ長丁場となったようですが、結局契約に至らずにマイアミを去ったようです。

それにしても9時間とは…ポーの方もできれば契約をしたかったようですし、ドルフィンズ側もかなり真剣だったように思います。ただ、やはり金銭的に無理だったんでしょうかね。ちなみにこの後はオークランドレイダースが興味を持っているようですので、案外レイダースと契約してしまうかもしれませんね。

ポーがドルフィンズのディフェンシブラインに加わればDTダムコン・スー、DEキャメロン・ウェイクと並び立つ姿は本当に豪華な布陣となったことでしょう。ただし、ポーが加入したからといって必ずディフェンスが大きく向上するという保証もないところが難しいですね。


ところで、スーについてESPNのウェブサイトで興味深い記事がアップされていました。その内容は、スーがドルフィンズに加わってからドルフィンズのディフェンスはよくなるどころか悪くなっているというものです。

スーは2015年にFAでドルフィンズに移籍しました。6年間で総額1億1400万ドル(約129億3900万円)という破格の契約で、ディフェンスの選手としては記録的な契約内容だったようです。

しかしドルフィンズのディフェンスは2015年はNFL25位、2016年は同29位で、ランディフェンスに限ってみると2015年が28位、2016年が30位と次第に悪くなっています。

ただ、スー自身の成績を見ると、その2年間でNFLの前DTの選手の中では、パスを叩いたのが11回でNFLトップ、133タックルと38ロスタックルはいずれも同2位、そして11QBサックは同7位と素晴らしい成績となっています。

フットボールはチームスポーツですし、ドルフィンズのディフェンスシステムは2015年と2016年とでは違っています。そうした中で必ずしも個人の成績とチームの成績が比例していかないというのは何か他の要因が影響しているからなんでしょうね。

今シーズンのドルフィンズのディフェンスの成績とスー個人の成績がどうなるのかは終わってみなければわかりません。ディフェンシブコーディネーターが代わりますが、システム自体はそれほど変化はないと思います。今後の補強次第でしょうが、チーム史上ワーストを記録した昨シーズンよりは悪くなることはないと思います。



 

dolphin_one at 20:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

March 15, 2017

Dolphins Daily News 3.15

カンサスシティチーフスからFAとなっているDTドンタリ・ポーが明日ドルフィンズと面談する予定です。

今年のFAで大物の一人と言えるポーですが、すでにインディアナポリスコルツ、ジャクソンビルジャガーズ、そしてアトランタファルコンズと面談していますが、いずれも契約には至っていません。

ちなみにチーフスはポーと再契約せず、ポーの穴を埋めるべく元フィラデルフィアイーグルスのDTベニー・ローガンと契約しています。したがってポーが再びチーフスに戻ることはありません。

仮にポーがドルフィンズと契約すれば、ダムコン・スーとポーが並び立つディフェンシブラインは非常に見応えがありますが、金銭的な面から考えるとドルフィンズがポーと契約する余裕はないと思われます。その1つの理由としては、ドルフィンズがLBキコ・アロンソやWRジャービス・ランドリーとの長期契約を視野に入れているためです。

ただし、まったく契約する気がないのにポーとの面談を予定するということはないので、そこは何かの駆け引きが当然あるものと思われます。ドルフィンズにとっては昨年NFL30位と低迷したランディフェンスを立て直すには優秀なディフェンシブラインの選手がどうしても必要になります。

ドルフィンズはあり得ないと思っていたLBローレンス・ティモンズと契約していますので、こちらもあり得ないと思われるポーと契約する可能性は当然ありますが、果たして面談の結果はどう出るんでしょうか。

このポーのニュースに関連して、Miami Heraldではポーと契約できなければニューヨークジャイアンツからFAとなっているDTジョナサン・ハンキンスと契約することも考えられると報じています。



 

dolphin_one at 20:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

February 11, 2017

Dolphins Daily News 2.11

Pro Football Focus のウェブサイトで2016年シーズンのNFLトップ101選手が発表されていました。

https://www.profootballfocus.com/pro-top-101-players-from-the-2016-nfl-season/?utm_content=bufferb800a&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=nfl

それによると、ドルフィンズの選手はその101人の中に3人が入っています。RBジェイ・アジャイが31位、DEキャメロン・ウェイクが45位、そしてDTダムコン・スーが52位ということです。

いずれもプロボウルに選出された選手なんですが、プロボウルに選ばれた選手ではWRジャービス・ランドリーがこのランキングに入っていません。ちなみに101人の中でWRの選手は10人が入っています。

昨シーズンのランドリーはNFL7位の94回のパスレシーブを記録しており、3rdダウン時のパスレシーブも26回でこれも同7位です。

Pro Football Focus がどんな基準で101人の選手をランク付けしたのかわかりませんし、ランドリーのようにプロボウルに選ばれていてもこの101人の中に入っていない選手もいます。

まあ、これに限らずいろいろなランキングなどの数字は、本当に参考程度に見た方がいいんでしょうね。個々の選手の本当の価値を図る基準なり指標は難しいと思います。



 

dolphin_one at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 21, 2017

Dolphins Daily News 1.21

2017年シーズンにドルフィンズはロンドンで試合を行うことが決定していましたが、正式な日付が発表されました。

それによると、レギュラーシーズン第4週に当たる10月1日にロンドンのウェンブリースタジアムで開催されることになりました。対戦相手は昨年発表のあったとおりニューオーリンズセインツで、ドルフィンズのホームゲーム扱いとなります。


DTダムコン・スーがプロボウルに出場しないことになりました。欠場の理由は軽微な医療措置ということですが、どこの部分という特定は明らかにされていません。スーについては今シーズンの試合で怪我の情報はほとんどなかったので、怪我をしているということではないと思いますが、プレーオフも含めて17試合に出場していますので、身体的な疲労のようなものは当然あるでしょうね。

そのスーの代わりの選手ですが、バッファロービルズのDTカイル・ウイリアムスになったようです。ちなみにドルフィンズの選手でプロボウルに選出されながら試合に出場しなかったのは2012年のOTジェイク・ロング以来です。

プロボウルはスーパーボウルの前週の1月29日にフロリダ州オーランドで開催されますが、4年ぶりにAFCとNFCのカンファレンス同士の対戦となります。過去3年間はカンファレンスに関係なく、選出選手を往年の名選手がドラフトしてチームを結成し試合を行う形式でした。

真剣味に欠けるとかいろいろと問題のあるプロボウルですが、個人的には試合を行う価値があまりないような気がします。ただ、試合をするならAFC対NFCという対戦のほうがオールスターゲームらしいと思います。


 

dolphin_one at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 19, 2017

Dolphins Daily News 1.19

OGラレミー・タンシルが Professional Football Writers of America のオールルーキーチームに選出されました。今シーズンのタンシルは14試合に先発出場しましたが、内訳はLGとして12試合、LTとして2試合となっています。

なお、先日は同じく Professional Football Writers of America が選出するオールAFCチームにDTダムコン・スーが選ばれています。

タンシルについては来シーズンは本職であるLTとして起用されるのではないかという報道がされていますが、そうなると現在のLTブランデン・アルバートは構想外となって解雇されるということになります。

アルバートのサラリーが高いので十分考えられる話ですが、オフェンシブラインについては今シーズンもベストメンバーが揃うことが少なかったですし、有能な人材はなるべく手放したくないところです。

個人的にはもう1年アルバートを残して、その次の年からタンシルを正式に先発LTとして起用するのが得策ではないかと思います。


元ドルフィンズのOGダラス・トーマスがフィラデルフィアイーグルと契約しました。トーマスは2013年にドラフト3巡目指名でドルフィンズに入団しましたが、26試合に先発出場したものの、昨年10月にチームが1勝4敗の成績となった時に解雇されました。

トーマスについては何度も先発OGとして定着できるチャンスがありながら、ことごとく期待を裏切ってきました。パスプロテクションはよくなかったですが、ランブロックの能力は決して低くなかったように思えました。しかしそれも安定感がなかったですね。

ちなみにトーマスと一緒に解雇されたOGビリー・ターナーはボルチモアレイブンズと契約しましたがすぐに解雇され、その直後にデンバーブロンコスと契約して現在に至っています。



 

dolphin_one at 20:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック