Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ダレン・リジー

Dolphins Daily News 5.9

Palm Beach PostのウェブサイトにLSジョン・デニーの記事が掲載されていました。デニーはこれから24歳のウィンストン・チャップマンという選手とのポジション争いが予想されています。

デニーは2005年にドラフト外でドルフィンズに入団しました。Palm Beach Postの記事の中では36歳と紹介されているんですが、実際には1978年12月13日生まれの38歳です。そして新人の年からLSとしてプレーし、これまで192試合連続出場で1試合も欠場していません。

LSですから当然目立った記録はないんですが、41タックル、3ファンブルリカバーという記録があります。また2010年と2012年にはプロボウルにも選出されています。

2005年といえば、ニック・セイバンがドルフィンズのヘッドコーチに就任した年で、その年にドルフィンズ入りしたデニーはその後カム・キャメロン、トニー・スパラノ、トッド・ボウルズ、ジョー・フィルビン、ダン・キャンベル、そしてアダム・ゲイスと、暫定ヘッドコーチも含めて計7人のヘッドコーチの下でプレーしてきました。

プロボウルにも選出されていますから非常に堅実な選手で、192試合連続出場はもちろんチーム記録で、それが今シーズンも継続される可能性は高いと思います。しかしチャップマンとのポジション争いがどうなるのか注目すべきポイントとなります。

チャップマンは現在25歳で、ミシシッピー州立大学の出身なんですが2015年の4年生の時に靭帯を痛めています。ただし、その怪我も今は完治しているようです。ちなみにPalm Beach Postの記事の中ではチャップマンの年齢も間違っていて、24歳と紹介されていました。

スペシャルチームコーディネーターのダレン・リジーによると、チャップマンは非常に堅実なプレーをするスナッパーだそうです。チームの運営としてはよりサラリーが安くて若いチャップマンがベテランのデニーを上回る結果を出してほしいところもあるでしょうが、デニーとしても簡単にはポジションを明け渡さないでしょうね。




Dolphins Daily News 1.20

ドルフィンズは新しいLBコーチの就任を発表しました。フランク・ブッシュという人で、NFLでのコーチ歴が24年という大ベテランです。ブッシュはLBコーチとアシスタントHCを兼任するようで、今までのアシスタントHC兼スペシャルチームコーディネーターのダレン・リジーはアソシエイトHC兼スペシャルチームコーディネーターとなります。

アシスタントとアソシエイトの違いは何かよくわからないんですが、単純に和訳すると同じような意味となっています。ただ、役職的にはリジーがブッシュの上位になるようです。

また、その他にはオフェンシブクオリティコントロールコーチだったクリス・クーパーが予定通りアシスタントオフェンシブコーディネーターに就任しています。

ブッシュは選手、スカウト、コーチとしてNFLに32年間関わっています。1985年にドラフト5巡目指名でヒューストンオイラーズに入団し、新人の年はLBとして11試合に先発出場しました。しかし翌年には怪我のために選手としてのキャリアを終えています。

その後、オイラーズでスカウト、LBコーチを歴任し、1995年から2003年まではデンバーブロンコスのLBコーチなどを歴任してブロンコスの2年連続スーパーボウル制覇に貢献しています。また、2009〜10年はヒューストンテキサンズでディフェンシブコーディネーターも務めました。

そして過去4年間はロサンゼルスラムズのLBコーチを務め、彼の指導の下でLBジェームス・ローリネイティスは100タックル以上を3シーズンで記録、またLBアレック・オグレツリーは昨年キャリア最高の136タックルを記録しています。

これだけ経験豊富な人なので、ブッシュは新しくディフェンシブコーディネーターに就任したマット・バークの補佐的な役割も果たすと思われ、そのためのアシスタントHCという職なんでしょうね。ちなみに、ブッシュとアダム・ゲイスの接点はないようです。 



 

またコーチを追加

正式発表はまだですが、ドルフィンズがまたアシスタントコーチを追加しました。ダニー・バレットという人で担当はランニングバックコーチです。

このバレットはシンシナティ大学時代はQBとしてプレーしていましたがNFLでのプレー経験はなく、1983年から16年間に渡ってCFL(カナディアンフットボールリーグ)でプレーしていました。キャリア通算ではパス獲得ヤード数が23,419ヤード、TDパスが133個だったそうです。

コーチ経験は1997年からだそうですがこちらもNFLでの経験はなく、2000〜2006年はCFLのサスカチュワンラフライダースというチームでHCを務めていました。そして2011年からはセントラルフロリダ大学で主にランニングバックコーチを務め、昨年は最後の4試合で暫定HCを務めています。

このバレットの就任によりドルフィンズのオフェンス部門のアシスタントコーチはすべてのポジションで決定していますが、ESPNのウェブサイトによると、元デンバーブロンコスのOGだったクリス・クーパーがオフェンシブクオリティコントロールコーチに就任するようです。クーパーはHCアダム・ゲイスがブロンコスのアシスタントコーチを務めていた時、5年間選手としてプレーしていました。

ドルフィンズの新しいコーチングスタッフは今週中にもすべて決定されるようで、その中には前政権からの残留コーチも何人か含まれているようです。当初はスペシャルチームコーディネーターのダレン・リジーを除いてすべて一新されるかという話でしたが、やはりそれは難しかったのでしょうね。



 

キャンベル退団と新アシスタントコーチ就任

暫定HCを務めていたダン・キャンベルがドルフィンズを退団しました。チームは何らかの形でキャンベルを残したかったみたいですが、暫定とはいえHCを務めた身としては新しいHCが決定した今、チームを去る選択をしたのは自然な流れでしょうね。

キャンベルはHCジョー・フィルビンが解任された後、難しい状況でチームを任されて相当な重圧だったと思います。暫定HCとして5勝7敗という結果は決して満足のいく成績ではなかったと思いますが、それでも最終戦の対ニューイングランドペイトリオッツ戦を勝利に導いてくれたことでファンとしては何か救われたような気がします。

今後キャンベルはどこかのチームのコーチを務めるかもしれません。早くもニューオーリンズセインツが興味を持っているという報道もあるようです。いずれにしても、キャンベルのドルフィンズでの尽力に感謝するとともに、これからの活躍を祈念したいと思います。


さて、新HCアダム・ゲイスが就任して数日、アシスタントコーチの一部が決定して正式に発表されました。その顔ぶれは次のとおりです。(カッコ内は前職)

DC:バンス・ジョセフ(シンシナティベンガルズDBコーチ)
LB:マット・バーク(ベンガルズLBコーチ)
TE:シェーン・デイ(ワシントンレッドスキンズアシスタントOLコーチ)
OL:クリス・フォースター(サンフランシスコ49ersOLコーチ)
WR:ショーン・ジェファーソン(テネシータイタンズWRコーチ)

ジョセフに関してはベンガルズOCヒュー・ジャクソンのHC就任いかんではジャクソンのアシスタントに加わるのではないかとの報道もありましたが、結局ゲイスの方に来たようです。4-3のディフェンス隊形は変わらないようですね。

実はジョセフは1年前にデンバーブロンコスのHC候補だったようです。しかしブロンコスはゲーリー・キュービアックをHCとしたんですが、そのキュービアックはジョセフをDCにしたかったようです。ただ、それもベンガルズが許さなかったということで実現していませんでした。 

その他フォースターはコーチ歴通算23年のベテランで、2004年にはドルフィンズでOCを務めていました。ちなみにその年はデーブ・ウオンステッドがシーズン中に解任され、ジム・ベイツが暫定HCを務めたシーズンでした。

今シーズン、ドルフィンズでアシスタントを務めたコーチはほぼ全員退団するようですが、スペシャルチームコーディネーターのダレン・リジーだけは残留する見込みです。リジーはキャンベルの下でアシスタントHCも兼任していました。

あと主要なところではOCとDL、DBコーチが決定していませんが、OCについてはやはり雇わないのでしょうか。それとDLコーチはDTダムコン・スーを上手く操縦できる人物が必要なんでしょうか。その他のコーチも今後決定してくるものと思われます。


それとOTジェイソン・フォックスが解雇されています。まだ契約は残っていたみたいですが、今シーズンのプレー内容を見ていると仕方ないかなと思います。今後どこかのチームに拾われるのか、それはわかりませんが、可能性は低いでしょうね。フォックスと契約するのなら若い選手と契約した方がいいでしょうから。



 

今週の話題

先日、ドルフィンズのコーチングスタッフは全員来シーズンも残留か、という話をしたんですが、離脱者が出ました。アシスタントスペシャルチームコーディネーターだったデーブ・フィップが、フィラデルフィアイーグルスのコーチングスタッフに加わるためにドルフィンズを退団します。

フィップは過去2シーズン、ドルフィンズで同職を務めていました。その間、ドルフィンズのスペシャルチームはいずれのシーズンもNFLでトップ5にランキングされる成績を残しています。これはスペシャルチームコーディネーターのダレン・リジーはもちろんですが、それを補佐したフィップの功績も大きかったのではないでしょうか。

ちなみにフィップはイーグルスではスペシャルチームコーディネーターに就任する模様です。また、これに伴ってドルフィンズのコーチングスタッフに欠員が生じるわけですが、フィップの代わりに誰かを補充するんでしょうね。


ドルフィンズとはあまり関係ないんですが他の話題を2つ。まず1つは元ドルフィンズのHCで、ニューヨークジェッツのOCを解雇されたトニー・スパラノが、オークランドレイダースのアシスタントHC兼オフェンシブラインコーチに就任したようです。まあ、本職ともいえるオフェンシブラインコーチですから、昨シーズンのようなことはないと思いますが。

2つ目は、これも元ドルフィンズのQBだったパット・ホワイトがNFL復帰を目指しているようです。ホワイトは2009年にドラフト2巡目指名でドルフィンズに入団したものの、全くの期待外れで2年目のシーズン開始を前に解雇されました。その後、MLB(メジャーリーグベースボール)のカンサスシティロイヤルズとマイナー契約していましたが、こちらでも目が出ず、2011年にはユナイテッドフットボールリーグのバージニアデストロイヤーズというチームと契約しましたが、わずか2ヶ月で解雇されています。

ホワイトがNFL復帰に意欲を示したのは、今シーズン活躍しているサンフランシスコ49ersのQBコリン・ケイパーニックやシアトルシーホークスのQBラッセル・ウイルソンといった走れるQBの存在に刺激されたのだと思いますが、現実にNFLに復帰することはかなり難しいでしょうね。

ホワイトに関してはドルフィンズが1年目から中途半端に起用してしまったことが失敗だったと思います。元々NFLで大成はしなかったかもしれませんが、じっくりと育てられる環境にあったならばもっと違った結果になっていたかもしれません。そういう意味ではホワイトにとっては酷だったかもしれませんが、ただ、あの体格ではちょっとプロの世界では無理でしょうね。

そのホワイトですが、最新の情報ではMLBのマイアミマーリンズがマイナー契約のオファーをしたようです。再びMLBに挑戦するのか、それともまだフットボールにこだわるのか、いずれにしてもまだ若いので納得のいくまで挑戦していってもらいたいですね。






livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ