Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ダンテ・カルペッパー

Dolphins Daily News 4.18

制限付きFAだったSマイケル・トーマスが、ドルフィンズが提示していた1年間180万ドル(約1億9600万円)のオファーにサインし再契約したようです。

Palm Beach Postのウェブサイトによると、トーマスは他の2チームから興味を持たれていて、そのうちの1つからは3年契約のオファーを受けていたようですが、ドルフィンズに残る決断をしたということです。

トーマスはスペシャルチームの中心選手として、またニッケルCBやSの控えとして貴重な活躍をしてくれていますので、今回ドルフィンズに残ってくれたことは嬉しいですね。

トーマスが再契約したことにより、ドルフィンズの制限付きFAで去就が決まっていないのはRBダミアン・ウイリアムスだけとなりました。ウイリアムスについてはニューイングランドペイトリオッツと面談を行ったということですが、その後の情報はありません。ウイリアムスもドルフィンズに残ってくれればいいんですが。


ドルフィンズのオフシーズンプログラムが4月17日(日本時間18日)から始まっています。各選手の参加は自由で、練習内容はコンディショニングが主なメニューとなっていますが、QBライアン・タネヒルやCマイク・パウンシー、WRジャービス・ランドリーなどの主力選手も参加しているようです。

そのランドリーについてですが、一部報道ではオフシーズンプログラム開始までに契約延長を締結するかもしれないと言われていましたが、まだ交渉はまとまっていないようです。しかし、自由参加の練習に参加しているということは契約も間近なのではないかなと思います。少なくともシーズン開始までにはまとまるのではないでしょうか。 


Palm Beach Postのウェブサイトではドルフィンズ史上最悪のドラフトとなったシーズンはいつか、というのを投票により決める企画をやっています。それによると、最後の2つが2006年と1984年となっています。

1984年は1巡目でLBジャッキー・シップを指名していますが、このシップという選手はドラフトの失敗例としてたびたび紹介されています。また、2006年はHCニック・セイバンの2年目のシーズンで、1巡目ではSジェイソン・アレンを指名しており、2巡目の指名権はQBダンテ・カルペッパーを獲得するために譲渡しています。そのカルペッパーがまったく使い物にならなかったことは、当時からのファンの方ならよくご存知だと思います。

いずれにしても、数日後にはどちらが最悪のドラフトだったかという結果が出るものと思います。個人的には1984年当時のことはよくわからないので比較のしようがないのですが、2006年に指名された選手の名前を見ると史上最悪候補だと言われるのも頷けます。



 

マニング争奪戦始まる

プロボウルQBペイトン・マニングが遂にインディアナポリスコルツを解雇されました。これからマニング争奪戦が本格的に始まるわけですが、その移籍先としてはドルフィンズの他にアリゾナカージナルスなどが有力候補になっているようです。

個人的にはマニングのドルフィンズ入りはあまり賛成はできないんですが、もしマニングがドルフィンズに加入することが決定したら、ファンとしては大きな期待とともに歓迎し、応援していきたいと思います。

ただ、気になるのは本当に怪我から100%回復するのかということですね。それで思い出されるのが2006年に当時の首脳陣が獲得したQBダンテ・カルペッパーです。2006年はカルペッパーとQBドリュー・ブリーズ、どちらをドルフィンズが獲得するかが話題となり、結局ドルフィンズはカルペッパーを選びました。どちらも怪我の回復具合が懸念されていたんですが、その選択が誤りだったことは、その後たびたび触れられています。

ところで、カルペッパーがドルフィンズに加入して、ファンとしては大きく期待を膨らませました。ただ、開幕には間に合わないのではという当初の予想に反して、開幕から先発QBとしてプレーしました。正直、怪我から100%回復したのかという疑念がありましたが、案の定、その後欠場して故障者リスト入り、結局大きく期待を裏切ってくれました。

今回のマニングについても、カルペッパーと同じことにならないかという不安があります。2012年シーズンが開幕する頃に本当に万全の体調でプレーができるのか誰にもわからず、おそらくマニング自身にも本当のところはわからないのではないでしょうか。

もうすぐ36歳になるマニングですが、獲得するには予想以上に怪我のリスクが大きいような気がします。さらに仮にマニングの状態が100%となっても、マニングが加入したことで本当に勝てるのか。ちなみに昨年ドリームチームといわれたフィラデルフィアイーグルスがシーズン終了時にどうなったのか、NFLファンならばあらためて触れなくてもご存知のことと思います。

オーナーのスティーブン・ロスとGMジェフ・アイルランドには、現場を指揮するHCジョー・フィルビンをはじめとするコーチ陣にとって納得のいく選択をしてもらいたいと思います。




 

開幕ロースター

開幕53人のロースターが決まって、さあ開幕! といきたいところですが、選手の入れ替えは毎日行われています。いったいどこまでいけば落ち着くのかと思いますが、今後もまだ続くんでしょうね。

今日もロースターの入れ替えがありA.J.イーズが解雇されましたが、これはかなり意外でした。イーズは昨年のトレーニングキャンプで怪我をしてシーズンアウトになっているんですが、その怪我の影響はないと思いますが… 白人のLBと言えばあのザック・トーマスを思い出します。とてもトーマスとイーズは比べられませんが、それでもトーマスの後継者と思いたかったところもあるので残念ですね。

またTEのダンテ・ロザリオを獲得しました。NFL5年目のベテランで、通算で894ヤードのパスレシーブと5TDを記録しています。レシービングTEとしては結構面白いかもしれません。ただ、これでTEがFBチャールズ・クレイも含めると5人になっていますので開幕までには誰かが切られるでしょうね。

そしてオフェンシブラインのライアン・クックを獲得しています。この選手は6年目の選手でオフェンシブラインならどのポジションでもこなせるようです。OTのライドン・マーサがつま先を痛めて故障者リスト入りしましたが、この損失が結構大きかったようです。ちなみにこのクックはミネソタバイキングスがQBダンテ・カルペッパーをドルフィンズにトレードした見返りで得たドラフト指名権でNFL入りした選手だったようです。 

第3QBは? オフェンシブラインのさらなる補強は? などというところも考えられるので、今後の動きに注目ですね。 




元ドルフィンズ選手の契約情報

元ドルフィンズの選手の契約が報じられています。まず先日解雇されたLBレジー・トーバーですがバッファロービルズと契約を結んだそうです。

トーバーは2004年ドラフト4巡目指名でニューヨークジャイアンツに入団、その後2008年にドルフィンズに移籍しました。昨シーズンはドルフィンズで2試合の先発を含む16試合すべてに出場して37タックル、1QBサックを記録しています。

ビルズには昨シーズンまでドルフィンズに在籍していたLBコーチのジョージ・エドワーズがディフェンスコーディネーターとして就任しており、そのつながりも入団の理由の1つなんでしょうか。

また2006年シーズンに在籍していたQBダンテ・カルペッパーがUFL(ユナイテッドフットボールリーグ)のサクラメントマウンテンライオンズと契約しました。マウンテンライオンズのHCはかつてカルペッパーがミネソタバイキングスに在籍していた時のHCでもあります。今回の入団はその影響が大きいんでしょうね。

カルペッパーがドルフィンズに入団した時は当時のHCがニック・セイバンだったこともあり、これでスーパーボウルが狙えるチームになったと期待をしたものです。しかしカルペッパーは怪我が完治していないにもかかわらず無理してプレーして期待を裏切り、さらにセイバンにいたっては役に立たないQBを獲得したあげくに、契約途中でドルフィンズから逃げ出しました。

トーバー、カルペッパーともに新天地でどんな結果に終わるのかわかりませんが、少なくとも怪我などなくシーズン通してプレーしてもらいたいと思います。

ライオンズのQB事情

昨シーズン、NFL初のシーズン16試合全敗という屈辱的なシーズンを経験したデトロイトライオンズだが、今年のドラフトでは全体1位指名権を使ってジョージア大学のマシュー・スタッフォードを指名するものと見られています。

しかしこのスタッフォードは現在大学の3年生でNFLにはアーリーエントリーとなるが、過去にアーリーエントリーでドラフト上位指名を受けたQBはほとんどが大成していない。唯一成功したといえるのはピッツバーグスティーラーズのベン・ロスリスバーガーぐらいだそうです。

このことを見ても特にQBは大学に4年間在籍した後にプロ入りすべきだという考え方が高まっているようです。

一方、ライオンズにはベテランQBダンテ・カルペッパーがいます。このカルペッパーですが、2007年シーズン終了後に一度は引退を表明したものの、2008年11月にライオンズで現役復帰をはたしました。結果は5試合に出場してパス786ヤードを獲得して4TD、6インターセプトという内容でした。

今シーズンは体重を約14kgも落としてチームに合流して先発の座と復活をかけてやる気満々のようです。

カルペッパーは2005年にFAでドルフィンズに入団しました。当時のHCニック・セイバンが獲得したんですが、その時にカルペッパーとドリュー・ブリーズという2人のQBがFA市場にいたんですが、セイバンは故障で手術歴のあったブリーズを避けてカルペッパーを選んだんですがこれが大失敗、ブリーズは大活躍でプロボウラーとなり、一方のカルペッパーの方は故障が完治していないのに無理やり開幕から先発で起用してQBサックの嵐を浴びてその後先発から降格、故障者リスト入りしたあげくにドルフィンズを去りました。

セイバンは1年目に9勝7敗という成績をあげて、2年目にはカルペッパーを獲得してスーパーボウルのダークホースなどと言われましたが、シーズン中はカルペッパー獲得の失敗もあり、その指導力が疑問視されました。結局終わって見れば6勝10敗で地区最下位、おまけにセイバンは職場放棄でドルフィンズを離脱と散々なシーズンでした。

ライオンズの2009年シーズン開幕戦の先発QBが誰になっているのか、そしてシーズン最終戦では誰なのか、少し興味がありますね。
 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ