Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ダン・マリーノ

Dolphins Daily News 7.19―Top 10 Safeties

Sun Sentinelのウェブサイトでドルフィンズのセーフティの選手の歴代トップ10が掲載されていました。

http://www.sun-sentinel.com/sports/miami-dolphins/sfl-miami-dolphins-top-10-safeties-of-all-time-20170717-photogallery.html

1位はディック・アンダーソン、2位はジェイク・スコット、3位はルイス・オリバー、そして4位に現役のレシャッド・ジョーンズが入っています。

アンダーソンとスコットのプレーは見たことがありませんが、2人とも1972年のパーフェクトシーズンを支えた選手です。特にスコットはワシントンレッドスキンズとのスーパーボウルで2つのインターセプトを記録してMVPになっています。

アンダーソンはドルフィンズ一筋の選手で1968〜77年までの10年間で計34個のインターセプトを記録しています。特に1973年12月3日のピッツバーグスティーラーズとのマンデーナイトゲームでは4つのインターセプトを記録しています。

またドルフィンズのジャージNo.13といえば普通はQBダン・マリーノなんですが、オールドファンにとってはドルフィンズのジャージNo.13はスコットです。ドルフィンズには1970〜75年まで6年間在籍したんですが、その間に35個のインターセプトを記録しています。

その他、5位にブロック・マリオンが入っていますが、1998年に『どるふぃんわんホームページ 〜マイアミドルフィンズ非公式ウェブサイト〜』を立ち上げた時に、最初にドルフィンズのニュースとして取り上げたのがマリオンの加入だったことを今でもよく覚えています。




Dolphins Daily News 6.25―マニング復帰を打診?

興味深いニュースが紹介されていました。昨年12月にQBライアン・タネヒルが負傷してプレーできなくなった時、HCアダム・ゲイスが2015年シーズンを最後に引退したQBペイトン・マニングの復帰の可能性について考慮したというものです。

タネヒルが使えなくなったので、プレーオフを見据えてマニングを復帰させ、あわよくば先発QBとしてプレーさせようということだったのでしょうか。これが事実だったのかどうかわかりませんが、現実的にかなり無理がある話だと思いますし、疑わしくてとても本気で考えたとは思えません。

確かにゲイスはかつてマニングのオフェンシブコーディネーターで、マニングもゲイスのオフェンスをよく知っているということはあったでしょうが、引退して1年近くもフィールドから遠ざかっていた選手がNFLにいきなり復帰して活躍できるとは思えません。フットボールはチームスポーツですからいかにマニングの準備ができたとしても他の選手との連携は一朝一夕にはできませんし、チームを勝利に導けることはないでしょう。

これと同じような話を思い出しましたが、ドルフィンズは2002年の10月に前シーズンを最後に引退していた元プロボウルWRクリス・カーターを復帰させました。この復帰の背景には先発WRだったオロンデ・ガズデンの欠場があったと思いますが、当時カーターと一緒にテレビの仕事をしていたダン・マリーノの勧めもあったようです。

これによりカーターは第9週の対グリーンベイパッカーズ戦で復帰し3回のパスレシーブで31ヤードを獲得しています。しかしこの試合で怪我をしてその後4試合を欠場しています。第14週に再びプレーを再開したんですが話題ばかりが先行して満足な結果が残せず、結局計5試合に出場して8回のパスレシーブで66ヤード獲得1TDパスレシーブに止まり、シーズン終了後には再び引退をしています。

さらにドルフィンズはカーターが加入して以降の9試合では4勝5敗と負け越し、最終的に9勝7敗でシーズンを終えてAFC東地区2位タイながらプレーオフ進出を逃しています。

このカーターの例を見てもわかるとおり、一度引退した選手がシーズンの途中で新しいチームに復帰して活躍できるほどNFLはあまい世界ではないと思います。今回のマニングの話はシーズンオフの話題づくりのための1つだったのでしょうか、情報源はマニングの父親からとも報道されていますが、本当のところはどうだったんでしょうかよくわかりませんね。




500-Yard passing game

NFL NETWORKのビデオで Top 10 500-Yard passing games というのが紹介されていました。

http://www.nfl.com/videos/nfl-videos/0ap3000000811790/Top-10-500-Yard-passing-games

この中でドルフィンズのQBダン・マリーノが521ヤードで6位にランクされていました。1988年10月23日の対ニューヨークジェッツ戦で記録したものです。ビデオの中では1998年となっていますが、1988年の間違いです。

ただし、この試合ドルフィンズは30‐44でジェッツに敗れていて、マリーノは3つのTDパスを決めたものの同時に5つのインターセプトも犯しています。ドルフィンズは前半終了時点で10−30と20点リードされていたため、マリーノがパスを投げまくったと思われ、実に60回のパスを投げています。

ちなみにトップはロサンゼルスラムズのQBノーム・バンブロックリンという人で、1951年9月28日に554ヤードのパスを投げておりNFL記録となっています。近年のQBがトップかと思ったんですが、今から半世紀も前の記録だったとは意外でした。昔のフットボールというのはランプレーが中心だというイメージがあるんですが、必ずしもそうではないんですね。

NFLで500ヤード以上パスを投げたQBが何人いるのかと思って調べてみたところ延べ20人いるようで、ピッツバーグスティーラーズのベン・ロスリスバーガーとニューオーリンズセインツのドリュー・ブリーズがそれぞれ2回ずつ記録しています。マリーノは前述の1回しか記録してなかったというのも意外でした。また、意外と言えばブレット・ファーブやペイトン・マニング、ジョン・エルウェイも500ヤードは投げていないということです。

1試合で500ヤード以上パスを投げるということはそれだけパスとランのバランスが崩れているということですから、必ずしもいい傾向ではないようで、20回の500パスヤード以上の試合の勝率は12勝8敗となっています。やはり試合に勝つためにはパスとランのバランスが大事だということですね。



Dolphins Daily News 5.22

5月23日(日本時間24日)から3日間の予定でチーム練習が行われます。そしてその後のチーム練習の予定は5月30日から6月1日までの3日間、6月5日から8日までの4日間となっており、6月13日から15日までの3日間はミニキャンプが予定されています。

このチーム練習を迎えるにあたって、HCアダム・ゲイスは選手の怪我を避けるために慎重になっているようです。なぜならば、NFLではバッファロービルズのドラフト2巡目指名のWRザイ・ジョーンズはチーム練習の初日にひざを捻挫しました。また、クリーブランドブラウンズのドラフト4巡目指名のCBハワード・ウイルソンは新人のミニキャンプで膝頭を骨折しています。

ドルフィンズではオフシーズンの練習で、新人選手のみならず、どんな選手でも怪我をしないようにしてもらいたいと思います。NFLでプレーする以上は怪我はつきものですが、オフシーズンの練習で怪我をして、仮にそのシーズンに使えないということになると本人にとって大きな悲劇ですし、チームにとってもその構想がまったく狂ってくる可能性もあります。

オフシーズンでの練習での怪我ということでいつも思い出すのは、1997年のWRイェイティル・グリーンです。その年グリーンはドラフト1巡目(全体15番目)でドルフィンズに入団しました。QBダン・マリーノのパスターゲットとして大きく期待されていたんですが、トレーニングキャンプ初日に右膝の靭帯を損傷してシーズンを棒に振りました。

さらに悲劇は続き、再起をかけた翌年も同じくトレーニングキャンプで同じ箇所を痛めてまたしてもシーズン全休となっています。翌1999年はようやくNFLでのデビューを飾りましたが、8試合の出場に止まり、18回のパスレシーブで234ヤード獲得でTDパスレシーブはありませんでした。

そしてグリーンは新人の年から計10回ひざの手術を行ったということですが、1999年を最後にドルフィンズを解雇されています。その後はニューヨークジェッツ、オークランドレイダースと契約したものの、二度とプレーすることはなくNFLのキャリアを終えています。

もしグリーンが怪我をしなかったらどんな活躍をしていたのかはわかりませんが、少なくともわずか5年ほどでNFLの世界から姿を消してしまうことはなかったと思います。

話がそれてしまいましたが、どんなに有望な選手でもたった1度の怪我で選手生命を失ってしまうと同時に、その後の人生をも大きく狂わせてしまうかもしれないと思うと本当に怖い世界です。グリーンのような選手が今後出ないことを祈りたいですね。



Dolphins Daily News 5.13

元クリーブランドブラウンズのWRマイケル・ジャクソンがオートバイの事故で亡くなったというニュースがありました。オートバイを運転していたジャクソンが事故を起こして本人は死亡、同時に他の車を運転していた20歳の女性も巻き込まれて死亡したということです。

ジャクソンについて思い出されるのは、ドルフィンズが1992年シーズンの開幕戦でブラウンズと対戦し、その試合でTDパスレシーブを記録したことです。アメリカのエンターティナーと同名だったため印象に残っています。

また、その試合はドルフィンズにとっても印象的な試合で、そのシーズンの開幕戦、ドルフィンズはニューイングランドペイトリオッツと対戦する予定だったんですが、フロリダ地方を襲ったハリケーン・アンドリューの影響で中止となり、その結果第2週の対ブラウンズ戦が開幕戦となっています。

試合は第4Q途中までドルフィンズが20‐3とリードしていたんですが、そこからブラウンズが反撃して一時は逆転しました。しかし土壇場でドルフィンズがRBマーク・ヒッグスのTDランで逆転し27‐23で勝利しています。

この試合はNHKのBSで放送されました。ヒッグスのTDランが決まった瞬間のQBダン・マリーノのガッツポーズ、ブラウンズのTEマーク・ババーロがTDパスレシーブを決めて十字を切っていたシーン、ドルフィンズLBジョン・オファドールとブライアン・コックスのQBサックなど見どころが多い試合でした。

ちなみに、その時のブラウンズのヘッドコーチはビル・ベリチック、そしてディフェンシブコーディネーターはニック・セイバンでした。のちにセイバンはその試合でのマリーノのプレーを見てQBの重要性を認識したというような記事をどこかで見たことがあります。

ジャクソンは当時無名の選手だったんですが、”マイケル・ジャクソン”という名前でなかったらおそらく覚えていなかったと思います。ジャクソンの冥福を祈ります。



livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ