Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

チャールズ・ハリス

Dolphins Daily News 7.12―Top 10 DEs

Sun SentinelのウェブサイトでドルフィンズのDEの選手の歴代トップ10が掲載されていました。

http://www.sun-sentinel.com/sports/miami-dolphins/sfl-miami-dolphins-top-10-defensive-ends-of-all-time-20170711-photogallery.html

1位はジェイソン・テイラー、2位はキャメロン・ウェイク、3位はビル・スタンフィルとなっていて、まあ順当なところでしょうか。

それ以外では7位のトレース・アームストロング、8位のジェフ・クロス、9位のアデワール・オグンリエ、10位のマルコ・コールマンの4人も印象に残っています。

アームストロングは1998年シーズンのプレーオフでバッファロービルズのQBダグ・フルーティにQBサックを決めて勝利を呼び込んだプレーが思い出されます。

また、コールマンは1992年のドラフト1巡目(全体12番目)指名でスポーツイラストレイテッドの新人王にも選出されたんですが、この選手もともとはアウトサイドLBだったんですね。

それとクロスはこの4人の中ではただひとり、ドルフィンズ一筋の選手で、1988〜96年まで在籍しました。地味ながら堅実なDEで1990年にはプロボウルにも選出されています。

オグンリエは2000年にドラフト外でドルフィンズに入団したんですが、2003年にはAFCトップの15QBサックを記録してプロボウルとオールプロに選出されました。オグンリエの成長には同時期にプレーしていたテイラーの存在も大きく影響したと思います。

ちなみにそのテイラーもアームストロングと同時期にプレーしていたということで、アームストロングから学んだことは少なくなかったと思います。

今年のドラフト1巡目指名のチャールズ・ハリスがウェイクの影響を受けて実力を発揮し、大きく成長してくれることも期待できそうですね。



Dolphins Daily News 6.19―ミニキャンプ等総括

Sun Sentinelのオマー・ケリー氏が今年のドルフィンズのチーム練習からミニキャンプまでの総括を行っています。

【トッププレーメーカー】
オフェンス:QBライアン・タネヒル
ディフェンス:DEチャールズ・ハリス
【最も驚かされた選手】
オフェンス:WRデバンテ・パーカー
ディフェンス:CBザビアン・ハワード
【最も失望させられた選手】
オフェンス:TEジュリアス・トーマス
ディフェンス:LBレークワン・マクミラン
【最も向上が必要な選手】
オフェンス:LTラレミー・タンシル
ディフェンス:DTジョーダン・フィリップス

トーマスとマクミランはちょっと心配です。トーマスは少なくとも10個ぐらいのTDパスレシーブを記録するとOCクライド・クリステンセンが太鼓判を押していたんですが、もしかしたら昨年のディオン・シムズにも及ばない結果となる可能性も否定できないかもしれません。

またマクミランは先発LBのポジションを勝ち取れると思っていましたが、現時点ではマイク・ハルの方が上だということです。今後の状況次第でいい方に変わってくれればいいんですが、コア・ミーシーの体調次第ではベテランLBを補強しなければいけないかもしれません。

その他ケリー氏は、トレーニングキャンプでのポジション争いで最注目はボビー・マッケインとマイケル・トーマスの先発ニッケルCB争い、そしてドルフィンズが再びプレーオフに進出するためにはフィジカルなランオフェンスを構築しなければならないと言っています。




Dolphins Daily News 6.18―チャールズ・ハリス

DTダムコン・スーが今年のドラフト1巡目新人のDEチャールズ・ハリスを高く評価しているようです。ハリスはこのオフのチーム練習からミニキャンプでは非常にいい動きをみせていました。

ハリスは現時点ではキャメロン・ウェイクとアンドレ・ブランチの控えでローテーションでDEのポジションをこなすと考えられていますが、内容次第では先発DEとしての活躍も期待できます。また、パッシングシチュエーションではDTのポジションに入ってパスラッシュをかけることもできます。

スーやウェイク、ブランチと同時にプレーすることで、ハリスはよりプレーしやすくなると思われ、その結果QBサックをより多く記録する可能性が高まるかもしれません。相手チームはどうしてもスーやウェイクに注意を払わざるを得なくなるからです。もしかしたら最優秀新人選手に選出されるチャンスもあるかもしれません。

かつてドルフィンズにティム・ボウエンスというDTの選手がいました。ボウエンスは1994年のドラフト1巡目(全体20番目)指名の選手でしたが、新人の年に15試合の先発を含む16試合すべてに出場して44タックル、3.0QBサック、2ファンブルフォースを記録してNFLの最優秀新人守備選手に選出されています。

ドルフィンズのディフェンシブラインの選手でNFLの最優秀新人守備選手に選出されたのは、史上このボウエンスただ1人です。ちょっと話が飛躍し過ぎかもしれませんが、ハリスがドルフィンズで2人めの最優秀新人守備選手に選出されることを期待したいですね。

ドルフィンズのドラフト1巡目指名の新人DEといえば、2013年のディオン・ジョーダンを思い出すんですが、ハリスは周囲の期待を大きく裏切ったジョーダンのようにはならないでもらいたい。と言ってもハリスにその可能性はほぼないと思いますが、ただ、最も注意すべきことは怪我をしないことですね。NFLではどんなに優秀な選手でも怪我ですべてを失ってしまう可能性は常にありますから。

プレシーズンゲーム、そしてレギュラーシーズンゲームでハリスのプレーを見られるのが楽しみです。



Dolphins Daily News 6.10―チーム練習でわかったこと

OTAと呼ばれるチーム練習が終わりました。計10日間のチーム練習からわかったことを、公式ウェブサイトのコラムニストであるアンディ・コーエン氏が紹介していました。

1 QBライアン・タネヒルは大丈夫
2 WRデバンテ・パーカーは今までとは見違えるようだ
3 DEチャールズ・ハリスの指名は間違いなかった
4 RBジェイ・アジャイはパスレシーブが向上している
5 TEジュリアス・トーマスはビッグプレーが期待できる
6 DTジョーダン・フィリップスは成長している
7 Cマイク・パウンシーとLBコア・ミーシーは怪我からの回復に時間がかかる
8 Sレシャッド・ジョーンズは怪我をする前と同じようにみえる
9 DCマット・バークは選手から信頼されている
10 HCアダム・ゲイスは昨年と少しも変わっていない

ポジティブな要素ばかりで、今シーズンが楽しみになってくるんですが、来週の火曜日6月13日(日本時間14日)からは3日間の予定でミニキャンプが行われます。これまでのチーム練習よりは内容の濃いものとなりますが、そのミニキャンプから7月下旬に始まるトレーニングキャンプを通じたポジション争いも注目です。

今後予想されるポジション争いのトップ10をSun Sentinelのオマー・ケリー氏が紹介しています。

1 ダミアン・ウイリアムス、ケニアン・ドレイクの第2RB争い
2 クレイグ・アービック、アンソニー・スティーンの控えC争い
3 ジャキーム・グラント、ドレイクのリターナー争い
4 アンドレ・ブランチ、チャールズ・ハリスの先発DE争い
5 マイク・ハル、レークワン・マクミランの先発LB争い
6 ボビー・マッケイン、マイケル・トーマスのニッケルCB争い
7 ニック・ウイリアムス、ダボン・ゴッドチョー、ビンセント・テイラーの第3DT争い
8 バイロン・マックスウェル、トニー・リペット、コードレイ・タンカーズレイの先発CB争い
9 マット・ダー、マット・ハークのP争い
10 ブランドン・ドーティ、デビッド・ファレスの第3QB争い

この中でブランチとハリスの先発DE争いを最も注目したいです。ハリスの動きがとてもいいようなので、もしかしたら開幕から先発もありうるかもしれませんね。


昨シーズンまでドルフィンズに在籍していたLBスペンサー・ペイシンガーがニューヨークジェッツと契約しました。ジェッツはLBデビッド・ハリスを解雇したばかりで、そのハリスの穴埋め的なところもあるんでしょうか。ただ、ペイシンガーはLBというよりスペシャルチーム選手でしょうね。

ペイシンガーは2011年にドラフト外でニューヨークジャイアンツに入団して2014年まで在籍していましたので、ジャイアンツと同じホームスタジアムを使用するジェッツに移籍したというのは、古巣に戻ったようなものなのかもしれません。




Dolphins Daily News 6.1

今週のチーム練習の初日、この日はディフェンスがよかったようです。最も印象的だったプレーはS T.J.マクドナルドがQBライアン・タネヒルのパスをインターセプトしたものだったそうです。

マクドナルドはすでに今シーズンの8試合の出場停止が決定しているんですが、それにもかかわらずドルフィンズが契約してくれたことで張り切っているんでしょうか。シーズン後半にマクドナルドが出てくるのが楽しみになります。

ちなみにインターセプトされたタネヒルですが、内容はよくなかったようです。2つのインターセプトとレッドゾーン内でのパスミスを犯しています。ディフェンスのプレッシャーがよかったようです。

オフェンシブラインのパスプロテクションもよくなく、タネヒルはDTダムコン・スー、Sネイト・アレン、そしてドラフト1巡目指名の新人DEチャールズ・ハリスにQBサックを受けています。

その他の話題としては、Sウォルト・エイケンズがCBのポジションを練習していたそうです。昨シーズンのエイケンズはほとんどスペシャルチームの選手としてプレーしており、ディフェンスではわずか15スナップしかプレーしませんでした。

スペシャルチームとしては2つのビッグプレーを決めています。対ニューヨークジェッツ戦でのパントブロックからのリターンTD、そして対アリゾナカージナルス戦ではポイントアフターTDのキックをブロックして、ブロックしたボールをエンドゾーンまで運んだディフェンシブ2点コンバージョンを記録しています。

CBのポジションは先発候補のバイロン・マックスウェルとザビアン・ハワード、控えとしてはトニー・リペットと新人のコードレイ・タンカーズレイ、さらにニッケルCBはボビー・マッケインがいますので、エイケンズが入り込む余地はないように思えます。このCBのポジションでの練習がどんな意図で行われたのかわかりませんが、チームとエイケンズにとって有益であったことを願いたいですね。




livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ