Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ティム・ボウエンス

Dolphins Daily News 7.10―Top 10 DTs

Sun Sentinelのウェブサイトでドルフィンズの歴代DTのトップ10が掲載されていました。

http://www.sun-sentinel.com/sports/miami-dolphins/sfl-miami-dolphins-top-10-defensive-tackles-of-all-time-20170708-photogallery.html

チャック・クリングベイル、ティム・ボウエンス、ポール・ソリアイ、ダリル・ガードナー、マニー・フェルナンデス、ボニー・ホリデーなど懐かしい名前が上がっていました。現役ではダムコン・スーが4位にランクされており、1位はボブ・バウムハワーという1977〜86年まで在籍した選手となっています。

その中でボウエンスとともに印象に残っているのがガードナーです。ガードナーは1996年ドラフト1巡目(全体20番目)でドルフィンズに入団しました。

1996年といえばジミー・ジョンソンがヘッドコーチに就任して最初のドラフトでした。その年のドラフトでは3巡目でRBカリム・アブドル-ジャバー、4巡目でFBスタンリー・プリチェット、5巡目でLBザック・トーマス、6巡目でSショーン・ウッデンなど新人の年から先発として起用された選手が数多くいて、ガードナーもそのうちのひとりでした。

1年目の途中から先発DTとなったガードナーは16試合すべてに出場しています。それから1999年まで全試合に出場しているんですが、最初の3年間では計3.5QBサックしか記録することができませんでした。しかし1999〜2001年までの3年間では34試合で計11.5QBサックを記録しています。

しかし2001年には背中の怪我のために半分の8試合にしか出場できず、そのためにシーズンオフにはドルフィンズを追われ、2002年にはワシントンレッドスキンズに移籍しています。レッドスキンズでは15試合に先発出場して4.0QBサックを記録したんですが、翌年デンバーブロンコスに移籍したものの、わずか5試合にしか出場できずその年を最後にNFLから引退しています。

198cmという大型DTで威圧感は十分だったんですが、プロボウルレベルではありませんでした。しかし背中の怪我がなければもう少しドルフィンズで活躍してくれていたと思います。あのジョンソンが1巡目に指名したほどの選手ですから、素質は十分にあったんでしょう。

いつだったかよく覚えていませんが、ボディビルのコンテストに出場していた時の写真がウェブで公開されており、懐かしく見た記憶があります。

現在はどうしているのかわかりませんが、ウィキペディアを見ると2011年にガールフレンドへのドメスティック・バイオレンスで逮捕されたという残念なニュースも掲載されていました。



Dolphins Daily News 6.18―チャールズ・ハリス

DTダムコン・スーが今年のドラフト1巡目新人のDEチャールズ・ハリスを高く評価しているようです。ハリスはこのオフのチーム練習からミニキャンプでは非常にいい動きをみせていました。

ハリスは現時点ではキャメロン・ウェイクとアンドレ・ブランチの控えでローテーションでDEのポジションをこなすと考えられていますが、内容次第では先発DEとしての活躍も期待できます。また、パッシングシチュエーションではDTのポジションに入ってパスラッシュをかけることもできます。

スーやウェイク、ブランチと同時にプレーすることで、ハリスはよりプレーしやすくなると思われ、その結果QBサックをより多く記録する可能性が高まるかもしれません。相手チームはどうしてもスーやウェイクに注意を払わざるを得なくなるからです。もしかしたら最優秀新人選手に選出されるチャンスもあるかもしれません。

かつてドルフィンズにティム・ボウエンスというDTの選手がいました。ボウエンスは1994年のドラフト1巡目(全体20番目)指名の選手でしたが、新人の年に15試合の先発を含む16試合すべてに出場して44タックル、3.0QBサック、2ファンブルフォースを記録してNFLの最優秀新人守備選手に選出されています。

ドルフィンズのディフェンシブラインの選手でNFLの最優秀新人守備選手に選出されたのは、史上このボウエンスただ1人です。ちょっと話が飛躍し過ぎかもしれませんが、ハリスがドルフィンズで2人めの最優秀新人守備選手に選出されることを期待したいですね。

ドルフィンズのドラフト1巡目指名の新人DEといえば、2013年のディオン・ジョーダンを思い出すんですが、ハリスは周囲の期待を大きく裏切ったジョーダンのようにはならないでもらいたい。と言ってもハリスにその可能性はほぼないと思いますが、ただ、最も注意すべきことは怪我をしないことですね。NFLではどんなに優秀な選手でも怪我ですべてを失ってしまう可能性は常にありますから。

プレシーズンゲーム、そしてレギュラーシーズンゲームでハリスのプレーを見られるのが楽しみです。



livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ