Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

テッド・ラーセン

Dolphins Daily News 9.7―開幕戦中止でバイウイークが消滅

ドルフィンズの2017年シーズンの開幕戦は中止となり、予定されていた対タンパベイバッカニアーズ戦は、当初バイウイークだった11月19日に延期されることになりました。

まあ、順当な決定だとは思いますが、これでドルフィンズは今シーズンのバイウイークがなくなり、16週連続で試合を行うことになり、もともと厳しかったスケジュールがなお一層厳しさを増しました。

今シーズンのドルフィンズは本当に災難続きです。まず先発QBライアン・タネヒルがひざの怪我でシーズンアウト、さらにドラフト2巡目指名の新人で先発LBとして期待されたレークワン・マクミランもひざの靭帯を損傷してシーズンアウト、そして昨年チームトップの4インターセプトを記録したCBトニー・リペットもアキレス腱断裂でシーズンアウト、また先発LGとして期待されていたテッド・ラーセンも上腕二頭筋を痛めてシーズン前半を欠場します。

そして今回のハリケーンによる開幕戦中止です。これによってバイウイークがなくなったこともあるんですが、最初の3試合がいずれも本拠地以外での試合となりました。それとともに、最初の9試合のうちマイアミで試合を行えるのはわずか3試合だけです。その後の7試合のうち4試合をマイアミで戦うことができるんですが対戦相手は決して楽ではなく、シーズン前半で消耗してしまって怪我人も目立ってくるようだと本当につらいです。特に主力にベテランが多いディフェンスは苦しいのではないかと思います。

とはいえ、試合は実際にやってみないとわかりません。厳しいスケジュールだと言われていても仕方がないので、決まったからにはチームが一丸となって全力で戦ってもらいたいです。もちろん、HCアダム・ゲイスの手腕が問われることになります。

ドルフィンズのシーズン開幕は少し先に伸びましたが、9月17日の対ロサンゼルスチャージャース戦に照準を合わせてしっかりと調整してもらいたいと思います。


Dolphins Daily News 9.5―開幕戦変更の可能性?

ドルフィンズのシーズン開幕戦が変更となる可能性が出てきています。ハリケーン・イルマが南フロリダを直撃する可能性があり、土曜日から日曜日にかけて試合が行われるマイアミに最接近する予報となっています。

現在NFLはその動向に注目しているようですが、場合によっては木曜日か金曜日に前倒しで行われるか、あるいは偶然にもドルフィンズとタンパベイバッカニアーズがいずれもバイウイークとなっていることから、その週に変更となる可能性もあります。しかし、バイウイークをなくして16週連続で試合を行うというのは選手にとっては不評のようです。

いずれにしても、現在の予想進路を見るとハリケーンは完全にマイアミを直撃するコースとなっており、一両日中の決断が求められる状況と言えます。ひょっとしたら明日にでも試合日程変更のアナウンスが行われるかもしれません。


この日もまたロースターの変更がありました。OGテッド・ラーセンが故障者リストに登録され、その代わりに先日解雇されたOTサム・ヤングと契約しています。ミネソタバイキングスを解雇されたOGアレックス・ブーンがドルフィンズ入りを望んでいるというニュースがあったので、ひょっとしてブーンが来るかと思ったんですが…

ただ、ブーン獲得の可能性が全くなくなったわけではなく、開幕戦終了後に契約するという可能性も残されています。詳しくはわかりませんが、そうするとサラリーの関係でチームにとっては都合がいいようです。


HCアダム・ゲイスが開幕戦のオフェンシブラインのメンバーを発表しています。それによると、LTラレミー・タンシル、LGアンソニー・スティーン、Cマイク・パウンシー、RGジャーモン・ブッシュロッド、RTジャワン・ジェームスということです。

注目されたLGのポジションはジェシー・デービスではなくてスティーンでした。やはり開幕戦ということで経験のあるスティーンを起用することになったようです。スティーンは昨シーズン、7試合の先発を含む15試合に出場しています。


その他のポジションでは、CBがバイロン・マックスウェルとアルテラウン・バーナー、そしてDTがダボン・ゴッドチョーとジョーダン・フィリップスの先発争いが続いています。開幕戦で先発するのはそれぞれのポジションでどちらになるのか注目されます。


ドルフィンズと契約してからずっとジャージNo.が決まらなかったLBレイ・マウアルーガですが、この日ようやく古巣シンシナティベンガルズ時代と同じ58番に決定しました。そのマウアルーガは体重オーバーで調整中でしたが、やっと減量できて開幕の準備が整ったようです。ただし、プレシーズンゲームに全く出場していないので、試合でしっかり動けるかどうかが問題です。


Dolphins Daily News 9.3―53人ロースター決定とSマクドナルド契約延長

開幕を迎えるにあたって、ロースターが89人から53人に絞られました。今後多少の入れ替えはあるかもしれませんが、とりあえず今シーズンのチームが決定しています。

最終決定について、特に大きな驚きはありませんでした。実績のあるところではPマット・ダーが解雇されたことですが、プレシーズンゲームの内容を見ていても新人Pマット・ハークがダーと同程度の成績を残していましたので、サラリーの問題も考慮すれば順当な決定だと思います。

またLBネビル・ヒューイットが解雇されていますが、昨シーズンは16試合すべてに出場して57タックルを記録しているだけに残念なんですが、肩を怪我しているということです。故障者リストにも入れていないということはかなり深刻な怪我なのか、いずれにしても貴重な控え選手がいなくなったのは痛いです。

それとRBはストーム・ジョンソンがカットされてセノリス・ペリーが残りましたが、これはちょっと意外でした。またWRは5人体制で5番目のWRにはレオンテ・カルーが残りました。ドリュー・モーガンやダモレエア・ストリングフェローが失速してしまったのは残念でした。

あとOGでテッド・ラーセンがロースターに残っていますが、まもなく故障者リスト入りすると思われます。となると1人足りなくなるんですが、それに関連してミネソタバイキングスを解雇されたOGアレックス・ブーンがドルフィンズでプレーしたがっているという報道がありました。

ブーンは2009年にドラフト外でサンフランシスコ49ersに入団して2015年まで49ersでプレーしました。その間、現在のドルフィンズのオフェンシブラインコーチであるクリス・フォースターの指導を受けていました。バイキングスとは昨年4年間で総額2680万ドル(約29億5000万円)という契約を結んでいましたが、解雇されたのはこの契約内容が原因なのでしょうか。

ドルフィンズはLGのポジションがジェシー・デービスとアンソニー・スティーンのどちらかになりそうですが、実績と経験のあるブーンが務めてくれるならば安定感が増す可能性があります。ブーンがドルフィンズに加わってくれることを期待します。


そしてこの日、もう一つ大きなニュースがありました。S T.J.マクドナルドが2021年までの契約延長を締結しています。契約内容は明らかにされていませんが、ある情報では4年間総額2400万ドル(約26億4000万円)とみられています。

マクドナルドは今年の3月に1年契約でドルフィンズに入団しました。入団時には今シーズンの前半8試合の出場停止処分が課せられていましたが、ドルフィンズはそれを踏まえた上でマクドナルドを獲得しました。

マクドナルドは2013年にドラフト3巡目指名でセントルイスラムズ(現ロサンゼルスラムズ)に入団し、ラムズでの4年間で285タックル、5QBサック、4インターセプトを記録していました。

ドルフィンズに入団してからはトレーニングキャンプやプレシーズンゲームでの内容がよかったことが今回の契約延長につながっていると思います。マクドナルドのプレーが見られるのはまだ先のことになりますが、期待どおりの活躍でシーズン後半戦にはチームに貢献してもらいたいと思います。


Dolphins Daily News 8.13―タネヒル、故障者リスト入り

トレーニングキャンプ中に左ひざを痛めたQBライアン・タネヒルですが、手術を行うことを決めたようです。これによってタネヒルは今シーズンはプレーできなくなりました。まあ、当然の結果ですが、タネヒル本人にとってもそれが最良の選択だったと思います。そして公式ウェブサイトでは故障者リスト入りしたことが発表されました。

タネヒルの代わりの先発QBにはジェイ・カトラーが有力だと考えられていますが、タネヒルは今シーズンはカトラーにアドバイスをしたりしてチームに貢献してくれるものと思います。

それにしても、タネヒルの怪我もそうですが、ここ2週間ほどで主力選手に怪我人が続出しています。タネヒルの他にはRBジェイ・アジャイが脳震とうを起こし、OGテッド・ラーセンが上腕二頭筋を痛めています。さらにプレシーズンゲームの初戦でLBレークワン・マクミランが右ひざの靭帯を損傷し、DBウォルト・エイケンズも背中を痛めています。

アジャイはもうすぐ復帰するでしょうが場所が場所だけに後遺症などが心配されます。ラーセンは開幕から少なくとも数週間、下手をすればシーズンの半分以上を欠場するかもしれません。またマクミランは手術を行いますのでタネヒルと同様シーズンアウト、エイケンズの状態はわかりません。

NFLに怪我はつきものなんですが、先発選手が怪我をしてしまうとそれに代わる選手が出てきてくれないとチームとしては非常に厳しい状況です。タネヒルの代わりはカトラーがいますが、マクミランの代わりは誰が務めるのか心配されましたが、どうやら3年目のマイク・ハルが務めるようです。

マクミランが怪我をしてからいろいろな憶測が流れていました。ローレンス・ティモンズがミドルLBに入って、その代わりのアウトサイドにはネビル・ヒューイットが入るとか、FAのベテランLBを補強するのではといったことも言われていたようです。

ハルは昨シーズンの対アリゾナカージナルス戦でミドルLBとして先発しており、その時には8タックル、1インターセプトという記録を残しています。もともとデプスチャートではミドルLBの1stチームがマクミラン、2ndチームがハルとなっていましたので、この決定は自然な流れと言えます。


その他、この日の練習からの話題を拾ってみます。

・カトラーが正式に1stチームのオフェンスで練習しました。内容はエンドゾーン内で2つのインターセプト(Sレシャッド・ジョーンズ、CBバイロン・マックスウェル)を犯していますが、同時にWRデバンテ・パーカーに30ヤードTDパスも決めています。

・QBマット・ムーアも2つのインターセプトを犯しています。新加入のCBアルテラウン・バーナーと新人Sモーリス・スミスが記録しました。

・Cマイク・パウンシーがキャンプに入って初めて1stチームで練習を行っています。少しずつですが開幕先発に向けて進んでいる感じです。

・また新たな怪我人が出てきています。RTジャワン・ジェームスが肩を、Sネイト・アレンとヒューイットが足の付け根を、そしてCBトニー・リペットも足を痛めています。いずれも重症ではないと思いますが、怪我人が続いているだけに心配されます。



Dolphins Daily News 8.8―カトラー、正式にドルフィンズの一員へ

ジェイ・カトラーのドルフィンズとの契約発表が正式に行われました。

これでカトラーは正式にドルフィンズの一員となったわけですが、公式ウェブサイトではまだジャージNo.は空欄となっています。現役時代に着用していた6番は現在2年目のQBブランドン・ドーティが着けていますが、カトラーに譲るんでしょうか。

記者会見でカトラーは肩の状態はまったく問題ないと言っています。また再びフットボールをプレーすることについては多少時間がかかるがすぐに追いつけると言っています。

QBですのでパスの精度が問題となり、そこが大きな課題となりそうです。オフェンスシステムを理解するのはさほど時間はかからないはずですから、これからレシーバーとの呼吸を合わせるのが主になるでしょう。

3日後にはプレシーズンゲームが始まりますが、当然カトラーは初戦にはプレーできないでしょう。ただ、レギュラーシーズンの開幕に間に合わせるためには8月24日のプレシーズンゲーム第3戦には出てこないと厳しいでしょう。当面の目標はそこですかね。


ところで、プレシーズンゲームを前にして最初のデプスチャートが発表されています。QBはライアン・タネヒルが1stチームでカトラーの名前はまだありません。あと目立ったところではLBレークワン・マクミランが今年の新人で唯一1stチームとなっています。ドラフト1巡目指名のDEチャールズ・ハリスは2ndチームでDEアンドレ・ブランチの控えとなっています。

また、オフェンシブラインのLGの1stチームはテッド・ラーセンになっていますが、ラーセンは故障者リスト入りが予想されますので、代わりのLGは誰になるのかも気になるところです。それとRBはジェイ・アジャイが1stチームですが、いつ練習に復帰できるのか心配されます。Cマイク・パウンシーも一応1stチームとなっていますが、果たして万全の状態で開幕を迎えられるのか。デプスチャートも今後変わってくるでしょうね。



livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ