Dol-fan Blog

Miami Dolphins を心から愛する人のためのページです。

テッド・ラーセン

Dolphins Daily News 5.20

Miami Heraldのウェブサイトによると、Cマイク・パウンシーがトレーニングキャンプからプレシーズンゲームを全休するかもしれないと報じています。パウンシーは臀部の怪我で昨シーズンの大半を欠場し、現在もその治療が続けられているようです。

パウンシーは2013年から3年連続でプロボウルに選出されている優れた選手なんですが、持病とも言える臀部の怪我は年々悪くなっているような気がします。パウンシーが健康ならばドルフィンズのオフェンシブラインは大きく安定するんですけどね。

ただ、その怪我が完治しなければパウンシーの代わりを任せられる先発センターを探さなければいけないのですが、このオフにはそういう動きはありません。情報によると、現在FAとなっているベテランCニック・マンゴールドがいるんですが、ドルフィンズはマンゴールドと契約するつもりはないようです。

パウンシーがプレシーズンゲームだけでなくレギュラーシーズンゲームも引き続き欠場しなければならなくなれば当然現在の選手の中から誰かを起用しなければいけません。センターを務められる控え選手としてはクレイグ・アービック、アンソニー・スティーン、そしてテッド・ラーセンがいます。

スティーンは昨シーズンの開幕から先発を務めましたが、シーズン終盤にはアービックに先発の座を明け渡しています。実質的にプロ1年目だったので最後には息切れしてしまったような気がしますが、このスティーンが育ってくれれば3人の中で一番若いのでいいんですが。

今後パウンシーの怪我の回復具合がどうなるのかわかりませんが、来年のオフには本職のセンターの選手を本気で探さなければいけなくなるかもしれませんね。



Dolphins Daily News 5.19

Palm Beach Postの記事で、このオフにプレッシャーを感じるであろうドルフィンズの10人の選手があげられていました。その10人とは次の選手です。

LBコア・ミーシー、CBバイロン・マックスウェル、WRレオンテ・カルー、WRジャキーム・グラント、CBボビー・マッケイン、DTジョーダン・フィリップス、DEキャメロン・ウェイク、OGジャーモン・ブッシュロッド、OGテッド・ラーセン、OTジャワン・ジェームス

これらの選手については、いろいろな事情でそれぞれが何かのプレッシャーにさらされる可能性があるとしています。特にミーシーやフィリップス、ラーセンなどは新人選手にポジションを奪われる可能性があります。

ベテラン選手が新人にそのポジションを奪われるということで思い出されるのが、1996年シーズンです。この年ドルフィンズはFAでベテランLBジャック・デルリオと契約しました。その時のデルリオは全盛期は過ぎており、前年に怪我で7試合を欠場していたんですが、まだ先発LBとしては期待されていたはずでした。

しかしその年のドラフトで5巡目に指名していたLBザック・トーマスがデルリオとのポジション争いに勝ち、その結果デルリオはシーズン開始前の8月に解雇され、その後引退しています。一方トーマスは開幕から先発LBとして活躍し一躍脚光を浴びることになるんですが、その後の活躍は当時からのファンの方ならよくご存知のことと思います。

ちなみに1996年の開幕戦でドルフィンズはニューイングランドペイトリオッツと対戦したわけですが、その試合でトーマスはペイトリオッツのWRショーン・ジェファーソンに強烈なタックルを決めてノックアウトしています。そのジェファーソンが現在ドルフィンズでWRコーチを務めているというのはなんとも不思議な因縁と言えるでしょう。

今年もそれと同じようなことが起こるのかどうかわかりませんが、もし起こるとすればチーム全体に大きな勢いをつけることにもつながるかもしれません。そんな可能性を持った新人選手が出てきてくれることを期待したいですね。



Dolphins Daily News 5.18

ESPNの記者であるビル・バーンウェルという人が、FAからドラフトまでのこのオフの動きについて、ドルフィンズをD+という悪い評価にしたことが話題になっています。

ドルフィンズはバーンウェルによってAFC東地区で最も悪い評価を与えられています。ちなみに他の3チームですが、ニューイングランドペイトリオッツはB、バッファロービルズもB、そしてニューヨークジェッツはC+となっています。

ドルフィンズのD+の評価の理由としては、まずFAで再契約したWRケニー・スティルスとDEアンドレ・ブランチ、そして契約延長をしたLBキコ・アロンソとSレシャッド・ジョーンズに対して金銭的に払い過ぎだと指摘しています。

また、LTブランデン・アルバートをトレードで放出した後のオフェンシブラインに対して補強が十分にされていないことも指摘しています。新しい選手としてOGテッド・ラーセンとドラフト5巡目指名の新人OGアイザック・アシアタを獲得しただけでは不足だとしています。

一方で評価できる点としては、ドラフトでディフェンスの選手を数多く指名したこと、そして大きな代償もなしにTEジュリアス・トーマスやDEウイリアム・ヘイズ、S T.J.マクドナルトを獲得したことというのをあげています。しかしそれらを含めても全体的な評価はD+ということです。

まあ、シーズン開始前の各チームの評価や予想はあまり当てにならないので大きな問題とも言えないのですが、それにしても、D+というのはあまりいい気持ちはしませんね。ただ、あくまでも個人的な見解ということでしょうし、別な見方をする専門家もあると思います。参考資料の1つでしょうかね。



Dolphins Daily News 5.3

Palm Beach Postの記事によると、今シーズンのドルフィンズの勝敗予想は7.5勝となっており、AFCでも悪い方から5番目だということです。

まあ、今シーズンの対戦相手とスケジュール、そして昨シーズンのオフェンス24位、ディフェンス29位というチーム成績を考えると順当な予想とも言えるかもしれません。

しかし、昨シーズンもシーズン開始前は同じような勝敗予想がされていたと思うんですが、それでもチームは10勝6敗という成績をあげてプレーオフに進出しています。

予想はあくまでも予想であり、実際にやってみないとわかりませんね。ただ、就任1年目に地区優勝してプレーオフに進出したものの、2年目以降は失速してしまったトニー・スパラノ政権の二の舞は避けてもらいたいですね。


ESPNのウェブサイトで、ドラフト指名の新人選手にポジションを奪われそうなベテラン選手3人があげられていました。その3人とはOGテッド・ラーセン、LBコア・ミーシー、そしてDTジョーダン・フィリップスとなっています。

ラーセンは5巡目指名のアイザック・アシアタと、ミーシーは2巡目指名のレークワン・マクミランと、そしてフィリップスは5巡目指名のダボン・ゴッドチョー、6巡目指名のビンセント・テイラーとそれぞれポジション争いが予想されています。

この中で最もポジションを奪いそうな新人選手はアシアタだという見方が多いんですが、上記4人の新人選手がすべてベテラン選手との争いに勝つようなことがあれば、チームとしても活性化しますし全体の底上げとなります。

また、この他の新人選手もベテランを脅かすような活躍をしてくれたら、チームとしては理想的ですね。




ドラフト3日目

NFLドラフト3日目、この日は4巡目から7巡目までの指名が行われました。ドルフィンズは4巡目指名権を保有していなかったため、5巡目からの参加となっています。当初は5巡目が3つと7巡目が1つの指名権だったんですが、5巡目の最初の指名後、指名権のトレードがあって最終的には次のような指名結果となっています。

5巡目20番目(164番目) OGアイザック・アシアタ(ユタ大学)
5巡目35番目(178番目) DTダボン・ゴッドチョー(ルイジアナ州立大学)
6巡目10番目(194番目) DTビンセント・テイラー(オクラホマ州立大学)
7巡目19番目(237番目) WRアイザイア・フォード(バージニア工科大学)

OGとDTという必要性のあるポジションの選手は指名できました。あとSの選手も指名できればよかったんですが、それについては今後ベテラン選手を補強することになるんでしょうか。

アシアタはガードの他にセンターでもプレーできる選手です。ランブロッカーで、今回のドラフト指名選手の中では、前日までの3人も含めて最も先発選手に近いのではないかとの見方もあります。いずれにしても、ジャーモン・ブッシュロッド、テッド・ラーセンとのポジション争いが予想されます。

ゴッドチョーは大学時代は1年生の時から先発DTを務めています。昨シーズンは6.5QBサックを記録しており、大学3年間での通算では34試合の先発を含む37試合に出場して145タックル、12.5QBサック、2ファンブルフォースを記録しています。

テイラーは昨シーズンは7.0QBサック、13ロスタックルを記録するとともに、スペシャルチームではキックのブロックを4回記録しています。3巡目までに指名されてもおかしくない潜在能力はあるようです。フットボールとは直接関係はないんですが、2005年8月に発生したハリケーン・カトリーナの被災者であったということです。

フォードは昨シーズンは79回のパスレシーブで1094ヤードを獲得して7TDパスレシーブを記録しており、大学3年間での通算では2967ヤードを獲得して24TDパスレシーブを記録しています。高校時代はバスケットボールの選手だったようですが、大学ではフットボールを選択したということです。

3日間のドラフトが終了して計7人の選手を指名しました。当初の予想どおりディフェンスの選手が主体となり7人中5人が指名されました。全体的に見ると7人とも開幕の53人ロースターには残りそうな選手ばかりで、そのうちの何人かはもしかすると先発となっているかもしれません。

今後ドラフト外の新人選手も加わってチーム練習やトレーニングキャンプ、プレシーズンゲームを通じて競争が行われるわけですが、ベテランの先発選手を脅かすような新人が数多く出てきて、レベルの高いポジション争いが展開されることを期待し、また楽しみにしています。




livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ