Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

デバンテ・パーカー

Week 15 対ビルズ戦

マイアミドルフィンズはプレーオフ進出に僅かな望みを残していたんですが、このバッファロービルズとの試合に敗れてそれも消滅してしまいました。

それにしても、ビルズというか、QBタイロッド・テイラーにはいつも苦戦させられます。テイラーはドルフィンズ以外のチームと対戦する時は平凡なQBなんですが、ドルフィンズ戦となるとエリートQBに変身します。まったく厄介な存在です。

まあ、負けは負けとして仕方がないんですが、ビルズには再来週のシーズン最終戦で地元マイアミでリベンジするとともに、プレーオフ進出を阻止してもらいたいと思います。

試合展開から見ると、QBジェイ・カトラーの3つのインターセプトもそうなんですが、試合前半にビルズにTDを3つ取られたのに対して、ドルフィンズはTDを取れずFG2つに止まったというのがこの試合の大きなポイントだったような気がします。

それと3つ目のテイラーのTDランは前半終了間際の失点で、これがかなりダメージとなったような気がします。前半を14-6で折り返していたら、もっと違う展開になっていたかもしれないだけに、あそこで守りきれなかったのが残念でした。

それからドルフィンズの追い上げムードを殺してしまったのが第3Qのカトラーの2つのインターセプトでした。第3Qはドルフィンズのオフェンスで始まったので、その最初のドライブで得点をあげて追い上げたかったんですが、3プレー目でインターセプトを犯してしまいました。

さらにそのターンオーバーからのビルズの攻撃をなんとかしのいで攻撃権を得たんですが、その攻撃でもビルズ陣内までボールを進めながらも再びインターセプトを犯し、それをきっかけにFGで追加点を奪われてしまいました。

後半はディフェンスがビルズの攻撃を抑えていましたし、第4Qになってオフェンスがリズムを取り戻してきましたので、あの2つのインターセプトがなく、少しでも得点差を詰めていたら流れを引き寄せることができたと思うんですが。

なんとかしぶとく食い下がったところを見るとオフェンスもよくなってきている証拠だと思うんですが、最後オンサイドキックをリカバーした時まではよかったんですが、最後はあまりにもあっけなく終わってしまいました。ある意味カトラーの実力というか勝負弱さみたいなものの結果なんでしょうか。とにかく不安定なプレーを象徴するかのようでした。

カトラーについては前週マンデーナイトの対ニューイングランドペイトリオッツ戦があまりにもよかっただけに、この試合ではその反動がくるかと不安があったんですが、まさにそのとおりとなってしまいました。まあ、フットボールの試合ではよくあることですね。

数字的なものを見ると、オフェンスのトータルヤードではドルフィンズが上回っていましたし、ディフェンスも後半はFGによる3点だけに抑え、RBルショーン・マッコイにもランとパスレシーブで2つのTDを奪われたとはいえ、20キャリーで50ヤード獲得に抑えました。ただ、マッコイにしてもテイラーにしても肝心なところで止められなかったというのが敗戦につながったんだと思います。

それと悔やまれるのはRBケニアン・ドレイクが前半に10キャリーで54ヤード走っていたにも関わらず、後半はわずか6キャリーで24ヤード獲得に止まったことです。確かに得点差が最大18点ついて追い上げる展開でしたのでパスが多くなるのは仕方がないと思うのですが、それにしてももう少しボールを持たせてもよかったような気がしました。

この試合での朗報はWRデバンテ・パーカーでした。パーカーは6回のパスレシーブで89ヤードを獲得したんですが、ここ数試合不調だっただけに、この結果は今後に期待を抱かせる内容でした。

この敗戦でプレーオフ進出の可能性は消滅したと思いきや、実はまだわずかに残されているようです。ただ、ドルフィンズが残り2試合を全勝することが前提なんですが、それに加えて次の条件が必要だということです。

1 テネシータイタンズが残り2試合に全敗
2 オークランドレイダースが少なくとも1敗
3 ロサンゼルスチャージャースが少なくとも1敗
4 ペイトリオッツがビルズに勝利

これらすべての条件が揃えばドルフィンズがプレーオフに進出することができるようです。

まあ、いずれにしても残り2試合を全力で戦い勝利することが、ドルフィンズにとって最善だと思います。その結果、プレーオフに進出できるようならば奇跡だと思いますが、そうでなくても来シーズンにつながっていくのではないかと思っていますので、それに期待をしたいですね。


Week 12 対ペイトリオッツ戦

4連敗中で4勝6敗のマイアミドルフィンズと6連勝中で8勝2敗のニューイングランドペイトリオッツの対戦でしたが、両チームの現状がそのまま出た結果となり、ドルフィンズは17-35で惨敗しました。

両チームの実力の差は歴然としていましたが、それを如実に表す場面がそれぞれにありました。まずペイトリオッツの方ですが、試合開始直後の攻撃で自陣27ヤード地点で4thダウン残り8ヤードという場面なんですが、普通ならばほぼ100%パントを蹴ると思われます。しかしここでペイトリオッツはまさかのフェイクパントで一気に14ヤードゲイン、1stダウンを更新し、その後に攻撃を継続させてTDを奪っています。

一方のドルフィンズの方ですが、第3Q開始直後の攻撃で、この時点で10-21と11点リードを許していたんですが、自陣33ヤード地点で4thダウン残り1ヤードもなかった場面なんですが、パントを蹴って攻撃権をペイトリオッツに渡しています。その結果ペイトリオッツはその攻撃でTDを奪ってリードを広げました。

ペイトリオッツのフェイクパントは結果オーライかもしれませんが、あの場面でフェイクパントを敢行することができる背景には、たとえ失敗してその結果点を取られてもすぐに取り返せるという自信があったからだと思います。それほどオフェンスには自信を持っていたということになり、それに加えてディフェンスが抑えてくれるだろうということもあったのではないでしょうか。

逆にドルフィンズの方は1ヤードもないのにそれを前進させる自信がなくてパントを蹴ってしまった、もしギャンブルして失敗したらディフェンスはペイトリオッツの攻撃を抑えられないだろうという恐れもあったと思います。しかし11点ビハインドでどうしても後半最初に得点を取りたかったところでしたので、同じ得点を取られるならばギャンブルもありだと思いました。

そのそれぞれのシーンがあまりにも対照的で、この試合の両チームを象徴している場面だったと思いました。

ドルフィンズは18点差での敗戦だったんですが、試合前半はそれなりに食い下がっていたと思います。それだけに前半終了間際のQBマット・ムーアのインターセプトが残念でなりません。エンドゾーンのWRデバンテ・パーカーに向けて投じたパスだったんですが、パス自体は悪くありませんでした。ただ、パーカーとの息が合わなかったのか、パーカーが合わせられなかったのか、いずれにしてもパーカーがタイミングよくジャンプしていればキャッチできたと思います。

あれがTDとなっていたら17-21と4点差に迫って後半を迎えられていたので、もっと違う試合展開になっていたかもしれません。ただし、最終的に試合に勝てていたかどうかはわかりませんが。

オフェンス、ディフェンスともどこまで我慢できるかというのがポイントだったんですが、序盤に14点差をつけられたわりには前半はよく我慢していたと思います。まあ、ペイトリオッツのミスにも助けられたこともありましたが。しかし後半最初のオフェンスが進まなかったというところでちょっと切れてしまったような気がしました。

オフェンスでは特にオフェンシブラインが我慢しきれませんでしたね。この試合でムーアは計7つのQBサックを受けたんですが、前半はわずか1つだったのが後半には6つ受けています。まあ、もともと不安定で、さらに先発メンバーが2人も欠けているんですから限界があったんですかね。

ディフェンスの方はQBトム・ブレイディによくプレッシャーをかけていたと思います。結局QBサックは1つしか記録できなかったんですが、QBヒットを8つ記録しています。ブレイディが8つのQBヒットを受けたのは今シーズン最多だったようで、それだけプレッシャーを受けていたと思います。

ただ、ディフェンスバックがレシーバーをフリーにしすぎですね。あれではいくらパスラッシュをかけてもパスを通されてしまいます。それとやはりブレイディは数多くの選手にパスを投げ分けてくるので守りにくいというのもあるんでしょうね。

それに加えて根本的にディフェンスのシステムに問題があるのではないかと思います。シーズン当初はトップ10のディフェンスだったんですが、特にこの5連敗中は最低ランクに落ち込んでいます。マット・バークはディフェンシブコーディネーターとしては1年目で経験がないのでこの先も厳しいでしょうね。

それとあとは怪我人も深刻で、この試合でRBダミアン・ウイリアムスが肩を痛めて途中退場しました。ウイリアムスは地味ながら貴重な働きをしてくれていたのでチームにとっては大きな痛手です。怪我の状況がよくわかりませんが、少なくとも次週の試合には出場できないのではないでしょうか。控えRBのセノリス・ペリーも脳震とうを起こしましたので、RBはケニアン・ドレイクただ1人となってしまいました。

それとDEウイリアム・ヘイズはこの試合に出場していなかったんですが、どうやらシーズンアウトの大怪我を負っているようです。背中を痛めているということですが、詳しくはわかりません。ヘイズはランディフェンスには長けたものを見せてくれていただけに、この離脱もディフェンスには大きな痛手です。

やっぱりフォックスボロでのペイトリオッツ戦には勝てなかったわけで、これで9連敗です。まあ、控えQBと不安定なオフェンシブライン、そしてNFL最低ランクのディフェンスでは到底太刀打ちができないということですね。ただ、ペイトリオッツも怪我人を抱えているわけで、そこをなんとかして試合を作るのがコーチングだと思うのですが、その点でも大きく劣っていますね。

これで4勝7敗となり昨シーズンの負け数を超えてしまいました。プレーオフ進出もほぼ絶望的でいいところがほとんとないんですが、選手は必死にプレーしているという姿勢が見えましたので、残りの試合はそこに期待したいと思いました。


Week 11 対バッカニアーズ戦

ドルフィンズにとっては絶対に負けられない試合だったんですが、結果は試合終了間際にFGを決められて3点差で敗れました。(その後のファンブルリカバーTDは意味のないものです)点差から見たら惜敗と言えるのでしょうが、それ以上の敗北感を感じました。

結局前半の4つのターンオーバー(3インターセプト、1ファンブル)で失った17点が命取りになったんですが、4ターンオーバーで17失点で収まったというのは、バッカニアーズのチーム成績を表していると思います。もっと成績のいいチームだったらもっと得点されていたでしょう。

それがドルフィンズが後半同点に追いつけた要因だったんですが、同点止まりではなくて、勝つチャンスはいくらでもあったと思います。そのチャンスをことごとく潰してしまったのが反則でした。

まず第3Q開始直後の攻撃で敵陣1ヤード地点まで攻め込んでQBマット・ムーアからTEアンソニー・ファサーノへのTDパスが通ったんですが、これがファサーノの反則で取り消され、結局FG止まりとなりました。また、次の攻撃でも敵陣8ヤード地点まで攻め込みながらオフェンシブラインの反則で罰退し、結局これもFGに終わっています。

この2回の攻撃はいずれもTDが取れる可能性が大きかったにもかかわらず、それが取れなかったというのがなんとも残念で歯がゆい結果でした。

それと不可解だったのは第4Qに入ってバッカニアーズの最初の攻撃で、ドルフィンズはQBライアン・フィッツパトリックをエンドゾーン内でQBサックしたにもかかわらず、これがセーフティとならず1ヤード地点でダウンと判定されたことです。ビデオリプレイで見てもセーフティだったのは明白で、審判の明らかな誤審とも思えました。

さらに試合全体を通してドルフィンズはチームワースト記録に迫る17個もの反則を犯しましたが、どこが反則なのかと疑いたくなるようなものもいくつか見られるなど、ツキにも見放されてしまったことも響いたと感じました。

この試合に勝つためには、ドルフィンズは先に得点を取って、さらに追加点をあげて試合を優位に進めなければいけないと思っていましたが、それができなかったのが根本的な敗因だったかもしれません。

第1Qドルフィンズは試合開始直後のバッカニアーズの攻撃を抑えて攻撃権を得て、RBダミアン・ウイリアムスが69ヤードランというビッグプレーを決めて、先制得点の大きなチャンスをつかみました。ここでTDを決めていたらこの試合はおそらくドルフィンズが勝利していたと思います。

しかし、結果は敵陣9ヤード地点からのプレーでQBジェイ・カトラーがインターセプトを犯してTDどころかFGでの3点も取れなかったということで、あれで試合の流れがバッカニアーズ側に移ってしまったように思えました。

ところでそのカトラーですが、この試合で3つのインターセプトを犯して試合を壊した格好になりました。まあ、すべてがカトラーのせいではなく、最初のはWRデバンテ・パーカーが足を滑らせたか引っ掛けられたかしたもの、そして3つ目もパーカーがキャッチミスしたのを取られたものですので不運といえばそうでした。

しかしカトラーは脳震とうを起こして試合後半はムーアに代わっているんですが、どの時点で脳震とうを起こしたのかまったくわかりませんでした。それどころか、前半のどこかで脳震とうを起こしていたならば、その時点で交代すべきだったと思うのですが、そのあたりがわかりません。もしもカトラーが無理してプレーしていたのならそれはそれで大きな失態だと思うのですが… 

試合のスタッツを見るとオフェンスの獲得ヤード数や3rdダウン時の1stダウン更新率はドルフィンズの方が上回っているんですが、それでも敗れてしまったというのは、まず第1にターンオーバーと反則が最も大きいのですが、その他にはコーチングだと思います。

特に印象に残ったのが、第4Qに敵陣34ヤード地点の2ndダウン残り1ヤードという場面で、3回連続でランプレーを敢行してすべてノーゲインとなり、4thダウンギャンブルを失敗したところです。結果的にその次の攻撃でTDを決めて同点に追いつくのですが、試合の流れ的にも大きなポイントだったと思います。アダム・ゲイスのプレーコールに工夫が感じられなかったのにも失望しました。

この敗戦でドルフィンズの今シーズンが終了したとか、来シーズンに目を向けるだとかいう見方をする人が大部分だと思いますが、残念ながら個人的にもそう感じます。オフェンス、ディフェンス両方の面で大きな修正などが必要になるのではないでしょうか。残り試合の日程を見てもかなり厳しく、現在のチーム状態では勝ち越すことは至難です。

反則やターンオーバーが大きな敗戦となったこの試合ですが、それらはメンタル的な問題が大きいと思います。すなわちチーム全体が一丸となってプレーに集中できていないのではないかと感じました。常に先にリードを許して追いかける展開となり、それゆえに追い込まれた状態でプレーを続けている、そうした状況が負の連鎖を生む要因となっているのではないかと思います。そのあたりを修正するのがコーチングだと思うのですが、それができていないのではないでしょうか。

今シーズン中はそれを修正するのは難しいかと思いますが、これからの残りの試合を全力で、そして丁寧に戦って、少しでも多くのいいプレーを見せてもらいたいと思います。


Week 9 対レイダース戦 プレビュー

マイアミドルフィンズとオークランドレイダースは共に昨シーズンはプレーオフに進出しました。しかし、今シーズンは現時点ではプレーオフ進出は難しくなっています。その両チームがサンデーナイトゲームで対戦します。

レイダースは現在3勝5敗ですが、過去6試合で5敗しています。昨シーズンの12勝4敗という成績から考えると信じられない数字なのですが、詳しいことはわかりませんが、それなりの理由があるのでしょう。

レイダースは今シーズン、2015年を最後に引退していたRBマーショーン・リンチを獲得しましたが、これまで7試合に出場して72キャリーで266ヤード(平均3.7ヤード)獲得で2TDラン、100ヤード以上走った試合はなしと、かつてシアトルシーホークスでみせたような活躍にはほど遠い内容になっています。

さらに第7週の対カンサスシティチーフス戦で退場処分を受け、それに続いて先週の対バッファロービルズ戦は出場停止となっていました。それが関係しているのかどうかわかりませんが、レイダースはビルズに34-14で大敗しています。そのリンチがこの試合では出場停止から復帰してきます。

リンチが復帰してくるのでランプレーには警戒が必要ですが、レイダースはやはりQBデレック・カーとWRのマイケル・クラブツリー、アマリ・クーパーのコンビネーションによるパスオフェンスにより警戒しなければいけません。またTEジャレッド・クックもカーのパスターゲットとして注意が必要です。レイダースのオフェンスはパスがNFL15位、ランが同26位となっています。

このレイダースのパスオフェンスに対抗するのがドルフィンズの若いCBコンビ、ザビアン・ハワードとコードレイ・タンカーズレイとなります。2年目のハワードと新人のタンカーズレイという経験の少ない2人がクラブツリーとクーパーをカバーできるかどうかにかかっていますが、非常に厳しいと考えざるを得ません。

そうなるとパスラッシュでカーにプレッシャーをかけることが必須になりますが、DEアンドレ・ブランチが足の付け根を痛めて先週の対ボルチモアレイブンズ戦を欠場しています。この試合には出場できるかもしれませんが万全の状態ではなく、パスラッシュの威力が半減しそうです。

一方でドルフィンズのオフェンスですが、これまでオフェンスの中核を担っていたRBジェイ・アジャイがトレードされて、ただでさえNFL最低だったオフェンスがさらに弱体化すると思われます。ただし、先週のレイブンズ戦を欠場していたQBジェイ・カトラーと過去3試合を欠場していたWRデバンテ・パーカーが復帰して、またアジャイの代わりをRBケニアン・ドレイクが務めることになりオフェンスも変わってくる可能性があります。

レイダースのディフェンスはパスがNFL21位、ランが同22位と数字上はあまりよくありません。ドレイクを中心としたRB陣がどれだけヤードを稼げるかということと、肋骨を痛めていたカトラーの回復具合がポイントとなるでしょうが、最も懸念されるのはオフェンシブラインの状態です。

先発LGのアンソニー・スティーンが故障者リストに登録されて、もしかしたらその代わりを故障者リスト入りしていたベテランOGテッド・ラーセンが務める可能性も出てきています。もしラーセンがプレーできるようならばオフェンシブラインもこれまでより向上が望めますが、おそらくこの試合では控えのジェシー・デービスがLGを務めることになり、あまり多くは期待できないかもしれません。

レイダースにはチームトップの4.5QBサックを記録しているDEカリル・マックがいますが、このマックを中心としたパスラッシュをドルフィンズのオフェンシブライン、特に両OTのラレミー・タンシルとジャワン・ジェームスが抑えてカトラーを守ることができるかどうかが大きなポイントとなります。

カトラーがパスラッシュから開放されれば、レイダースのセカンダリー陣は先発CBデビッド・エマーソンの欠場が決定し、先発Sカール・ジョセフも怪我をしていることから、パスである程度ヤードを稼げる可能性はあります。

戦前の予想ではアウェイであり勝率も低いレイダースの方が有利となっていますが、両チームの直接対決を見てみるとドルフィンズは過去5試合を全勝しています。その相性の良さとホームゲームである地の利を活かしたいドルフィンズですが、もうひとつの注目はアジャイがいなくなった後の新しいオフェンスです。このオフェンスが機能すれば光明が見えてくるかもしれません。

今シーズン後半のドルフィンズを占うということを考えると、この試合は勝敗という結果だけでなく、その内容についても非常に大きな意味を持ってくると思います。


Dolphins Daily News 11.3―新たなスタート

トレードでRBジェイ・アジャイが放出され、ドルフィンズは新たなスタートを切ることになります。特にアジャイが務めていた先発RBのポジションはケニアン・ドレイクが務めることになると思いますが、アジャイとはまたタイプが違うだけにどんな戦術を使ってくるのか注目されます。

アジャイのパワフルなランプレーに対して、ドレイクはスピードを活かしたプレーが期待されます。昨シーズンの対バッファロービルズ戦では45ヤードのTDランを決めて強烈な印象を残しました。今シーズンはもっと走る機会があるかと思っていたんですが、アジャイの影に隠れて10キャリーで25ヤード獲得に止まっていました。

またドレイクのスピードを活かすためにはランプレーだけではなく、ショートパスを使ってオープンフィールドを走らせることに重点を置くかもしれません。いずれにしても、ドレイクを上手く活用できればオフェンスが変わってくる可能性がありますので、そこがポイントとなりそうです。

また、ドルフィンズはアジャイの代わりのRBを補充していません。ということは、現在の3人体制でいくということで、実績のあるダミアン・ウイリアムスはともかく、これまでスペシャルチームでしかプレーしなかったセノリス・ペリーをランプレーで起用することも考えられます。

アジャイの放出について、HCアダム・ゲイスは、我々は別々の道を進むべき時が来た、と言っていましたが、決して簡単な決断ではなかったと思います。だだ、数字は明確に表しており、アジャイはこれまでの7試合でTDランを記録しておらず、平均獲得ヤード数も3.4ヤード、特に対ボルチモアレイブンズ戦での最後の12キャリーではわずか2ヤードしか獲得できていませんでした。何らかの修正や変更が必要だったということでしょう。

そして、ゲイスは今シーズン初めて、チーム全体でレイブンズ戦のビデオテープを見直したということです。そのことがチームにとって何を意味し、今後どのように変わっていくのかということは、残りのシーズンでの戦い方や結果でわかってくると思います。ゲイズは、我々は同じことを何度も繰り返し続けるつもりはない、と言っていたそうです。

アジャイのトレードで影が薄くなっていた感がありますが、ドルフィンズはLGアンソニー・スティーンとSネイト・アレンを故障者リストに登録しています。スティーンは足を痛めて手術を行い、アレンはふくらはぎを痛めたということです。スティーンの代わりにはジェシー・デービスが入ります。またアレンの代わりにはとりあえず控えSのマイケル・トーマスが入り、第10週の対カロライナパンサーズ戦からは出場停止処分が解除されるT.J.マクドナルドが入ります。

というわけで、アジャイを含めてロースターに3人の欠員が生じたんですが、現時点で補充されているのはリザーブリストに登録されていたWRラシャーン・スコットだけです。あと2人補充する必要があるんですが、そのうちの1人はOGテッド・ラーセンになるかもしれません。ラーセンはキャンプの時に上腕二頭筋を痛めて故障者リストに登録されていたんですが、怪我も癒えて練習も開始しているということです。ただし、次の対オークランドレイダース戦に間に合うかどうかはわかりません。

WRデバンテ・パーカーが復帰間近となったいま、スコットをロースターに入れた意味が今ひとつわからないのと、もうひとりの欠員を誰で補充するのかが注目されます。


livedoor プロフィール

どるふぃんわん

Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ