Dol-fan Blog

Miami Dolphins を心から愛する人のためのページです。

デレック・カー

Dolphins Daily News 5.10

昨シーズンのQBライアン・タネヒルは20ヤード以上のロングパスの成功率が61%(41回投中25回成功)で、これはNFLで2番目に高い数字だったようです。ちなみに1位はオークランドレイダースのQBデレック・カーで62.9%(54回投中34回成功)でした。

https://brickwallblitz.wordpress.com/2017/03/26/the-2016-17-deep-ball-project-part-33/

また16ヤード以上のパス成功率について見ると、タネヒルは64.1%(53回投中34回成功)でNFL4位でした。ちなみに、こちらは1位からミネソタバイキングスのQBサム・ブラッドフォード(66.7%)、2位がインディアナポリスコルツのQBアンドリュー・ラック(66.3%)、3位がカー(64.3%)となっています。

参考までに、ニューイングランドペイトリオッツのQBトム・ブレイディはというと、20ヤード以上のパス成功率が44.7%(47回投中21回成功)でNFL18位、16ヤード以上では51.5%(66回投中34回成功)で同16位となっています。

数年前までのタネヒルは、ともすれば安全な短いパスばかり投げている、ロングパスの制度が悪い、などという酷評をされていましたが、昨年アダム・ゲイスがドルフィンズのヘッドコーチとなり、彼のオフェンスシステムでプレーすることにより安定感が増し、その結果ロングパスの能力も向上したものと思われます。

タネヒルは昨年、不幸にも左膝靭帯に大きな怪我を負ったわけですが、その怪我からは順調に回復しているようで、ゲイスの言葉では『昨年と同じように見える』という状態となっています。

今後、オフシーズンの練習やトレーニングキャンプ、プレシーズンゲームを経て本番のレギュラーシーズンに向かうわけですが、そこでどんなプレーができるのか若干の不安はあるものの、期待は持てそうです。今シーズンは少なくとも昨年並か、あるいは昨年以上の活躍を期待したいところです。



Week 4 対レイダース戦 プレビュー

ドルフィンズにとって2007年以来7年ぶりのロンドンでの公式戦です。前回の試合ではニューヨークジャイアンツを相手に敗れいますので、今回の対オークランドレイダース戦は是非とも勝利したいところです。またそれとは別の理由でも、どうしてもこの試合はスッキリとした形で勝ってほしいです。

先週の対カンサスシティチーフス戦に惨敗した後、ドルフィンズのチーム状態はさらに悪化してしまいました。先発QBライアン・タネヒルの降格問題に加えて、DCケビン・コイルに対する不信感のようなもの、またHCジョー・フィルビンはチーム内に混乱を招いたとして謝罪しています。

こうした諸々の問題を払しょくするためにも、この試合は必ず勝たなければいけません。もし仮にこの試合にも敗れるようなことがあれば、タネヒルの先発降格問題は一層加速するでしょうし、フィルビンの更迭問題にも発展するかもしれません。

さて相手のレイダースですが、ここまで開幕3連敗でいまだに勝ち星がありません。しかし先週の対ニューイングランドペイトリオッツ戦では最後にあわや逆転かというところまでペイトリオッツを追い詰めていますので、決して侮れないところです。またチーム内には今シーズン初勝利の気運が高まっているでしょうし、相手が不振のドルフィンズならばなおさらにチームの士気は高まっていると思われます。

しかしレイダースのチーム事情を見ると、ランオフェンスの64.3ヤード、ランディフェンスの158.7ヤードはいずれもNFL31位と低迷しています。また新人QBデレック・カーはここまでパス108回投中68回成功で588ヤードを獲得して3TD、3インターセプトと決してよくないのですが、さほど悪いわけではないという成績です。

ドルフィンズはRBノーション・モレノが怪我をしてまだ試合出場できないんですが、もう一人のRBラマー・ミラーが先週のチーフス戦では15キャリーで108ヤード獲得とキャリア最高の成績を残しました。ミラーが先週同様のランプレーを見せることができれば、試合を優位に進めることができるでしょう。

一方タネヒルはチーフス戦ではパス成功率が50%にも満たず、パスの精度も悪くて非常に内容はよくなかったです。加えてレイダースのパスディフェンスはNFL4位の183.3ヤードです。ベテランDEのジャスティン・タックやラマー・ウッドリーらのパスラッシュに悩まされそうで、オフェンシブラインのパスプロテクションが重要になってきます。

ドルフィンズのディフェンスはレイダースのRBダレン・マクファーデンのランプレーをしっかりと止めることが重要ですが、ランディフェンスで鍵となる選手が怪我をしています。DTランディ・スタークスはすでに出場不可能、LBジェラニー・ジェンキンスも出場が微妙です。さらにLBコア・ミーシーはこの試合にも出場できません。

ドルフィンズがこの試合に勝利するためには、とにかく先に得点を取ってリードを奪うことです。今シーズンのドルフィンズは過去3試合でいずれも前半にリードされて苦しい試合展開を強いられています。どんな形でもいいから先に得点を取ることが勝利への近道だと思います。

ドルフィンズは対レイダース戦に関しては過去11試合中10試合で勝利しており、直近の対戦では2年前に35-13で勝利しています。ただし、今回の試合に関しては過去の対戦成績はあまり参考にならないと思います。油断をしているとまた連敗を重ねることになりますが、逆に気負いすぎて空回りしてもいけない…難しいところですが、相手がどうというより自分たちのフットボールをしっかりとやることでしょうね。



livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ