Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

トレース・アームストロング

Dolphins Daily News 7.12―Top 10 DEs

Sun SentinelのウェブサイトでドルフィンズのDEの選手の歴代トップ10が掲載されていました。

http://www.sun-sentinel.com/sports/miami-dolphins/sfl-miami-dolphins-top-10-defensive-ends-of-all-time-20170711-photogallery.html

1位はジェイソン・テイラー、2位はキャメロン・ウェイク、3位はビル・スタンフィルとなっていて、まあ順当なところでしょうか。

それ以外では7位のトレース・アームストロング、8位のジェフ・クロス、9位のアデワール・オグンリエ、10位のマルコ・コールマンの4人も印象に残っています。

アームストロングは1998年シーズンのプレーオフでバッファロービルズのQBダグ・フルーティにQBサックを決めて勝利を呼び込んだプレーが思い出されます。

また、コールマンは1992年のドラフト1巡目(全体12番目)指名でスポーツイラストレイテッドの新人王にも選出されたんですが、この選手もともとはアウトサイドLBだったんですね。

それとクロスはこの4人の中ではただひとり、ドルフィンズ一筋の選手で、1988〜96年まで在籍しました。地味ながら堅実なDEで1990年にはプロボウルにも選出されています。

オグンリエは2000年にドラフト外でドルフィンズに入団したんですが、2003年にはAFCトップの15QBサックを記録してプロボウルとオールプロに選出されました。オグンリエの成長には同時期にプレーしていたテイラーの存在も大きく影響したと思います。

ちなみにそのテイラーもアームストロングと同時期にプレーしていたということで、アームストロングから学んだことは少なくなかったと思います。

今年のドラフト1巡目指名のチャールズ・ハリスがウェイクの影響を受けて実力を発揮し、大きく成長してくれることも期待できそうですね。



新加入選手のジャージナンバー

ドルフィンズに新しく加入した選手のジャージナンバーが発表されています。

DTダムコン・スー #93
TEジョーダン・キャメロン #84
C J.D.ウォルトン #59
CBブライス・マッケイン #24
WRケニー・スティルス #10

また再契約した選手のジャージナンバー変更も発表されており、LBケルビン・シェパードが#97から#52へ、RBラマイケル・ジェームスが#33から#27に変更となります。

スーはデトロイトライオンズ時代の90番ではなくて93番を選んだようです。ちなみにこの番号はネブラスカ大学時代に着けていた番号と同じだそうです。

現在ドルフィンズで90番を着けているのはDTアール・ミッチェルで、もしスーが希望すればミッチェルの番号を譲ってもらえたのでしょうが、そうしなかったというのはミッチェルに配慮したということもあり、また新たなスタートという意味もあるのでしょう。 

ところで、ドルフィンズの#93といえばDEトレース・アームストロングを思い出します。アームストロングは1995〜2000年までドルフィンズに在籍した選手で、パスラッシュに定評がありました。

ドルフィンズでは27試合の先発を含む95試合に出場して、187タックル、56.5QBサック、16ファンブルフォースを記録しています。反対サイドのDEジェイソン・テイラーとのパスラッシュは破壊力がありました。2000年シーズンにはプロボウルにも選出されています。

1998年シーズンのプレーオフでの対バッファロービルズ戦で、勝利を決定づけたQBサックが印象に残っています。ビルズのQBはダグ・フルーティで、ドルフィンズはフルーティに最後まで苦しめられました。


 

ドルフィンズ、思い出の対ビルズ戦

ドルフィンズのレギュラーシーズン第11週の対戦相手は、ホームでの対バッファロービルズ戦です。ビルズとは同じAFC東地区同士であり対戦回数も非常に多いんですが、その中で印象に残っているものとして、1998年シーズンのプレーオフでの対戦を紹介したいと思います。

このシーズン、AFC東地区ではニューヨークジェッツが12勝4敗で地区優勝し、ドルフィンズとビルズが10勝6敗、そしてニューイングランドペイトリオッツが9勝7敗で、これら4チームがすべてプレーオフに進出しました。そしてドルフィンズとビルズがワイルドカードプレーオフで対戦することになりました。

3年でスーパーボウル制覇…これは1996年にドルフィンズのHCに就任したジミー・ジョンソンの公約だったんですが、その3年目のシーズンが1998年で、ジョンソンとドルフィンズにとっては絶対に負けられない、勝負のプレーオフという背景がありました。

ビルズのQBはダグ・フルーティでしたが、このフルーティとジョンソンは過去カレッジフットボールの試合での因縁がありました。ジョンソンがマイアミ大学のHCだった時に、全米選手権でフルーティがQBを務めるボストンカレッジと対戦しましたが、その試合の終了間際にフルーティがヘイルメアリーパスからの逆転TDを決めて、ジョンソンのマイアミ大学は敗れています。このフルーティの逆転TDパスはその後も語り継がれ、現在でもユーチューブに動画がアップされているほど有名なシーンとなっています。

試合は最初のプレーからフルーティのロングパスが決まりましたがファンブルしてターンオーバーとなる嵐の幕開けとなりました。ドルフィンズがKオリンド・マレーの2本のFGでリードしましたが、ビルズはRBサーマン・トーマスが1ヤードTDランを決めて逆転し、前半をビルズの1点リードで折り返しました。

後半、第3Qに共にTDを決めて14-14の同点で第4Qを迎えましたが、この第4Qにいろいろなドラマがありました。ドルフィンズはマレーのFGで勝ち越すと、さらにQBダン・マリーノがWRラマー・トーマスに11ヤードのTDパスを決めて24-14と10点リードを奪いました。そしてその時点で勝利を確信したんでしょうか、大変珍しいことにジョンソンが試合中に笑顔を見せました。

しかしそこからビルズが猛反撃、ドルフィンズ陣内1ヤード地点まで攻め込み得点チャンスをつかみました。ただ、ここでビルズのWRアンドレ・リードが審判の判定に抗議して退場処分となり、結局この攻撃でビルズはFGの3点に止まりました。

ビルズは次のプレーで最後の望みをかけたオンサイドキックを敢行しましたが、これが見事に成功して残り試合時間1分40秒ほどで再び攻撃権を獲得しました。ビルズはこの攻撃でドルフィンズ陣内5ヤード地点まで攻め込んで同点に追いつく最大のチャンスをつかみました。

残り試合時間17秒、この時点で同点でオーバータイム突入をほとんどすべての人が考えていたことでしょう。私もビルズの攻撃の勢いを見ていて、これは同点も仕方ないと思っていました。しかし次の瞬間、パスを狙ったフルーティをドルフィンズDEトレース・アームストロングがサックしてファンブルを誘発、転がったボールをドルフィンズ側がリカバーして試合が終わりました。

ジョンソンの勝利を確信した笑顔、リードの退場、アームストロングのQBサックなど印象に残るシーンがいくつもあり、最後まで手に汗握る素晴らしい試合でしたが、ファンとしてはドルフィンズが勝利したことでさらにおもしろい試合となりました。

ジョンソンはドルフィンズのHCとしてプレーオフでは2勝3敗という成績だったんですが、その中でもこの試合がいろいろな意味でベストゲームだったと思います。


 

ドルフィンズ、思い出の対パッカーズ戦

今シーズンのドルフィンズの第6週の対戦は、ホームでの対グリーンベイパッカーズ戦です。パッカーズはNFCのチームですので、4年に1回しか対戦しません。したがって試合数も少ないんですが、その中で特に印象に残っているものは2000年10月29日にマイアミで行われた試合です。

当時パッカーズにはブレット・ファーブというQBがおり、ドルフィンズはそのファーブのパスに苦しめられて第2Q途中まで0-17とリードされていました。しかしドルフィンズは前半終了間際にQBジェイ・フィードラーの1ヤードTDランで7点を返し、さらに第3Qにはスペシャルチームの活躍などで21点を奪って逆転し、最終的に28-20で勝利しています。

第3Q開始直後にフィードラーからWRオロンデ・ガズデンへの15ヤードTDパスで3点差に追い上げたドルフィンズは、その後パントフォーメーションからの2度にわたるスペシャルチームの活躍で逆転しています。

まず最初はスペシャルチームのラリー・イゾーがフェイクパントから41ヤードのランを決めて攻撃を継続させ、最後はRBラマー・スミスが4ヤードTDランを決めて21-17と逆転、さらに今度はPRジェフ・オグデンが81ヤードのパントリターンTDを決めて28-17と突き放して試合の流れをつかみ、その後のパッカーズの反撃を3点に抑えて勝利しました。

第4QにSブロック・マリオンがQBブレット・ファーブからインターセプトを奪い、さらにその次の攻撃ではDEトレース・アームストロングがファーブからQBサックを奪ってファンブルを誘発させてボールを奪いました。この2つのターンオーバーが試合を決めました。

イゾーとオグデンのプレーがドルフィンズに勝利を呼び込んだと言ってもいい試合でしたが、2人とも決して派手な選手ではありませんでした。オグデンの方はその後も華々しい活躍はなく、2002年にボルチモアレイブンズに在籍したのを最後にNFLから引退しています。

しかしオグデンが記録したパントリターンTDはその当時ドルフィンズでは大変珍しく、1993年にO.J.マクダフィーが2度パントリターンTDを記録していたんですが、それ以降ドルフィンズではパントリターンTDを記録した選手はいませんでした。それだけに、非常に貴重な一瞬だったと思います。

イゾーはそのシーズン終了後、スペシャルチーム選手としてプロボウル、オールプロに選出され、翌年からはニューイングランドペイトリオッツに移籍して3度スーパーボウルチャンピオンを経験しました。そして現在はニューヨークジャイアンツでアシスタントスペシャルチームコーチを務めています。

ちなみにイゾーについてですが、LBザック・トーマスとともに、アメリカのアニメのキャラクターにその風貌が似ているということが、この試合ではなかったかもしれませんが、どこかの試合の放送の中で紹介されていたのが印象に残っています。

この試合では17点差を逆転して勝利したわけですが、その当時としてはチーム史上3番目の逆転劇でした。またドルフィンズは対パッカーズ戦は圧倒的に強く、通算で10勝3敗、特にマイアミでは1回しか負けていません。しかしこの試合以降は1勝2敗と負け越しています。

今シーズンの対戦がどうなるのかわかりませんが、HCジョー・フィルビンにとっては古巣との対戦となります。ただし、2000年シーズンにはフィルビンはまだパッカーズにはいませんでした。



 

NFL選手会の新リーダー決定

空席となっていたNFL選手会の新しいエグゼクティブ・ディレクターの座に弁護士のデモーリス・スミスという方が座ることになったようです。現地時間15日にハワイで投票が行われた結果だそうですね。

今回の投票ではスミス氏の他に同じく弁護士のデビッド・コーンウェル氏、そして共に元NFLの選手会長を務めていたトロイ・ビンセントとトレース・アームストロングの4人が最終選考の候補に残っていました。
当初はビンセント氏が有力候補だと報じられていたんですが、結局NFLとはまったく関わりのなかったスミス氏が選ばれたことは意外でした。

スミス氏はNFLとの関わりがなかっただけでなく、選手会のリーダーとして必要な労使交渉関係の案件を扱った経験もないそうです。
ただ、バラク・オバマ米大統領やエリック・ホルダー司法長官など政権中枢部には深いコネクションを持っている人物のようです。
スミス氏がこれからどのように選手の地位向上やNFLの発展に関与していくのかが注目されますよね。

ちなみに、最終選考に残ったビンセント氏とアームストロング氏は共にかつてマイアミドルフィンズに在籍していましたよね。
2人ともリーダーシップを持ったいい選手でした。
 
livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ