Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ドリュー・モーガン

Dolphins Daily News 9.4―キッカー交代

昨日53人のロースターが決定したドルフィンズですが、早くも入れ替えがありました。Kアンドリュー・フランクスとLBトレバー・ライリーが解雇されて、その代わりにクリーブランドブラウンズを解雇されたKコディ・パーキーとカンサスシティチーフスを解雇されたLBジャスティン・マーチ-リラードを獲得しました。

パーキーはブラウンズがドラフト7巡目指名で獲得したKゼイン・ゴンザレスとのポジション争いに敗れた格好となりました。ところで、パーキーとドルフィンズは昨年ちょっとした因縁があって、昨年の両チームの対戦でパーキーは6本中3本のFGを失敗しブラウンズ敗戦の大きな要因を作っています。

こういう話を聞くと、そんなキッカーを獲得して大丈夫か? と思われますが、実はこれには裏話があって、パーキーがブラウンズと契約したのはドルフィンズ戦の前日で、もちろんロングスナッパーやホルダーの選手とは初めてプレーし、練習も試合前のウォームアップで少しやった程度だったということです。そんな状況でしたので失敗が多かったのもやむを得なかったのではないでしょうか。実際、その後の試合では19本中17本のFGを成功させています。

もともとパーキーは2014年にドラフト外でインディアナポリスコルツに入団してNFLのキャリアをスタートさせた選手です。しかし8月にはトレードでフィラデルフィアイーグルスに放出されました。ただ、この移籍がパーキーにとって転機となり、イーグルスで正キッカーとなり、FG34本中32本を成功させ、さらにエクストラポイントのキックも54本すべてを成功させて、NFL新記録となる150ポイントを獲得しています。

それまでの記録が1985年にシカゴベアーズのKケビン・バトラーが作った144ポイントだったので、実に29年ぶりに記録を更新したことになります。そしてパーキーはその活躍が評価されて新人ながらそのシーズンのプロボウルにも選出されました。

しかし、翌年の2015年には開幕してまもなく足の付け根を痛めて故障者リスト入りし、昨年のシーズン開幕前にイーグルスを解雇されました。そして昨年、Kパトリック・マレーを怪我で失ったブラウンズがパーキーと契約したという流れになっています。イーグルス時代の栄光をドルフィンズで再び取り戻せるのか 、非常に興味深いところですが、開幕までしっかりと練習を積んでもらいたいと思います。

一方解雇されたフランクスですが、プレシーズンゲームのイーグルス戦では56ヤードのFGを記録したんですが、先日のミネソタバイキングス戦では45ヤードを失敗しています。それが解雇の決め手になったんでしょうか、いずれにしても安定感という点では難があったので仕方なかったんでしょうか。

フランクスはTwitterでドルフィンズに対する感謝の言葉を述べています。すぐにとはいかなくてもいずれどこかのチームでプレーする機会があると思いますが、新天地でのフランクスの活躍を祈念したいと思います。


また、マーチ-リラードという選手についてですが、2015年にドラフト外でチーフスに入団していますが、1年目は故障者リストで過ごし、2年目も怪我のために5試合しか出場していません。怪我のリスクのある選手を獲得したわけですが、解雇したライリーよりも優れているのかよくわからないところです。


その他の話題として、QBブランドン・ドーティ、TEトーマス・デュアルテ、Sジョーダン・ルーカス、OTショーン・ヒッキー、WRドリュー・モーガンとマルコルム・ルイス、DEキャメロン・マルビュー、RBデベオン・スミスの8人を練習生として登録しています。


Preseason Game 対ファルコンズ戦

ドルフィンズのプレシーズンゲーム初戦は、昨シーズンのNFC王者アトランタファルコンズでした。プレシーズンゲームの初戦ですので主力選手はほとんどプレーせず、勝敗もあまり参考にならないのですが、いろいろと見どころがありました。

しかしこの試合で一番気になることは、ドラフト2巡目指名の新人LBレークワン・マクミランが怪我をしたことです。右ひざを痛めたということですが、ディフェンスでのプレーではなくてスペシャルチームとしてのパントカバーでの出来事でした。したがってマクミランは一度もディフェンスのプレーを行わずに退場してしまったということです。

怪我の程度が気になりますが、自ら歩いて退場していたのでそんなに重症ではないと思ったのですが、結果として前十字靭帯損傷で手術が必要となり今シーズンのプレーは絶望的となっています。マクミランには先発ミドルLBとして期待していたし、そのプレーを見るのが楽しみだったんですが、一度もディフェンスのプレーを見ることなく終わってしまいました。

さて試合の方ですが、第3Qまで10-20と10点リードを許していたドルフィンズが第4Qに2つのTDパスを決めて逆転しました。第3Q途中まではあまり勝てそうには見えなかったんですが、いつの間にか逆転してしまったという印象でした。

逆転の立役者は3番手QBとして出場したデビッド・ファレスでした。ファレスはパス17回投中8回成功で184ヤードを獲得、2TDパス、1インターセプトという内容でした。ジェイ・カトラーが加入したことによりファレスと2年目のブランドン・ドーティが第3QBの座を争うことになるんですが、今日の内容を見ていると両者とも互角というか、どんぐりの背比べという印象でした。どちらかが最終ロースターに残れないということでしょうから、今後のプレー内容が注目されます。

この試合で目立ったのは若いWR陣でした。こちらもポジション争いが熾烈なんですが、主力の3人であるジャービス・ランドリー、デバンテ・パーカー、ケニー・スティルスを除いて最終ロースターに残れるWRは2〜3人だと思うんですが、2年目のレオンテ・カルーとジャキーム・グラントが一歩リードしていて、あと1人入れるかどうかという状況です。

そのカルーはTDパスレシーブを記録しましたし、グラントは2回のパスレシーブで8ヤードを獲得しています。そしてその2人に迫ったのがいずれもTDパスレシーブを記録した新人のダモレエア・ストリングフェローとフランシス・オウスでした。特にストリングフェローは試合を決める99ヤードのTDパスレシーブを記録しています。オウスも長身を活かした見事なパスレシーブを記録してアピールしていました。もうひとりチーム練習などで光っていたドリュー・モーガンにも注目していたんですが、パスレシーブはなかったですね。

その他新人選手ではドラフト1巡目指名のDEチャールズ・ハリスの動きを見ていたんですが、あまりインパクトのあるプレーはなかったようです。キャンプでは評判はよかったんですが実戦ではどうなのか、もう少し見てみないとわかりません。同じくドラフト組ではDTダボン・ゴッドチョーの動きはよかったと思います。ジョーダン・フィリップスを押しのけて先発DTの座を勝ち取るかもしれませんね。

プレシーズンゲームらしく、若く経験のない選手の活躍が目立っての勝利となりました。たた、経験のない選手はプレー内容に安定感がないのでこの試合だけでは判断ができません。しかし今後のプレシーズンゲームが楽しみになったということも言えます。怪我人が多くて嫌なムードもありますが、ひとりでも多くの新しい選手の台頭を期待したいと思います。



Dolphins Daily News 8.9―カトラー、チームに合流

昨日入団発表をしたQBジェイ・カトラーがチームに合流し、初めて練習を行いました。ちなみにカトラーのジャージNo.はシカゴベアーズ時代と同じく6番になり、6番を着けていたQBブランドン・ドーティは7番に変更になり、7番を着けていたWRジョーダン・ウェスターカンプが1番に変わっています。

そのカトラーですが、肩の調子はいいようで最初のパスはWRデバンテ・パーカーへのスラントパスでした。また長いパスも投げていたようで、WRジャキーム・グラントに40ヤードのTDパスをヒットさせた場面もあったようです。

HCアダム・ゲイスによると、カトラーは最後にゲイスがフィールド上で見た時と変わらないような状態だったようです。またゲイスはカトラーがオフェンスに関することはすべて覚えていたと言っています。

カトラーはこの日の練習でQBマット・ムーアと1stチームのオフェンスを分け合って練習していたということですが、2日後に迫ったプレシーズンゲームの初戦には出場しないでしょうが、もしかしたら2戦目にはプレーできるかもしれませんね。

その他、この日の練習では脳震とうのため欠場していたRBジェイ・アジャイが復帰しています。ただし、まだ脳震とうのプロトコル中でした。

カトラーにジャージNo.を譲ったドーティですが、グラントにロングTDパスを決めたほか、WRドリュー・モーガンにもいいパスを通していました。ジャージNo.を変えた効果があったんでしょうか。

またグラントですがこの日は2つのロングTDパスレシーブを決めています。グラントの課題はボールの扱いで、ファンブルせずにしっかり捕球できればプレー内容も向上します。現在同期のWRレオンテ・カルーと第4WRの座を争っています。

あとかつてのドルフィンズのハート&ソウル、ザック・トーマスがキャンプに訪れました。1990年代後半から2000年代にかけてドルフィンズのディフェンスを支えたトーマスですが、共にプレーした義兄弟のジェイソン・テイラーは先日殿堂入りを果たしています。ドルフィンズ在籍時、12シーズン中10シーズンでチーム最多タックルを記録したトーマスもいずれは殿堂入りすることでしょう。



Dolphins Daily News 6.28―OLランキング

Pro Football Focusのウェブサイトで今年現時点でのオフェンシブラインのランキングが発表されていました。

https://www.profootballfocus.com/pro-ranking-all-32-offensive-line-units-heading-into-the-2017-season/

それによると、ドルフィンズは26位にランクされていました。

今年のドルフィンズのオフェンシブラインは、まずCマイク・パウンシーの状態によって大きく変わってくると思います。パウンシーが健康でプレーできるかどうかがポイントです。

また両OGで誰が先発となるのかも注目されます。RGはおそらく昨年同様ジャーモン・ブッシュロッドが入るでしょうが、LGはテッド・ラーセンとクレイグ・アービックの争いになるんでしょうか。前評判の高かった新人OGのアイザック・アシアタはチーム練習などで評価を落としています。

ちなみにこのランキングで1位はフィラデルフィアイーグルス、2位がクリーブランドブラウンズで3位はピッツバーグスティーラーズとなっています。また、意外だったのはダラスカウボーイズが9位だったことです。昨年は確か1位か2位だったような気がしますが。


ドラフト7巡目指名の新人WRアイザイア・フォードについての話題です。フォードは引退したプロボウルWRスティーブ・スミスからアドバイスを受けたようです。フォードの父親がスミスに頼んだようですが、これがフォードにとってプラスになればいいんですが。

フォードは、もしドルフィンズがWR6人体制でいくとなれば、ラシャーン・スコット、ドリュー・モーガンらと6番目のスポットを争うと思われます。



Dolphins Daily News 6.16―ミニキャンプ終了

3日間のミニキャンプが終了しました。2日目の昨日は蜂の大群が発生して、一時練習が中断するというハプニングも起こったようです。

ところで、チーム練習からミニキャンプを通じて、最も印象に残ったドラフト外の新人選手と言えばWRドリュー・モーガンで、連日その名前がニュースに出てきていましたが、そのモーガンとはどんな選手なんでしょうか。

モーガンは現在22歳、アーカンサス大学出身で大学時代は2年間先発を務めました。通算で49試合に出場して138回のパスレシーブで1763ヤード獲得(平均12.8ヤード)で14TDパスレシーブを記録しています。

4年生だった昨年は65回のパスレシーブで739ヤードを獲得しましたが、そのうち40回で1stダウンを更新しています。また通算では27試合連続パスレシーブも記録しています。

唯一の汚点といえるのが大学の最後の試合でバージニア工科大学の選手に対してつばを吐きかけて退場になったことだそうです。なぜつばを吐きかけることになったのか、その詳細はわかりませんが、気性の激しい選手なんでしょうか。

2013年11月29日のルイジアナ州立大学との試合では現在ドルフィンズのWRであるジャービス・ランドリーと対戦していますが、その試合は31‐27でルイジアナ州立大学が勝利し、ランドリーはその試合で8回のパスレシーブで113ヤードを獲得しています。モーガンはそのランドリーのプレーを目の当たりにしたわけですが、現在そのランドリーとチームメイトとなっているのも不思議な因縁でしょうか。

7月下旬から始まるトレーニングキャンプでモーガンはアイザイア・フォードやレオンテ・カルー、ジャキーム・グラントらと競い合うことが予想されますが、果たして最終53人のロースターに残ることができるんでしょうか。

プレシーズンゲームではモーガンのプレーを見ることができると思いますので、注目したいと思います。




livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ