Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

バイロン・マックスウェル

対チャージャース戦における評価

Sun Sentinelのオマー・ケリー氏が第2週の対ロサンゼルスチャージャース戦でのドルフィンズのプレー内容を評価しており、次のようになっています。

パスオフェンス:B+
ランオフェンス:A
パスディフェンス:D
ランディフェンス:A
スペシャルチーム:B+
コーチング:B
評価の上がった選手:RTジャワン・ジェームス
評価の下がった選手:LTラレミー・タンシル

これを見ると大体順当な評価かと納得させられます。ジェームスに関してはチャージャースのDEジョーイ・ボサをよくコントロールし、QBジェイ・カトラーに対してプレッシャーを与えさせませんでした。逆にタンシルは2QBサックと3QBハリーを許しています。

ただしタンシルはPro Football Focusの評価ではランブロックはよかったようで、すべてのOTの選手の中でトップ20に入っているということです。ちなみにパスブロックはすべてのOTのなかで44番目の評価でした。

同じくPro Football Focusの評価では、CBザビアン・ハワードはすべてのCBの選手の中で62番目の評価となっています。相手QBからパスターゲットとされた回数13回とパスを許した回数10回はいずれもNFL最多だったようで、計87ヤードのパスを許していました。

また同じCBの選手について驚きだったのはアルテラウン・バーナーがディフェンスで全くプレーしなかったということです。バーナーは一時バイロン・マックスウェルと先発の座を争うのではないかと言われていたんですが、チャージャース戦ではマックスウェルが先発で試合の大部分でプレーしていました。バーナーはそんなに使えない選手だったのでしょうか。


チャージャース戦を前に姿を消したローレンス・ティモンズですが、いろいろと報道はされているものの詳しいことはわかりません。来週の試合に出場できるかどうかも微妙なんですが、早く解決してもらいたい問題です。


Dolphins Daily News 8.30―DTスーがキッカー?

今日の練習でDTダムコン・スーがFGを蹴ったようです。33ヤードと39ヤードのFGを決めて、もう1本33ヤードにトライしたようですが、それは失敗しました。

巨漢のスーがキッカーとはかなり違和感がありますが、サッカーをやっていたようで脚力はかなりあるということです。実際に2010年、新人だった頃にデトロイトライオンズでエクストラポイントのキックを蹴っています(結果は失敗)。

まあ、もしキッカーが試合途中に怪我をしたらあるいはスーがFGを蹴る場面が出てくるかもしれませんが、そういう必要がないことを願いたいです。やはりスーはディフェンスに専念してもらいたいですね。


Sun Sentinelのコラムニストであるデーブ・ハイド氏が、トレーニングキャンプ中にいい意味で驚かされた選手と失望した選手をそれぞれ5人あげています。

驚かされた選手はDTダボン・ゴッドチョー、OGジェシー・デービス、CBアルテラウン・バーナー、WRジャキーム・グラント、QBジェイ・カトラーです。

個人的に一番驚かされたのはカトラーです。またゴッドチョーは今年のドラフト組で唯一先発選手に抜擢されています。デービスとバーナーは当初は控え選手だったんですが、開幕先発という可能性も出てきています。グラントは先日の対フィラデルフィアイーグルス戦でのTDパスレシーブでそのスピードを見せつけました。

逆に失望した選手はDEチャールズ・ハリス、CBバイロン・マックスウェル、DTジョーダン・フィリップス、TEジュリアス・トーマス、WRレオンテ・カルーです。

ハリスは5月、6月のチーム練習では非常に評判がよかったんですが、トレーニングキャンプに入ってから目立たなくなってきました。プレシーズンゲームでも期待されたQBサックは決められていません。

マックスウェルはイーグルス戦での醜態が先発の座を危うくしています。カルーもプレシーズンゲーム初戦の対アトランタファルコンズ戦ではTDパスレシーブを決めていいスタートかと思われたんですが、怪我をしたせいもあるんでしょうか、その後目立っていません。

フィリップスとトーマスはイーグルス戦で活躍して復調の兆しが見えます。特にフィリップスはゴッドチョーに完全にポジションを奪われたんですが、減量に成功して再び先発ポジション争いに加わってきそうな雰囲気です。

ここにあがっている10人の選手は全員開幕53人ロースターには残ってくるんでしょうが、全員が持ち味を発揮して活躍しチームの勝利に貢献してくれることを願っています。


Dolphins Daily News 8.22―イーグルスとの合同練習初日

ドルフィンズとフィラデルフィアイーグルスの合同練習が始まりました。初日の話題をいくつか拾ってみます。

・先日契約したLBレイ・マウアルーガがチームに合流しました。しかしまだ練習は行っていないようです。今週行われるイーグルスとのプレシーズンゲームには出場しません。

・足の付け根を痛めていたSネイト・アレンが練習に復帰しました。

・OGクレイグ・アービックとDBウォルト・エイケンズは練習を休んでいます。アービックは先発LGの最有力候補だったんですが、ひざを怪我して開幕に間に合わなくなりました。

・RBケニアン・ドレイクは練習に参加していますが、まだ脳震とうのプロトコル中で、完全復帰まではもう少し時間がかかりそうです。

・QBジェイ・カトラーはWRケニー・スティルスにTDパスを決めましたが、練習終了間際にはインターセプトを喫しています。

・ドルフィンズのディフェンスは調子が悪かったようで、CBバイロン・マックスウェルはイーグルスWRトレイ・スミスにTDパスレシーブを許しています。

ところで、怪我をしたアービックの代わりのLGですが、アンソニー・スティーン、ジェシー・デービス、ジェイク・ブレンデルの3人が1stチームで練習を行っています。その中でデービスはいい動きをしているようで、過去2試合のプレシーズンゲームではすべてのオフェンスでプレーしています。

デービスは2015年にドラフト外でシアトルシーホークスに入団しました。しかし開幕前に解雇され、その後は昨年ニューヨークジェッツに在籍していたこともありましたが、いずれもNFLでのプレー経験はありません。

今のところ開幕LGのポジションは経験のあるスティーンが有力でしょうが、ひょっとするとデービスが務める可能性もあります。あと残り2試合のプレシーズンゲームはデービスのプレーにも注目ですね。


Dolphins Daily News 7.30―トレーニングキャンプ3日目

トレーニングキャンプ3日目、この日初めてショルダーパッドを着けての練習が行われました。また、Cマイク・パウンシーがトレーニングキャンプに初めて参加しました。

パウンシーは最初の2日間はリハビリのために制限されたメニューだったようですが、この日の練習により復帰に向けての第一歩を踏み出したと言ってもいいでしょう。

その他、3日目の練習での話題を拾ってみます。

・新人CBコードレイ・タンカーズレイが練習に復帰しました。怪我ではなくて脱水状態だったようで、熱中症のような症状だったのでしょうか。

・WRデバンテ・パーカーは相変わらず好調のようで、CBバイロン・マックスウェルと相対して素晴らしいパスレシーブを決めました。

・QBライアン・タネヒルのパスをCBザビアン・ハワードが弾いて、そのボールをLBローレンス・ティモンズがインターセプトしました。

・インターセプトはその他に2つあり、新加入のCBアルテラウン・バーナーがQBマット・ムーアのパスを、LBキコ・アロンソがタネヒルのパスをそれぞれインターセプトしています。

・ドラフト外入団の新人WRドリュー・モーガンがパントリターナーの練習をしました。パントリターナーはWRジャキーム・グラントが務める予定なのですが、グラントはボールの扱いに不安定感があり、モーガンの内容次第ではレギュラーが入れ替わるかもしれません。

・ドラフト7巡目指名のWRアイザイア・フォードがひざを痛めました。重症でないことを祈りたいのですが、詳細は不明です。



Dolphins Daily News 7.4―SECRET SUPERSTAR

Pro Football FocusのウェブサイトでNFL各チームのSECRET SUPERSTARが紹介されていました。SECRET SUPERSTARですから、直訳すると隠れたスーパースターということで、目立たないけど凄い選手という感じでしょうか。

https://www.profootballfocus.com/pro-the-secret-superstars-on-every-nfl-roster/

ドルフィンズではCBバイロン・マックスウェルが選ばれていました。

マックスウェルは昨シーズン序盤はプレー内容が悪く、第4週の対シンシナティベンガルズ戦では先発から外されてプレーさせてもらえませんでした。

しかしそこから見事に立ち直り、相対した相手のWRに計30ヤード以上のパスレシーブを許したのがわずか2回、そして計42ヤード以上のパスレシーブはまったく許しませんでした。最も長いパスレシーブを許したのが19ヤードで、8回のパスディフェンスと2回のインターセプトを記録しています。

特筆すべきは第9週の対ニューヨークジェッツ戦でのプレーで、ジェッツのWRブランドン・マーシャルを3回のパスレシーブで23ヤード獲得に止めています。

先発を外されてベンチに下げられた印象が強くて、そんなにいい結果を残していたことを意外に感じておられるファンの方も少なくないと思います。私もそのひとりでした。

マックスウェルには今シーズンも先発CBとして活躍してもらいたいと思います。



livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ