Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

バンス・ジョセフ

Dolphins Daily News 6.22―アダム・ゲイスは16位

NFL.comのアナリストであるエリオット・ハリソン氏がNFLの現役ヘッドコーチのパワーランキングを紹介しています。

http://www.nfl.com/photoessays/0ap3000000816560/bill-belichick-tops-2017-nfl-head-coach-power-rankings

これによると、1位は当然という感じでニューイングランドペイトリオッツのビル・ベリチックでした。逆に最下位はロサンゼルスチャージャースのアンソニー・リンとなっています。

ドルフィンズのアダム・ゲイスはちょうど真ん中の16位でした。もう少し下位かと思っていましたが、昨シーズン、新人ながらいきなりチームをプレーオフに導いた功績によるものでしょう。しかも1勝4敗からのプレーオフ進出ですからより価値があります。

ちなみにドルフィンズのライバルチームはというと、バッファロービルズのショーン・マクダーモットが29位、ニューヨークジェッツのトッド・ボウルズが28位となっています。また昨年ドルフィンズでDCを務めていてデンバーブロンコスの新HCとなったバンス・ジョセフは31位でした。

新人HCの評価が低いのは実績がないから仕方がないことで、確か昨年も同様のランキングがあったと思いますが、ゲイスは最下位かそのひとつ上ぐらいだったような気がします。


同じくNFL.comのウェブサイトでオフェンスのプレーコールのランとパスのバランスについての記事がありました。

http://www.nfl.com/news/story/0ap3000000816875/article/nfls-most-least-balanced-offensive-playcallers

これは昨シーズンのNFLで1stダウン残り10ヤード、2ndダウン残り10ヤード、3rdダウン残り1ヤードのそれぞれの場面で、ランプレーとパスプレーのバランスを見たものです。

それによると、ドルフィンズは2ndダウン残り10ヤードという場面ではランとパスのプレーコールがちょうど半分ずつだったようです。2ndダウンで10ヤード残っていると、どちらかというとパスプレーをコールしたくなりそうなんですが、RBジェイ・アジャイが好調だったせいでしょうか、ランプレーをよくコールしていたようです。

ちなみにドルフィンズよりランプレーを多くコールしていたのはジャクソンビルジャガーズが56.7%、サンフランシスコ49ersが51.1%という結果になっています。

また3rdダウン残り1ヤードでは、ドルフィンズは最もパスとランのバランスが取れており、ランが41.2%、パスが58.8%でした。3rdダウン残り1ヤードというとランで確実に行きそうですが、オフェンシブラインに不安があったからでしょうか、およそ6割がパスプレーだったんですね。この状況でランで確実に1stダウンが取れるようになればおファンスももっと安定してくるんでしょうけどね。

ただ、この記事を見ると、ドルフィンズのオフェンスは相手の予測していないプレーをしていたということで、それがゲイスのプレーコールが評価される要因となっているような気がします。そしてそれが勝敗にも影響していたのかもしれません。




Dolphins Daily News 1.17

アシスタントオフェンシブラインコーチのジェレマイア・ウォッシュバーンがシカゴベアーズのオフェンシブラインコーチに就任するようです。ベアーズでは同職を務めていたデーブ・マガズが退団し、同職を務めるコーチが空席となっていました。

ドルフィンズではオフェンシブラインコーチを務めているクリス・フォースターがロサンゼルスラムズのオフェンシブコーディネーター就任の面談を申し入れられていたんですが、チームはこれを断っています。しかし、今回は断れなかったんでしょうか。ベアーズのHCはジョン・フォックスで、ドルフィンズのHCアダム・ゲイスは2015年はベアーズでオフェンシブコーディネーターを務めていたことも関係しているんですかね。

ちなみにウォッシュバーンは父親のジム・ウォッシュバーンとともに昨年ドルフィンズのコーチ陣に加わりました。父親はパスラッシュスペシャリストとしてドルフィンズのプレーオフ進出に貢献しています。

これでドルフィンズのコーチ陣で退団したのはディフェンシブコーディネーターだったバンス・ジョセフとウォッシュバーンの2人となります。今後も退団するコーチが出てくるかもしれませんが、ジョセフの退団に伴ってLBコーチが不在となっていますし、今回のウォッシュバーンの代わりも補充されることと思われます。



 

Dolphins Daily News 1.13

マット・バークが正式にディフェンシブコーディネーターに就任することが発表されました。

バークは現在40歳で、ドルフィンズに来るまでの主な経歴としては2004〜08年まではテネシータイタンズのディフェンシブアシスタント兼クオリティコントロールコーチ、2009〜13年まではデトロイトライオンズでLBコーチ、そして2014〜15年はシンシナティベンガルズでLBコーチを務めていました。

ドルフィンズがバークをディフェンシブコーディネーターに抜擢したのは今シーズンのディフェンスシステムを変更したくないからということもあるでしょうが、まずその前にバークが適任者であると判断したからでしょうね。

ところで、前DCバンス・ジョセフはデンバーブロンコスのヘッドコーチに就任したわけですが、今後ブロンコスのコーチ陣を編成するにあたってドルフィンズのアシスタントコーチを何人かリクルートする可能性も残されています。今後そのあたりも注目されます。


 

Dolphins Daily News 1.12

RBジェイ・アジャイとWRジャービス・ランドリーがプロボウルに出場することになりました。アジャイはバッファロービルズのRBルショーン・マッコイの代替、そしてランドリーはシンシナティベンガルズのWR A.J.グリーンの代替として、それぞれ出場することになります。

アジャイ、ランドリー共に今シーズンの成績を考えたらプロボウルに出場して当然と言えますが、プロボウル選手の発表の時に欠場した選手の代替候補としてあげられていたので、出場する可能性は高かったです。

ドルフィンズのRBでプロボウルに出場したのは、近年では2008年シーズンのロニー・ブラウンで、このシーズンは有名なワイルドキャットオフェンスで大活躍しました。そしてその前は2002年シーズンのリッキー・ウイリアムスで、この年にウイリアムスはトレードでドルフィンズに移籍してきて大活躍しました。

ウイリアムスも今回のアジャイ同様、代替選手としての出場だったんですが、その試合でウイリアムスはMVPを獲得しています。アジャイも今回のプロボウルでMVPを獲得するような活躍を見せてくれることを期待しています。


DCバンス・ジョセフが正式にデンバーブロンコスのヘッドコーチに就任しました。ジョセフとブロンコスの契約は4年契約ということです。まあ、予期していただけにあまり驚かなかったんですが、ブロンコスのGMジョン・ウェルウェイはどうしてもジョセフが欲しかったんでしょうね。恐らく相当な好条件で迎えられたものと思われます。

というわけでドルフィンズはディフェンシブコーディネーターが不在となったんですが、先日からの報道のとおりLBコーチのマット・バークがディフェンシブコーディネーターを兼ねるだろうと言われています。

バークはジョセフと一緒にドルフィンズに来たんですが、その前は共にベンガルズのアシスタントコーチを務めていました。本来ならばジョセフはブロンコスのHC就任にあたってバークもアシスタントに加えたいんでしょうが、それはドルフィンズ側がやめてくれと言っていたんでしょうか、それともジョセフが遠慮したのか。

ジョセフがブロンコスでどんな実績を残すのかが注目されますが、早くも来シーズンにドルフィンズはブロンコスとの対戦を控えています。場所はドルフィンズのホームですが、アダム・ゲイスとジョセフの対戦で試合前は少なからず盛り上がるでしょうね。まだ先の話ですが楽しみでもあり、同時に厳しい試合になりそうな予感もあります。



Dolphins Daily News 1.10

ドルフィンズはディビジョナルプレーオフでピッツバーグスティーラーズに敗れて2016年シーズンが終了しましたが、それに伴って4月に開催されるNFLドラフトの指名順が全体の22番目となるようです。ちょっと気の早い話ですが、今から楽しみです。

ドルフィンズが1巡目で誰を指名することになるのか気になるところですが、補強ポイントとしてはまずLB、そしてDE、OL、TEといったところが考えられますが、なかでもLBのポジションは少なくとの2人の即戦力が必要で、1巡目で適切な選手を指名したいところです。


ドラフトの前にはFAがありますが、早くもFAの話題も伝えられています。今年のドルフィンズのFA選手は次のとおりです。

TEジョーダン・キャメロン、DEディオン・ジョーダン、DEアンドレ・ブランチ、OGジャーモン・ブッシュロッド、LSジョン・デニー、LBスペンサー・ペイシンガー、LBドナルド・バトラー、QB T.J.イェイツ、Sマイケル・トーマス、TEドミニク・ジョーンズ、Sバカリ・ランボ、LBジェラニー・ジェンキンス、TEディオン・シムズ、WRケニー・スティルス

これらの選手の中で、ブランチ、トーマス、スティルスあたりは残留を希望しているようですが、サラリーキャップの問題もありどうなるかわかりません。この3人に加えてシムズにも残ってもらいたいんですが、FA以外にSレシャッド・ジョーンズとWRジャービス・ランドリーの契約延長の話も出てくると思いますので、そうなるとFA交渉が一層難しくなりそうです。


去就が注目されているDCバンス・ジョセフですが、現地時間1月10日(日本時間11日)にデンバーブロンコスとヘッドコーチ就任について面談を行うようです。ブロンコスは2年前にもジョセフにヘッドコーチ就任について打診しており、今回も最有力候補としているようです。ということは、明日にでもジョセフのヘッドコーチ就任が発表されるかもしれません。

今シーズンのドルフィンズのディフェンスは喪失ヤード数でチーム史上ワーストを記録したんですが、その割には失点はそれほど多くなかったです。またシーズン終盤までは3rdダウン時のディフェンスでNFLトップだったという実績もあります。そのあたりはジョセフの手腕であったと言ってもいいと思います。

特に今シーズンはディフェンスの先発選手に数多くの怪我人が出ましたが、その中でプレーオフに進出できたチームのディフェンスを構築したジョセフの功績は評価に値するものです。できればドルフィンズに残留してもらいたいんですが、こればかりはわかりません。ジョセフが行くといったらドルフィンズは引き留められないでしょうね。

仮にジョセフが去ってしまうとドルフィンズは新しいディフェンシブコーディネーターを就任させなければいけません。外部から誰かを招聘するか、あるいは内部昇格という可能性もあります。もし内部昇格ならば、現在LBコーチを務めているマット・バークが有力のようですが、果たしてどうなるのか注目されます。



 
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ