Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ビル・スタンフィル

Dolphins Daily News 7.12―Top 10 DEs

Sun SentinelのウェブサイトでドルフィンズのDEの選手の歴代トップ10が掲載されていました。

http://www.sun-sentinel.com/sports/miami-dolphins/sfl-miami-dolphins-top-10-defensive-ends-of-all-time-20170711-photogallery.html

1位はジェイソン・テイラー、2位はキャメロン・ウェイク、3位はビル・スタンフィルとなっていて、まあ順当なところでしょうか。

それ以外では7位のトレース・アームストロング、8位のジェフ・クロス、9位のアデワール・オグンリエ、10位のマルコ・コールマンの4人も印象に残っています。

アームストロングは1998年シーズンのプレーオフでバッファロービルズのQBダグ・フルーティにQBサックを決めて勝利を呼び込んだプレーが思い出されます。

また、コールマンは1992年のドラフト1巡目(全体12番目)指名でスポーツイラストレイテッドの新人王にも選出されたんですが、この選手もともとはアウトサイドLBだったんですね。

それとクロスはこの4人の中ではただひとり、ドルフィンズ一筋の選手で、1988〜96年まで在籍しました。地味ながら堅実なDEで1990年にはプロボウルにも選出されています。

オグンリエは2000年にドラフト外でドルフィンズに入団したんですが、2003年にはAFCトップの15QBサックを記録してプロボウルとオールプロに選出されました。オグンリエの成長には同時期にプレーしていたテイラーの存在も大きく影響したと思います。

ちなみにそのテイラーもアームストロングと同時期にプレーしていたということで、アームストロングから学んだことは少なくなかったと思います。

今年のドラフト1巡目指名のチャールズ・ハリスがウェイクの影響を受けて実力を発揮し、大きく成長してくれることも期待できそうですね。



数字で振り返る ドルフィンズの50年 Part 4

ドルフィンズの過去49シーズンを1年ごとに1つの数字で振り返る企画。今回はQBダン・マリーノの晩年、そしてHCはジミー・ジョンソンとデーブ・ウオンステッドの時代です。

1996 - 3
この年の1月にドン・シューラが勇退し、空位となったドルフィンズの史上3人目のHCとしてジミー・ジョンソンが就任しました。ジョンソンは1987年にマイアミ大学を全米王座に導き、1992年と1993年にはダラスカウボーイズをスーパーボウル制覇に導いていました。そして、ジョンソンは就任時にドルフィンズを3年でスーパーボウル制覇に導くと公言しました。

1997 - 162
12月14日に敵地で行われた対インディアナポリスコルツ戦で、ドルフィンズは0-41で完封負けを喫しました。この完封負けはドルフィンズにとって1987年11月29日の対バファロービルズ戦に0-27で敗れて以来10年ぶりのことで、それまでドルフィンズは162試合連続で完封負けがありませんでした。

1998 - 34
12月21日にプロプレーヤースタジアムで行われたマンデーナイトゲーム、対デンバーブロンコス戦でドルフィンズは31-21で勝利しましたが、この勝利でドルフィンズはマンデーナイトゲーム通算34勝目となり、この時点でオークランドレイダースを抜いてマンデーナイトゲーム最多勝チームとなりました。ちなみにこの試合は私が唯一現地観戦した試合で、QBダン・マリーノが4つのTDパスを記録する素晴らしい試合でした。

1999 - 62
このシーズンに9勝7敗の成績でプレーオフ進出を果たしたドルフィンズは、第1ラウンドでシアトルシーホークスに20-17で逆転勝利してディビジョナルプレーオフに進出しましたが、そのジャガーズ戦では7-62で大敗しました。そしてその試合がQBダン・マリーノとHCジミー・ジョンソンの最後の試合となりました。

2000 - 40
このシーズン、11勝5敗でAFC東地区優勝を決めたドルフィンズはプレーオフ第1ラウンドでインディアナポリスコルツと対戦しました。この試合はドルフィンズが第3Qまで0-14とリードされながら、オーバータイムにも連れ込んで、最後はRBラマー・スミスのTDランで23-17で勝利しました。そのスミスがこの試合で記録した40回のランプレーはNFLのプレーオフ新記録となりました。

2001 - 5
12月30日に行われた対アトランタファルコンズ戦に21-14で勝利したドルフィンズは5年連続でのプレーオフ進出を決めました。ちなみにその当時5年連続でプレーオフ進出していたチームはNFLの他のチームにはありませんでした。

2002 - 1,853
この年、2つのドラフト1巡目指名権との交換でニューオーリンズセインツからRBリッキー・ウイリアムスを獲得しました。そのウイリアムスは期待に違わぬ大活躍でランで1,853ヤードを獲得してチーム新記録を達成するとともに、NFLのリーディングラッシャーにも輝きました。ちなみにそのウイリアムスの活躍に反して、チームは9勝7敗でプレーオフ進出を逃しています。 

2003 - 67.5
11月21日に行われた対バッファロービルズ戦で、DEジェイソン・テイラーが3QBサックを記録して、通算QBサック数でチーム記録保持者のビル・スタンフィルの67.5QBサックを抜いてチーム新記録を達成しました。

2004 - 5
10月10日に行われた対ニューイングランドペイトリオッツ戦の試合前に、Kオリンド・マレーが足を痛めて欠場しました。そのため急遽ウェス・ウェルカーがキッカーを務めることになり、ウェルカーはキックオフ、エクストラポイントのキック、29ヤードFG、パントとキックオフのリターンの5つのプレーを1つの試合でこなしたNFL史上初の選手となりました。ちなみにその試合でドルフィンズは10-24で敗れましたが、ウェルカーはその週のAFC週間最優秀スペシャルチーム選手に選出されています。


 
livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ