Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ボニー・ホリデー

Dolphins Daily News 7.10―Top 10 DTs

Sun Sentinelのウェブサイトでドルフィンズの歴代DTのトップ10が掲載されていました。

http://www.sun-sentinel.com/sports/miami-dolphins/sfl-miami-dolphins-top-10-defensive-tackles-of-all-time-20170708-photogallery.html

チャック・クリングベイル、ティム・ボウエンス、ポール・ソリアイ、ダリル・ガードナー、マニー・フェルナンデス、ボニー・ホリデーなど懐かしい名前が上がっていました。現役ではダムコン・スーが4位にランクされており、1位はボブ・バウムハワーという1977〜86年まで在籍した選手となっています。

その中でボウエンスとともに印象に残っているのがガードナーです。ガードナーは1996年ドラフト1巡目(全体20番目)でドルフィンズに入団しました。

1996年といえばジミー・ジョンソンがヘッドコーチに就任して最初のドラフトでした。その年のドラフトでは3巡目でRBカリム・アブドル-ジャバー、4巡目でFBスタンリー・プリチェット、5巡目でLBザック・トーマス、6巡目でSショーン・ウッデンなど新人の年から先発として起用された選手が数多くいて、ガードナーもそのうちのひとりでした。

1年目の途中から先発DTとなったガードナーは16試合すべてに出場しています。それから1999年まで全試合に出場しているんですが、最初の3年間では計3.5QBサックしか記録することができませんでした。しかし1999〜2001年までの3年間では34試合で計11.5QBサックを記録しています。

しかし2001年には背中の怪我のために半分の8試合にしか出場できず、そのためにシーズンオフにはドルフィンズを追われ、2002年にはワシントンレッドスキンズに移籍しています。レッドスキンズでは15試合に先発出場して4.0QBサックを記録したんですが、翌年デンバーブロンコスに移籍したものの、わずか5試合にしか出場できずその年を最後にNFLから引退しています。

198cmという大型DTで威圧感は十分だったんですが、プロボウルレベルではありませんでした。しかし背中の怪我がなければもう少しドルフィンズで活躍してくれていたと思います。あのジョンソンが1巡目に指名したほどの選手ですから、素質は十分にあったんでしょう。

いつだったかよく覚えていませんが、ボディビルのコンテストに出場していた時の写真がウェブで公開されており、懐かしく見た記憶があります。

現在はどうしているのかわかりませんが、ウィキペディアを見ると2011年にガールフレンドへのドメスティック・バイオレンスで逮捕されたという残念なニュースも掲載されていました。



DEホリデー解雇

DEボニー・ホリデーが解雇されたようです。ホリデーはNFLキャリア11年のベテラン選手で、ドルフィンズには2005年にFAで移籍してきました。

昨シーズンは16試合すべてに出場して46タックル、3.5QBサックを記録し、ドルフィンズのランディフェンス向上に貢献しました。
しかし33歳という年齢、そして若手のフィリップ・マーリング、ケンドール・ラングフォード、ライオネル・ドットソンなどの存在もあって解雇されたんですね。

あと元ドルフィンズのDEジェイソン・テイラーがワシントンレッドスキンズを解雇されましたね。
先日は2009年シーズンもレッドスキンズでプレーするだろうというニュースが報道されていましたが、やはり年齢と高額なサラリー、そして昨シーズンの成績が影響してるんでしょうね。
レッドスキンズは今年のFAでDTアルバート・ハインズワースと7年間、総額1億ドル(約97億円)という超大型契約をしていますしね。
やはりテイラーはシーズンオフとはいえ、ダンスなどに興じている場合ではなかった、その代償は大きかったですね。
 
livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ