Dol-fan Blog

Miami Dolphins を心から愛する人のためのページです。

ボビー・マッケイン

Dolphins Daily News 5.19

Palm Beach Postの記事で、このオフにプレッシャーを感じるであろうドルフィンズの10人の選手があげられていました。その10人とは次の選手です。

LBコア・ミーシー、CBバイロン・マックスウェル、WRレオンテ・カルー、WRジャキーム・グラント、CBボビー・マッケイン、DTジョーダン・フィリップス、DEキャメロン・ウェイク、OGジャーモン・ブッシュロッド、OGテッド・ラーセン、OTジャワン・ジェームス

これらの選手については、いろいろな事情でそれぞれが何かのプレッシャーにさらされる可能性があるとしています。特にミーシーやフィリップス、ラーセンなどは新人選手にポジションを奪われる可能性があります。

ベテラン選手が新人にそのポジションを奪われるということで思い出されるのが、1996年シーズンです。この年ドルフィンズはFAでベテランLBジャック・デルリオと契約しました。その時のデルリオは全盛期は過ぎており、前年に怪我で7試合を欠場していたんですが、まだ先発LBとしては期待されていたはずでした。

しかしその年のドラフトで5巡目に指名していたLBザック・トーマスがデルリオとのポジション争いに勝ち、その結果デルリオはシーズン開始前の8月に解雇され、その後引退しています。一方トーマスは開幕から先発LBとして活躍し一躍脚光を浴びることになるんですが、その後の活躍は当時からのファンの方ならよくご存知のことと思います。

ちなみに1996年の開幕戦でドルフィンズはニューイングランドペイトリオッツと対戦したわけですが、その試合でトーマスはペイトリオッツのWRショーン・ジェファーソンに強烈なタックルを決めてノックアウトしています。そのジェファーソンが現在ドルフィンズでWRコーチを務めているというのはなんとも不思議な因縁と言えるでしょう。

今年もそれと同じようなことが起こるのかどうかわかりませんが、もし起こるとすればチーム全体に大きな勢いをつけることにもつながるかもしれません。そんな可能性を持った新人選手が出てきてくれることを期待したいですね。



ドラフト2日目

NFLドラフト2日目、この日は2巡目および3巡目指名が行われました。ドルフィンズは2巡目でオハイオ州立大学のLBレークワン・マクミランを指名、そして3巡目ではクレムゾン大学のCBコードレイ・タンカーズレイを指名しています。

これで初日の1巡目指名のDEチャールズ・ハリスから最初の3つのドラフト指名はすべてディフェンスの選手となりました。いずれも補強が必要なポジションだったということで順当な指名と言えばそうなんですが、この2日目はどちらかでオフェンシブラインの選手を指名してくるのではないかと思っていました。

昨シーズンのドルフィンズディフェンスはチーム史上最悪の6122ヤードを相手チームに献上してしまいました。その結果、トータルディフェンスはNFL29位、ランディフェンスは同30位の平均140.4ヤード献上でしたので、ディフェンスの強化の方に重点を置いたということでしょうね。

マクミランは大学3年生の昨シーズンは102タックル、7ロスタックルを記録しています。キャプテンの経験もありリーダーシップに長けた選手のようで、ラインバーカーとしてはインサイドでもアウトサイドでも両方のポジションをこなせるようです。ドルフィンズではローレンス・ティモンズ、キコ・アロンソに次ぐ3人目の先発LBのポジションを争うことになりそうです。

またタンカーズレイは過去2シーズンで9つのインターセプトを記録しています。3年生のシーズンでは60タックル、5インターセプト、そして4年生の昨シーズンは65タックル、4インターセプトでした。ドルフィンズのCBのポジションはバイロン・マックスウェル、トニー・リペット、ザビアン・ハワードが先発を争い、控えにはボビー・マッケインがいます。タンカーズレイはすぐに先発を争うような選手ではありませんが、来シーズンには頭角を現してくると考えられています。

NFL.comのドラフト評価では、ドルフィンズの指名について、1日目はAマイナス、2日目はAというこで、内容的にはよかったようです。

http://www.nfl.com/news/story/0ap3000000803905/article/2017-nfl-draft-quicksnap-grades-for-every-team-through-day-2

明日の3日目は4巡目から7巡目までの指名が行われますが、ドルフィンズは4巡目と6巡目の指名を保有しておらず5巡目が3つ、7巡目が1つとなっています。ただ、指名権のトレードが行われる可能性もありますので、最終的にどの順番の指名がいくつ行われるのかは終わってみなければわかりません。

オフェンシブラインやDT、Sといったポジションも補強が必要ですので、最終日の明日にそれらのポジションの選手を指名してくるのではないかと考えられます。





Week 14 対カージナルス戦 プレビュー

先週ボルチモアレイブンズに38-6と大敗を喫したドルフィンズは、今週末ホームでアリゾナカージナルスと対戦します。カージナルスは5勝6敗1引分で、過去6試合を見ても2勝3敗1引分と勝率は芳しくありません。ただし、オフェンス、ディフェンスの成績を見てみると、オフェンス(ラン15位、パス9位)、ディフェンス(ラン11位、パス3位)となっています。

その成績を見る限り、なぜ負け越しているのか不可解なのですが、やはり何か理由があるのだと思います。しかしカージナルスは昨年は13勝3敗という成績を残し、プレーオフではNFC決勝まで行ったチームで、今シーズンは当初はスーパーボウル候補にもあげられていたいような気がしますので、実力は十分あると思われます。

この試合はドルフィンズのディフェンスがカージナルスのオフェンスを抑えられるかが1つのポイントとなります。ドルフィンズのディフィエンスは過去2試合で計971ヤードを相手チームに献上しています。特に先週の対ボルチモアレイブンズ戦ではパスで386ヤード喪失、そして先々週の対サンフランシスコ49ers戦ではランで193ヤード喪失と、ランもパスも抑えられていない状況となっています。

このディフェンスをなんとしても立て直していかないといけないのですが、この試合を迎えるに当たって最大の懸念材料となっているのがLBキコ・アロンソの怪我です。アロンソはレイブンズ戦で親指とハムストリングを痛めており、この試合に出場することはほぼ絶望的となっています。

また同じくLBジェラニー・ジェンキンスも膝の怪我で出場は無理そうです。アロンソとジェンキンスの代わりには、それぞれマイク・ハルとネビル・ヒューイットが務めることになりますが、戦力ダウンは否めません。LB陣が手薄となるとランディフェンスに大きく影響しますし、パスディフェンスでもTE、RBへのパスカバーが厳しくなります。レイブンズ戦ではTEへのパスをカバーできなかったことが敗因の1つともなっています。

カージナルスのオフェンスの中心はRBデビッド・ジョンソンで、今シーズンのジョンソンはすでに1005ヤードを走って11TDランを記録しています。それに加えてパスレシーブでも64回で704ヤードを獲得しており、WR並のヤード数を稼いでいます。アロンソとジェンキンスの先発LB2人が欠場するドルフィンズが、このジョンソンを止めることはかなり厳しいことが予想されます。

そしてカージナルスのもうひとつの武器はWRラリー・フィッツジェラルドです。今シーズンはこれまで88回のパスレシーブで880ヤードを獲得して5TDパスレシーブを記録しています。フィッツジェラルドをカバーするのはニッケルCBのボビー・マッケインが主になるんでしょうが、これも容易なことではないでしょうね。

カージナルスのQBカーソン・パーマーは18TDパスに対して11インターセプト、QBレイティングは85.5でこれはNFL23位の成績となっており、特筆していい成績ではありません。しかし先週の対ワシントンレッドスキンズ戦では300ヤードを投げて3TDパスを記録し、チームの31-23の勝利に貢献しています。 

ドルフィンズとしてはパスラッシュでパーマーにプレッシャーをかけて自由にパスを投げさせないようにすることが勝利につながりますが、先週のレイブンズ戦ではQBジョー・フラッコにプレッシャーを与えられず、1つもQBサックを決められませんでした。この試合でもパーマーにプレッシャーをかけられなければレイブンズ戦の二の舞となる可能性が高くなります。

 他方、ドルフィンズのオフェンスはやはりRBジェイ・アジャイのランプレーが鍵となります。カージナルスのランディフェンスはNFL11位ですが、過去4試合で相手チームに100ヤード以上走られたのは1試合しかありません。アジャイはあと92ヤード走れば1000ヤードラッシャーとなりますが、もしこの試合でそれが達成されるようならば、ドルフィンズが勝利する可能性は高まります。

またQBライアン・タネヒルは先週のレイブンズ戦でパス40回投中29回成功で226ヤードを獲得しましたが、自己ワーストの3インターセプトを犯しています。カージナルスのパスディフェンスはNFL3位と強力で、今シーズンは相手QBに250ヤード以上を許した試合はわずか1試合、ニューイングランドペイトリオッツのQBトム・ブレイディに対した時の257ヤードだけです。

そしてタネヒルを守るパスプロテクションも大切で、カージナルスはLBのチャンドラー・ジョーンズとマーカス・ゴールデンがそれぞれ8.0QBサック、7.0QBサックを記録しており、この2人を中心としたパスラッシュにも注意が必要です。

先週から復帰したLTブランデン・アルバートとLGラレミー・タンシルは怪我で体調が万全ではなく、Cマイク・パウンシーはこの試合も出場できません。オフェンシブラインにも不安を抱えるドルフィンズがカージナルスのパスラッシュからタネヒルを守れるのか、またプレッシャーを軽減するためのランプレーやプレーアクションパスの成否が勝敗に影響すると考えられます。

いろいろな角度から見てもカージナルスの優位は変わらないんですが、ただ1つ、ドルフィンズにとって優位な条件といえばホームゲームであるということです。今シーズンのドルフィンズはホームで5勝1敗、対するカージナルスはアウェイで1勝4敗、さらに東海岸での試合は0勝3敗です。その流れがこの試合でも影響するようならばドルフィンズにも勝機は訪れるでしょう。

ただし、大切なことはやはりカージナルスよりも先に得点を取って試合を優位に進めることだと思います。先週のレイブンズ戦でも序盤の得点チャンスを無駄にしたことが敗戦につながっています。確実に得点してターンオーバーなどのミスを犯さないことが勝利の鍵だと思います。

そして、あとはやはりディフェンスがどこまで踏ん張れるかにかかってくるでしょうね。ジョンソンかフィッツジェラルドのどちらか一方でも抑えることができれば、カージナルスのオフェンス、特にパーマーもリズムを崩すでしょうし、そうすればミスも誘発することができると思います。とにかくディフェンス陣の奮起に期待したいです。



 

Week 2 対ペイトリオッツ戦

第2週、先週に続いて難敵との対戦、対ニューイングランドペイトリオッツ戦でしたが、結果は大方の予想通りドルフィンズが敗れました。得点は31-24ということで1TD差だったんですが、内容的にはひどく痛めつけられたような印象があります。ただし、後半の追い上げもあり、悲観的になるほどではないような気がしています。

ペイトリオッツに勝利するためには相手が予期していないことが起こらなければ難しいと思っていましたが、その予期せぬこと(QBジミー・ガロポロの負傷退場)が起こったので、あるいはと思いましたが、それまでに得点を取られすぎていたのが痛かったというところです。

細かいことを言い出すとキリがないのですが、まず感じたことは最初に21点連取されたときにはどうなることかと思ったんですが、その後はドルフィンズのディフェンスもアジャストしてきてそこそこペイトリオッツのオフェンスを止められていたと思います。

21失点にしても確かにディフェンスがよくなかったということもありますが、相手のオフェンスも素晴らしかったと言わざるを得ません。あまりにもリズムよく進まれていましたので、おそらくこの試合のためにしっかりと準備されたプレーコールで、それが見事に当たったんじゃないかと感じました。

ディフェンスに関して残念だったのは第4Qに7点差まで追い上げた後、まだ時間が6分間残っていましたので、そこでディフェンスがペイトリオッツのオフェンスを早い段階で止めていたらということがあります。ただ、まあそれも結果論なので、最終的にTDを狙えるチャンスはあったわけで、それをしっかり決められなかったというのが敗因でしょう。ペイトリオッツだって勝つために最善を尽くしているんですから簡単ではないですね。

それとやはりターンオーバーから失点してしまったのが敗因の1つでしょう。ペイトリオッツのようなチームに勝つためには、まずターンオーバーをしないことですし、そこからの失点を絶対に防ぐことです。その意味では最後の10点はターンオーバーからの失点なので、そこが命取りになったともいえます。

そのターンオーバーからの失点についてですが、第3Q開始直後の攻撃でいい感じでボールを進めていたんですが、QBジェイ・アジャイのファンブルをきっかけにTDを奪われたシーンがありました。CBボビー・マッケインの反則などもあって、ある意味切れてしまっても仕方がないかなと思われました。おそらく昨年までのチームだったらあのままズルズルいってその後21点も取れていないと思います。それを考えると今の首脳陣は前とは違うのかなと評価してもいいのではないでしょうか。

オフェンス面で感じたことは、この試合でWRデバンテ・パーカーが復帰したわけですが、やはりパーカーがいればパスオフェンスに厚みが増すということです。この試合ではパーカーとWRジャービス・ランドリーが2人とも100ヤード以上のパスレシーブを記録しています。これは相手チームにとっては脅威となるでしょう。

ランプレーに関してはエースRBアリアン・フォスターが怪我をしてしまって途中で退場しています。フォスターの今後については非常に不安ですし、仮にフォスターがいなくなるとランオフェンスはかなり苦しい。その意味では新人RBケニアン・ドレイクがTDランを決めたのは期待できる材料です。本職でないQBライアン・タネヒルが2試合続けてリーディングラッシャーというのも問題でしょう。 

そのタネヒルについてですが、タネヒルに対してはフランチャイズQBとして賛否両論、というか否の方が多のかな、でも個人的には悪くないと思います。ただこの試合を見ていて感じたのですが、まず先週の対シアトルシーホークス戦でも思ったんですが、もっとクイックパスを使わないとディフェンスのいいチーム相手だと苦しかと思います。まあこれはプレーコールとの関係もありますので一概には言えませんが。

それと精神的なところでの成長が必要かなと思います。この試合では24-0となった後にやや開き直ったのか積極的に長いパスを投げるようになりました。まあ負けているから当然なのですが、もっと早い段階で失敗してもいいから長めのパスを投げていれば、もしかすると試合展開も変わってきたのかもしれません。ランドリーやパーカーはパスキャッチの能力が高いんですから信頼してどんどん投げ込めばいいと思います。

また最後の最後で適格なパスが投げられず追いつけないというのも精神的なものがあるのではないでしょうか。いいパスも投げられるんですから、自信を持って味方のレシーバーを信頼してパスを投げ込んでもらいたいと思います。

先週のシーホークス戦もそうなんですが、最後はもう少しだ、惜しかった、だから今度は勝てるだろう、ではいけないと思います。いくら惜しくても負けは負けですから、これではいけないということをチーム全体で認識しなければいけません。まあ、そんなことは当然わかっているでしょうが、そういう面でチームが成長していくことが必要なのではないでしょうか。



 

Preseason Game 対タイタンズ戦

プレシーズンゲーム最終戦の対テネシータイタンズ戦でしたが、主力選手がほとんど出場しない中での注目ポイントは、今年のドラフト指名選手であるCBザビアン・ハワードとRBケニアン・ドレイクの2人のプレー内容でした。

ハワードとドレイクはいずれも期待の新人でしたが、怪我をしてここまで満足な練習を行えず、プレシーズンゲームにも出場していませんでした。場合によってはシーズン開幕に間に合うかどうかという状況であったのかもしれません。

しかし、この試合に出場しプレーしたことで開幕に間に合ったという印象を受けました。肝心のプレー内容ですが、2人とも無難にプレーしていたと思います。

まずドレイクですが、本職のRBの他にキックオフのリターナーとしてもプレーしました。そのキックオフリターンでは2回で45ヤード(平均22.5ヤード)という内容でした。数字的には驚くほどのものはないのですが、実際の走り方を見ていると力強い走りで何かを期待させるような雰囲気がありました。このプレシーズンでは同じく今年の新人のWRジャキーム・グラントがリターナーとして脚光を浴びていましたので、レギュラーシーズンではどちらがリターナーとして起用されるのかが注目されます。

そして本職のRBとしては4キャリーで6ヤード獲得と物足りない数字で、もう少し見てみないとわかりません。しかしパスレシーブでは33ヤードのパスレシーブを記録して、その面でも期待ができるのではないかと思いました。

それからハワードの方ですが、相手が控え選手だったことで、レギュラークラスを相手にした時にどうかというのはあります。カバーリングはよくわかりませんでしたが、タックルなどはしっかり出来ていたように見えました。記録的には3タックルという内容でした。


もう1つの注目ポイントは第3QB争いでした。ザック・ディザートとブランドン・ドーティがプレーしましたが、ディザートがパス16回投中10回成功で85ヤード獲得、ドーティがパス12回投中8回成功で98ヤード獲得と数字的には同じような結果でした。しかしディザートの方は肝心なところでのパスミスやインターセプトもあり印象はよくありませんでした。その結果も影響してか、最終ロースターにはドーティが残り、ディザートはカットされています。


その他のところでは先発CBを争っているトニー・リペットとボビー・マッケインがいずれもインターセプトを決めました。リペットはWRの経験もあるせいかキャッチングの能力は高そうです。あとはカバーリングが課題になりますが、これは経験を積んでいくしかないでしょうね。マッケインはプレシーズンゲーム中はアウトサイドのCBでプレーしていましたが、本来ニッケルCBで、この試合でもそのポジションだったと思います。この試合でのプレーを見ると、やはりニッケルCBの方が適しているんでしょうね。


この試合で大きく評価を落としたのがRBジェイ・アジャイでした。試合開始直後の最初のプレーでファンブルし、その後その後16ヤードのランプレーを決めていいところを見せたと思ったら、簡単なパスを落球してしまいました。ファンブルは姿勢を低くして走っていたので相手のディフェンスが上手かったとも言えますが、パス落球はいただけません。先発RBとして疑問符がついてしまいました。


全体的に見ると、相変わらずランディフェンスが弱いなという印象だったんですが、3回のターンオーバーを奪いながらその後の攻撃で1TDしか取れなかったのが試合の流れからしたら大きかったと思います。特に惜しかったのは前半終了間際にパントキックからのファンブルリカバーで攻撃権を奪いながら、TDパスをインターセプトされたところが致命的でした。あそこでTDを取っていれば試合展開はどうなっていたかわからなかったです。 

まあ、プレシーズンゲームなので勝敗は関係ないのですが、ハードロックスタジアムとなってからの最初の試合だったので、できれば勝利で終わりたかったところでした。それにしてもスタジアムに空席が目立っていたのがなんとも寂しく残念でした。



 
livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ