Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ボビー・マッケイン

Dolphins Daily News 6.24―CBにコンバート

Sウォルト・エイケンズがこのオフのチーム練習などでCBのポジションをこなしていたことは以前お伝えしました。

エイケンズは2014年にドラフト4巡目指名でドルフィンズに入団したんですが、リバティ大学時代はCBの選手でした。それを当時のHCジョー・フィルビンをはじめ首脳陣は、すぐにエイケンズをSのポジションにコンバートしました。

このコンバートの背景は何だったのかよくわかりませんが、当時のドルフィンズのロースターを見るとCBは元プロボウラーのブレント・グライムスとコートランド・フィネガンが先発で、控えには2013年のドラフト組であったジャマー・テイラーとウィル・デービスがおり、頭数としては揃っていました。

逆にSは先発のレシャッド・ジョーンズとルイス・デルマス以外はほとんど経験のない選手ばかりで控えの層が厚いとは言えませんでした。そういうことでエイケンズをSとして育てたかったのかもしれません。

しかし今年、HCアダム・ゲイスとDCマット・バークはエイケンズをCBとして使うことを考えました。その結果、オフのメディアに公開された練習では、エイケンズは2つのインターセプトを記録しています。

2015年は先発Sとして起用されていたエイケンズも昨年はほとんどスペシャルチームの選手としての起用に止まっていました。ある意味では降格ともとれる処遇だったんですが、にも関わらずエイケンズはスペシャルチームで素晴らしい実績を残しています。

今シーズンのドルフィンズのCBは先発が予想されるバイロン・マックスウェルとザビアン・ハワード、そして控えには昨年チープトップの4インターセプトを記録したトニー・リペット、そしてドラフト3巡目指名のコードレイ・タンカーズレイ、ニッケルCBのポジションではボビー・マッケインとマイケル・トーマスがポジションを争うなど戦力的には充実しかけてきている状況です。

その中にエイケンズが入ってCBのデプスチャートに残れるかどうかはわかりませんが、本人にとっては大きな挑戦だと思います。これからのトレーニングキャンプとプレシーズンゲームでエイケンズがCBとしてどんな結果を残すのか、非常に興味深いところです。




Dolphins Daily News 6.19―ミニキャンプ等総括

Sun Sentinelのオマー・ケリー氏が今年のドルフィンズのチーム練習からミニキャンプまでの総括を行っています。

【トッププレーメーカー】
オフェンス:QBライアン・タネヒル
ディフェンス:DEチャールズ・ハリス
【最も驚かされた選手】
オフェンス:WRデバンテ・パーカー
ディフェンス:CBザビアン・ハワード
【最も失望させられた選手】
オフェンス:TEジュリアス・トーマス
ディフェンス:LBレークワン・マクミラン
【最も向上が必要な選手】
オフェンス:LTラレミー・タンシル
ディフェンス:DTジョーダン・フィリップス

トーマスとマクミランはちょっと心配です。トーマスは少なくとも10個ぐらいのTDパスレシーブを記録するとOCクライド・クリステンセンが太鼓判を押していたんですが、もしかしたら昨年のディオン・シムズにも及ばない結果となる可能性も否定できないかもしれません。

またマクミランは先発LBのポジションを勝ち取れると思っていましたが、現時点ではマイク・ハルの方が上だということです。今後の状況次第でいい方に変わってくれればいいんですが、コア・ミーシーの体調次第ではベテランLBを補強しなければいけないかもしれません。

その他ケリー氏は、トレーニングキャンプでのポジション争いで最注目はボビー・マッケインとマイケル・トーマスの先発ニッケルCB争い、そしてドルフィンズが再びプレーオフに進出するためにはフィジカルなランオフェンスを構築しなければならないと言っています。




Dolphins Daily News 6.2

QBライアン・タネヒルは相手チームのディフェンスにブリッツを仕掛けられた場面でのQBレイティングが、昨シーズンはNFLで5番目に高かったそうです。

トップ5は次のようになっており、NFL全体の平均は91.1でした。

1 トム・ブレイディ(ニューイングランドペイトリオッツ) 131.4
2 マット・ライアン(アトランタファルコンズ) 120.4
3 ドリュー・ブリーズ(ニューオーリンズセインツ) 107.0
4 ダック・プレスコット(ダラスカウボーイズ) 106.6
5 ライアン・タネヒル(マイアミドルフィンズ) 105.6


ニッケルCBのポジション争いは現時点ではボビー・マッケインが一歩リードしていますが、マッケインは自身がカバーするエリアで相手QBに対して113.0のQBレイティングを許しています。

マッケインはメンフィス大学時代は最後の22試合で11個のインターセプトを記録していんたんですが、ドルフィンズ入団後の32試合ではわずか1回しかインターセプトを記録していません。

この記録を考えるとマッケインは期待はずれと言わざるをえないんですが、ここで気になるのが昨日お伝えしたSウォルト・エイケンズがCBの練習をしていたという件です。

実はエイケンズはリバティ大学時代はCBとしてプレーしていました。ところがドルフィンズに入団した2014年に最初はCBとして使おうとしましたが上手くいかなかったんでしょうか、すぐにSに転向しています。

2015年もSとしてプレーしたんですが、内容的には不安定で、ビッグプレーを許したりして先発の座を降ろされています。そして昨シーズンはほとんどスペシャルチームでのプレーとなっていました。

エイケンズが大学時代にCBとしてプレーしていたことがわからなかったので、今年のチーム練習でなぜCBをさせているのか不可解だったんですが、あわよくばマッケインに代わってニッケルCBとして使えないかという可能性も考慮してのことだと思われます。


オフェンシブラインについてですが、Cマイク・パウンシーが怪我で使えない時はクレイグ・アービックが先発Cを務めるようです。さらにアービックにはジャーモン・ブッシュロッド、テッド・ラーセン、アイザック・アシアタと先発OGのポジション争いの機会も与えられるということです。

また現在のオフェンシブラインのロースターには新人選手がわずか2人しかいません。アシアタとドラフト外入団のOTエリック・スミスですが、将来的にもう少し若い選手がほしいところです。




Dolphins Daily News 6.1

今週のチーム練習の初日、この日はディフェンスがよかったようです。最も印象的だったプレーはS T.J.マクドナルドがQBライアン・タネヒルのパスをインターセプトしたものだったそうです。

マクドナルドはすでに今シーズンの8試合の出場停止が決定しているんですが、それにもかかわらずドルフィンズが契約してくれたことで張り切っているんでしょうか。シーズン後半にマクドナルドが出てくるのが楽しみになります。

ちなみにインターセプトされたタネヒルですが、内容はよくなかったようです。2つのインターセプトとレッドゾーン内でのパスミスを犯しています。ディフェンスのプレッシャーがよかったようです。

オフェンシブラインのパスプロテクションもよくなく、タネヒルはDTダムコン・スー、Sネイト・アレン、そしてドラフト1巡目指名の新人DEチャールズ・ハリスにQBサックを受けています。

その他の話題としては、Sウォルト・エイケンズがCBのポジションを練習していたそうです。昨シーズンのエイケンズはほとんどスペシャルチームの選手としてプレーしており、ディフェンスではわずか15スナップしかプレーしませんでした。

スペシャルチームとしては2つのビッグプレーを決めています。対ニューヨークジェッツ戦でのパントブロックからのリターンTD、そして対アリゾナカージナルス戦ではポイントアフターTDのキックをブロックして、ブロックしたボールをエンドゾーンまで運んだディフェンシブ2点コンバージョンを記録しています。

CBのポジションは先発候補のバイロン・マックスウェルとザビアン・ハワード、控えとしてはトニー・リペットと新人のコードレイ・タンカーズレイ、さらにニッケルCBはボビー・マッケインがいますので、エイケンズが入り込む余地はないように思えます。このCBのポジションでの練習がどんな意図で行われたのかわかりませんが、チームとエイケンズにとって有益であったことを願いたいですね。




Dolphins Daily News 5.19

Palm Beach Postの記事で、このオフにプレッシャーを感じるであろうドルフィンズの10人の選手があげられていました。その10人とは次の選手です。

LBコア・ミーシー、CBバイロン・マックスウェル、WRレオンテ・カルー、WRジャキーム・グラント、CBボビー・マッケイン、DTジョーダン・フィリップス、DEキャメロン・ウェイク、OGジャーモン・ブッシュロッド、OGテッド・ラーセン、OTジャワン・ジェームス

これらの選手については、いろいろな事情でそれぞれが何かのプレッシャーにさらされる可能性があるとしています。特にミーシーやフィリップス、ラーセンなどは新人選手にポジションを奪われる可能性があります。

ベテラン選手が新人にそのポジションを奪われるということで思い出されるのが、1996年シーズンです。この年ドルフィンズはFAでベテランLBジャック・デルリオと契約しました。その時のデルリオは全盛期は過ぎており、前年に怪我で7試合を欠場していたんですが、まだ先発LBとしては期待されていたはずでした。

しかしその年のドラフトで5巡目に指名していたLBザック・トーマスがデルリオとのポジション争いに勝ち、その結果デルリオはシーズン開始前の8月に解雇され、その後引退しています。一方トーマスは開幕から先発LBとして活躍し一躍脚光を浴びることになるんですが、その後の活躍は当時からのファンの方ならよくご存知のことと思います。

ちなみに1996年の開幕戦でドルフィンズはニューイングランドペイトリオッツと対戦したわけですが、その試合でトーマスはペイトリオッツのWRショーン・ジェファーソンに強烈なタックルを決めてノックアウトしています。そのジェファーソンが現在ドルフィンズでWRコーチを務めているというのはなんとも不思議な因縁と言えるでしょう。

今年もそれと同じようなことが起こるのかどうかわかりませんが、もし起こるとすればチーム全体に大きな勢いをつけることにもつながるかもしれません。そんな可能性を持った新人選手が出てきてくれることを期待したいですね。



livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ