Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ポール・ソリアイ

Dolphins Daily News 7.10―Top 10 DTs

Sun Sentinelのウェブサイトでドルフィンズの歴代DTのトップ10が掲載されていました。

http://www.sun-sentinel.com/sports/miami-dolphins/sfl-miami-dolphins-top-10-defensive-tackles-of-all-time-20170708-photogallery.html

チャック・クリングベイル、ティム・ボウエンス、ポール・ソリアイ、ダリル・ガードナー、マニー・フェルナンデス、ボニー・ホリデーなど懐かしい名前が上がっていました。現役ではダムコン・スーが4位にランクされており、1位はボブ・バウムハワーという1977〜86年まで在籍した選手となっています。

その中でボウエンスとともに印象に残っているのがガードナーです。ガードナーは1996年ドラフト1巡目(全体20番目)でドルフィンズに入団しました。

1996年といえばジミー・ジョンソンがヘッドコーチに就任して最初のドラフトでした。その年のドラフトでは3巡目でRBカリム・アブドル-ジャバー、4巡目でFBスタンリー・プリチェット、5巡目でLBザック・トーマス、6巡目でSショーン・ウッデンなど新人の年から先発として起用された選手が数多くいて、ガードナーもそのうちのひとりでした。

1年目の途中から先発DTとなったガードナーは16試合すべてに出場しています。それから1999年まで全試合に出場しているんですが、最初の3年間では計3.5QBサックしか記録することができませんでした。しかし1999〜2001年までの3年間では34試合で計11.5QBサックを記録しています。

しかし2001年には背中の怪我のために半分の8試合にしか出場できず、そのためにシーズンオフにはドルフィンズを追われ、2002年にはワシントンレッドスキンズに移籍しています。レッドスキンズでは15試合に先発出場して4.0QBサックを記録したんですが、翌年デンバーブロンコスに移籍したものの、わずか5試合にしか出場できずその年を最後にNFLから引退しています。

198cmという大型DTで威圧感は十分だったんですが、プロボウルレベルではありませんでした。しかし背中の怪我がなければもう少しドルフィンズで活躍してくれていたと思います。あのジョンソンが1巡目に指名したほどの選手ですから、素質は十分にあったんでしょう。

いつだったかよく覚えていませんが、ボディビルのコンテストに出場していた時の写真がウェブで公開されており、懐かしく見た記憶があります。

現在はどうしているのかわかりませんが、ウィキペディアを見ると2011年にガールフレンドへのドメスティック・バイオレンスで逮捕されたという残念なニュースも掲載されていました。



スタークス、ドルフィンズと再契約

DTランディ・スタークスがドルフィンズと再契約しました。スタークスについては再契約のオファーをせず放出確実と報じられていたので、てっきりどこか他のチームと契約するものと思っていました。しかしドルフィンズに戻ってきてくれて非常に心強いです。

契約内容は2年間で総額1200万ドル(約12億3000万円)ということで、元同僚のポール・ソリアイがアトランタファルコンズと5年契約したことに比べると、スタークス自身にとっては物足りない内容でしょうが、戻ってこられてよかったというようなコメントも出しているようですし、活躍してくれると信じています。

それに、ソリアイとスタークスが抜けてアール・ミッチェルとジャレッド・オドリックが先発DTになると考えるとかなり見劣りすると思っていましたが、スタークスが残ってくれたおかげで、ミッチェルとオドリックでローテーションするDTは期待が持てます。これでもうDTの補強はしなくていいわけですし。

その他の情報としては、セントルイスラムズのOGシェリー・スミスという選手が今週ドルフィンズとの面談を予定しているようです。ただし、スミスは現在ニューイングランドペイトリオッツと面談しているようですので、もしかしたらマイアミには来ないかもしれません。

スミスは2010年ドラフト6巡目指名でヒューストンテキサンズに入団しましたが、テキサンズでは目が出ず、2012年ラムズと契約してNFLデビューを飾った選手です。昨シーズンは主に控えで14試合に出場しています。


 

FA解禁初日の動き

FA解禁と同時に、予定通りLTブランデン・アルバートのドルフィンズ入りが報道されました。正式発表は明日ですが、契約内容は5年間で総額4600万ドル(約47億4000万円)ということで、かなりの高額契約となりました。

ちなみにドルフィンズが興味を持っていると報じられていたFAのLTの選手については、本日すべて契約完了の報道がされています。ユージン・モンローがボルチモアレイブンズと再契約、ジャレッド・ベルディアがアリゾナカージナルスと契約、ロジャー・サフォルドがオークランドレイダースと契約しています。

この中で注目すべきはモンローの契約内容ですが、FA解禁前は年平均1000万ドルを要求しておりレイブンズ残留は難しいという話だったんですが、蓋を開けてみると年平均750万ドルの5年契約でまとまっています。総額にすると3750万ドル(約38億6300万円)ということで、アルバートよりかなり低額となっています。

これにはいろいろな理由があるでしょうが、仮にドルフィンズがモンローと交渉していたらもっと高額な契約金を要求されていたと思います。モンロー自身がレイブンズに残りたいということもあったでしょうし、ドルフィンズは実力のあるLTの選手を獲得することが必須だったので、アルバートとの交渉においても足下を見られ、かなり高額な契約内容での交渉になったことが予想されます。ドルフィンズは背に腹はかえられないので相手の提示条件をのまざるを得ないところもあったでしょう。まあ、アルバートが金額に見合った活躍をしてくれれば問題はないのですが。

そしてこの日もう1人FA選手の獲得がありました。ヒューストンテキサンズからFAとなったDTアール・ミッチェルで、こちらも正式発表はまだですが、契約内容は4年間で総額1600万ドル(約16億5000万円)ということです。

ミッチェルという選手はよく知らなかったんですが、2010年ドラフト3巡目指名でテキサンズに入団しています。昨シーズンから先発DTに定着し、14試合の先発を含む16試合すべてに出場、48タックル、1.5QBサックという成績を残しています。26歳と若く金銭的にも低めなので契約としてはいいと思いますが、今後どこまで伸びるのかが問題ですね。

FAとなった先発DTポール・ソリアイがアトランタファルコンズと5年間総額3300万ドル(約34億円)という大型契約を交わしました。そのソリアイの代わりがミッチェルということになりますが、年齢的に若いとはいえソリアイに比べて力は落ちるかもしれません。それにしてもソリアイの契約内容には驚かされました。

さらにもう1つ、この日大きなニュースがありました。OTジョナサン・マーチンがサンフランシスコ49ersにトレードされたということです。マーチンの移籍先はインディアナポリスコルツか49ersしかないと思っていましたが、結局49ersに決まったようです。ドルフィンズが受ける見返りとしては、ドラフト7巡目指名権だろうということですが、これは今シーズンの開幕時にマーチンがロースターに残っていたらという条件付だそうです。

おそらくマーチンが開幕ロースターから外れることはないと思いますが、ドラフト2巡目指名で獲得した先発選手にしてはあまりにも条件の悪いトレードで、ほとんど解雇同然だと思いました。まあ、それだけマーチンの価値が下がっているということなんでしょうけどね。トレードが成立しただけでもよしとしなければいけないでしょう。

初日の動きとしてはそれぐらいですが、まだ補強ポイントはたくさんあるので今後も何人かの選手の獲得はあるでしょう。差し当たってオフェンシブラインの選手がもう1人は必ずほしいところです。

 

モンロー? アルバート? 注目のFA解禁間近

現地時間火曜日のFA契約解禁を間近に控え、今日からFA選手との事前交渉が行えるようになっています。水面下ではいろいろな駆け引きが行われていることと思いますが、その状況は全くわかりません。

ドルフィンズの最重点課題はOTの選手の獲得です。当初はボルチモアレイブンズからFAとなっているLTユージン・モンローが第1ターゲットでしたが、ここにきて状況が少し変わってきたようです。

モンローについてはレイブンズも再契約を望んでいますが、モンロー側は年平均1000万ドル級の複数年契約を望んでおり、レイブンズ側としてはそこまでの出費はできないということで、契約交渉は難航しているようです。

ドルフィンズもモンローには大きな興味を持っているんですが、補強ポイントが多くあることもあり、レイブンズ同様大きな出費は避けたいところで、モンロー獲得は難しいのではないかという懸念を持っているようです。

そこでドルフィンズがモンローに代わる第1ターゲットとして考えているのがカンサスシティチーフスからFAとなっているLTブランデン・アルバートです。アルバートについてはモンローよりも年齢が高く、安価での契約が望める可能性があります。

また、昨年HCジョー・フィルビンがトレードでの獲得を希望していたという事実もありますし、今年に入って元チーフスのオフェンシブコーディネーターだったジャック・ビックネル Jr.をアシスタントオフェンシブコーディネーターとして招聘したことも、アルバート獲得への呼び水になっています。

もちろん、アルバートはどのチームと契約してもいいわけで、ドルフィンズの他にもアリゾナカージナルスが興味を持っていますので、カージナルスに奪われる可能性もあります。仮にアルバート獲得が叶わなかった時には、オークランドレイダースのLTジャレッド・ベルディア、またはシンシナティベンガルズのLTアンソニー・コリンズが次のターゲットであろうと見られています。

そしてドルフィンズは、その他のオフェンシブラインの選手として、セントルイスラムズのロジャー・サフォルド獲得にも興味を持っているようです。サフォルドはOT、OG両方をこなせる選手ですが、ドルフィンズの目論見としてはアルバートとサフォルドの両方を獲得して、サフォルドにはOGを任せる公算だということです。

他方、もう1つの大きなポイントであるDTの選手、ポール・ソリアイとランディ・スタークスですが、この2人はどうやらドルフィンズとの再契約の可能性は低いようです。ドルフィンズはどちらの選手にも再契約のオファーは出していないようで、より安く若い選手の獲得を考えています。

候補として名前が報じられているのはダラスカウボーイズのジェイソン・ハッチャー、シカゴベアーズのヘンリー・メルトン、グリーンベイパッカーズのB.J.ラジ、そしてサンディエゴチャージャースのカム・トーマスあたりです。

昨年はFA契約解禁と同時にWRマイク・ウォレス、LBダネル・エラビーとフィリップ・ウィーラーとの大型契約を立て続けに発表したドルフィンズですが、今年の最初のFA獲得選手は誰になるでしょうか。 


 

フリーエージェント

およそ1ヶ月後の3月11日(日本時間3月12日)にはNFLの2014年シーズンがスタートし、他チームのフリーエージェント選手との契約交渉が解禁となります。今年のドルフィンズはチーム内に多くのフリーエージェント選手を抱えています。

フリーエージェントには無制限フリーエージェントと制限付きフリーエージェントがあります。無制限FAは契約期間が満了したり、解雇されるなどでどこのチームにも所属していない選手です。一方制限付きFAはチームには所属しているが、どこのチームからもオファーを受けることができる選手ですが、所属チームが同等以上の条件で引き留めを行ったり、その選手を手放す代わりにドラフト指名権を補償してもらうことができるなどのルールがあります。

ドルフィンズには無制限、制限付きFAの選手が20人います。一般的にフリーエージェントというと、無制限フリーエージェントのことを指しますが、その無制限FAには多くの先発選手が含まれています。

OTタイソン・クレイボ、ブライアント・マッキニー
OGジョン・ジェリー、リッチー・インコグニト
TEダスティン・ケラー
CBブレント・グライムス、ノーラン・キャロル
DTポール・ソリアイ、ランディ・スタークス
Sクリス・クレモンズ

これらの選手はいずれも先発経験のある無制限FA選手ですが、その他にもLBオースチン・スピットラーやWRマーロン・ムーアなど地味ながら控えやスペシャルチームとして貴重な選手も含まれています。

もちろんこれらの選手全員との再契約はできないわけで、優先順位をつけていかなければいけません。さらに、当然他チームのFA選手の獲得も考えられますし、難しい決断を迫られるなど、新しくGMに就任したデニス・ヒッキーには大きな仕事が待っています。



livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ