Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

マイク・ギリスリー

Dolphins Daily News 5.4

NFL選手会が昨年の選手のジャージなどのグッズの売上のランキングを発表しています。それによると、ドルフィンズから上位50人にランクされたのはWRジャービス・ランドリーただひとりで、順位は42位でした。

https://www.nflpa.com/players/top-50-player-sales-list-fy17-annual

昨シーズンのドルフィンズはシーズン前の予想を覆して10勝6敗という好成績をあげて2008年シーズン以来のプレーオフに進出しましたが、その躍進も選手のグッズの売り上げには結びついていません。予期せぬ大ブレークをしたRBジェイ・アジャイのグッズがどのぐらいの売上だったのか興味があるところでありますが、それはわかりません。

上位50人の顔ぶれを見ると、RBエゼキール・エリオットが1位、QBダック・プレスコットが2位、WRデズ・ブライアントが4位とダラスカウボーイズの選手が上位4位までに3人ランクされています。昨年のカウボーイズはは無名の新人プレスコットが先発QBとして大成功を収め、同じく新人のエリオットも活躍し、その若手2人がチームに勢いをもたらした恰好で素晴らしい躍進を遂げました。グッズの売上もそれに比例して多かったものと思われます。

あとはニューイングランドペイトリオッツのQBトム・ブレイディは貫禄の3位で、それも含めてQBが50人中19人を占めています。やはりQBは人気のある選手が集中しますが、ここにライアン・タネヒルが加わってくれたらと思うのですが、まだまだですかね。


これまで再三に渡ってお伝えしていますが、制限付きFAのRBダミアン・ウイリアムスがいまだにドルフィンズが提示したオファーにサインしていません。

ウイリアムスは最終的にはドルフィンズのオファーにサインするでしょうが、この状態が長く続くことはあまり意味がありません。なぜならば、ウイリアムスがNFLでプレーするためにはドルフィンズのオファーにサインするしかなく、もしそれをしなければプレーすることができないからです。

ドルフィンズの提示している条件では、ウイリアムスは今シーズンは180万ドルのサラリーとなっています。昨シーズンが60万ドルでしたので3倍になるということですが、ウイリアムスはおそらくそれでは満足していないということでしょう。

ウイリアムスはペイトリオッツと面談しましたが契約には至りませんでした。ペイトリオッツはウイリアムスの後にバッファロービルズで制限付きFAとなっていたRBマイク・ギリスリーと面談し、その結果ギリスリーに2年間総額640万ドルのオファーを出しました。それに対してビルズが同等の条件を提示しなかったため、ギリスリーはペイトリオッツと契約することになりました。

ウイリアムスにとってはこのギリスリーの契約も面白くないでしょうね。ペイトリオッツが自分よりギリスリーを選んだこと、そしてサラリーがギリスリーの方が高額だということです。これらのこともウイリアムスがドルフィンズとの契約を保留している要因だと思われます。

しかし前述のように、ウイリアムスはドルフィンズと契約するしか選択の余地はなく、ドルフィンズがこれ以上の好条件を出すこともありませんから、ここは素直にサインして、そして今シーズンまたいい成績を残して新しい契約を勝ち取るようにすべきだと思います。とにかく、この問題は1日も早く決着を着けてもらいたいですね。




Dolphins Daily News 4.2

昨日、DEディオン・ジョーダンが解雇されたわけですが、これで2013年のドラフト組がすべてドルフィンズからいなくなったことになります。

その年にドラフトされた選手全員の状況をまとめてみると次のようになります。

1巡目:ジョーダン(2017年解雇)
2巡目:CBジャマー・テイラー(2016年ブラウンズにトレード)
3巡目:OGダラス・トーマス(2016年解雇)
3巡目:CBウィル・デービス(2015年レイブンズにトレード)
4巡目:LBジェラニー・ジェンキンス(2017年FAでレイダースへ)
4巡目:TEディオン・シムズ(2017年FAでベアーズへ)
5巡目:RBマイク・ギリスリー(2015年解雇)
5巡目:Kカレブ・スタージス(2015年解雇)
7巡目:Sドン・ジョーンズ(2014年解雇)

この中で現在NFLのチームに所属していないのはジョーダンとデービスだけのようで、あとの選手はどこかのチームに拾われて、今現在もロースターに登録されているようです。

2013年といえばほんの4年前のことで、その時に合計9人の選手を指名しながら、それらの選手がほとんど役に立たなかったというのですから、チームが強くなっていかないわけですね。


昨日ドルフィンズと契約したS T.J.マクドナルドですが、昨年プレー内容が大きく向上したということです。Pro Football Focusによると、マクドナルドに対した相手QBのレイティングは68.8だったそうです。それまでの3年間ではQBレイティングが121.6だったのと比べて半分近くに向上しています。

ドルフィンズがマクドナルドを獲得したのはそのあたりの数字も考慮していたんでしょうね。シーズンの半分を欠場することが決定しているんですが、はたして復帰後のマクドナルドがどんなプレーを見せてくれるのか大いに注目されます。


Palm Beach Postのジョー・スカッド氏によると、LBザック・ブラウンとドルフィンズの契約はやはり難しいようですね。

https://twitter.com/schadjoe/status/847910312770551809





Week 7 対ビルズ戦 プレビュー

先週ピッツバーグスティーラーズに快勝したドルフィンズですが、その勢いをこのバッファロービルズ戦にもつなげて連勝したいところです。しかしビルズは現在4連勝と絶好調と言ってもいいチーム状態です。

加えてドルフィンズはビルズを苦手としており、過去3年間では6試合中5敗、しかもそのうちの4敗はいずれも16点以上差をつけられての一方的な敗戦でした。

ちなみにビルズの4連勝は2008年以来のことで、もしこの試合にも勝って5連勝ということになると2004年以来12年ぶりのこととなります。ドルフィンズはなんとしてもこの試合でビルズの連勝を止め、それとともにビルズに対する苦手意識を払拭したいとろこです。

ビルズの強みはNFL1位のランオフェンスです。特に第2週の対ニューヨークジェッツ戦後にOCグレッグ・ローマンを解任していますが、その後4連勝中のランオフェンスは1試合平均211.8ヤードと驚異的です。先週の対サンフランシスコ49ers戦では312ヤードのラッシングを記録しています。

そのランオフェンスの中核をなしているのがプロボウルRBルショーン・マッコイで、これまでNFL2位の597ヤードラッシング、同1位の平均5.6ヤードラッシングを記録しています。しかしそのマッコイは今週の練習中にハムストリングを痛めており、この試合への出場は微妙となっています。

マッコイが出場できなければかつてドルフィンズに在籍していたRBマイク・ギリスリーが先発することになります。ギリスリーはラッシングヤード数は117ヤードと少ないのですが、平均6.9ヤードのラッシングを記録しています。またギリスリー以上に走っているのがQBタイロッド・テイラーで236ラッシングヤード(平均6.9ヤード)といずれも侮れません。

ドルフィンズはランディフェンスがNFL31位の一試合平均147.0ヤード喪失となっており、このビルズのランオフェンスにはかなり苦戦することが予想されます。先週のスティーラーズ戦ではややランディフェンスに向上が見られたかと思われますが、同時にその試合ではランディフェンスの要となっていたSレシャッド・ジョーンズを怪我で失っています。ドルフィンズがビルズのランオフェンスを抑えられるかがこの試合の鍵と言えます。

一方ランオフェンスが鍵となるのはドルフィンズも同じです。スティーラーズ戦での勝利の原動力となったのはランオフェンスで、RBジェイ・アジャイは204ヤードを走って第6週のAFC週間最優秀攻撃選手に選出されるほどの活躍を見せました。このアジャイのランプレーがこのビルズ戦でも出せればドルフィンズが勝利する可能性はずっと高まります。

またアジャイのランプレーの影にはオフェンシブラインの安定したプレーがありました。ドルフィンズはスティーラーズ戦で今シーズン初めてオフェンシブラインの先発選手5人が揃いました。そのオフェンシブラインはランプレーだけでなく、パスプレーにおいても安定しており、QBライアン・タネヒルはインターセプトなどのターンオーバーを犯さず、QBサックもまったく受けませんでした。

オフェンシブラインの安定したプレーがこの試合でも続くならばタネヒルのパスプレーもより安定感が高まりますが、ビルズディフェンスのパスラッシュは厳しく、今シーズン6試合ですでに20QBサックを記録しています。その結果ビルズはこれまで相手チームのTDパスをわずか3つしか許しておらず、これはNFLで最少の記録です。ビルズの多彩なブリッツを防ぎきることはほぼ不可能だと思われますので、ドルフィンズとしてはランプレーを主体にオフェンスを展開する必要があるでしょう。

ドルフィンズが勝つためにはランプレーを数多く出してなるべくボールをキープし、先に得点を取ってビルズに得意のランプレーを出しにくくさせることが必要です。ビルズのパスオフェンスはNFL31位となっています。ただし、注意しなければいけないのはビルズはランオフェンスが強いのでそれほどパスを投げる必要がないということです。

その証拠に、ビルズのパスオフェンスは31位なんですが、TDパスはこれまで8つ記録しており、インターセプトはわずか2つしか犯していません。したがって数字だけでは判断できない部分があり、ドルフィンズのディフェンスは決してビルズのパスオフェンスを舐めてかかってはいけないということです。

この試合はドルフィンズにとって勝つのと負けるのとでは大きな違いがあります。勝てば3勝4敗、負ければ2勝5敗で数字的にも大きな差がありますし、もし負ければチームがまた沈滞ムードに落ち込んでしまう可能性があります。それだけに絶対に落とせない試合、また同地区のライバルでもあり苦手意識のあるチームですから絶対に負けたくない相手と言えます。

戦前の予想ではビルズが有利となっていますが、ドルフィンズのホームゲームでもありますしどんな形でもいいから勝利してもらいたいと思います。先週の試合で見せたようなチーム一丸となったような雰囲気で試合が進められれば、ビルズを打ち負かすことができると思っています。



 

Preseason Game 対バッカニアーズ戦

プレシーズンゲームの最終戦、対タンパベイバッカニアーズ戦ですが、最終ロースターへの生き残りをかけた最後の実戦の場ということで、いわゆる当落線上にいる選手にとっては大切な試合でした。結果は反則を含めたミスの連発でドルフィンズが敗れましたが、現時点ですでに最終ロースターが決定していますので、その部分も含めて振り返ってみたいと思います。

まず2人のQB、マクラウド・ベセル-トンプソンとジョシュ・フリーマンにはがっかりさせられました。周りが控え選手ばかりだったのでその部分は割り引いて考えなければいけませんが、それにしても不甲斐ない内容だったと思います。それぞれ2つずつのインターセプトを犯していますが、特にフリーマンの2つは逆転がかかった攻撃でのベテランらしからぬものでした。

今シーズンは第2QBのマット・ムーアがプレシーズンゲームでは調子が悪かっただけに、ここでいい活躍を見せればあるいは第2QBの座を勝ち取れる可能性もあったと思います。それにもかかわらず、結局4試合のプレシーズンゲームでは2人ともほとんどいいところがありませんでした。結果として2人とも解雇されていますが、当然でしょうね。

そしてこの試合で大きな話題といえば、ドラフト1巡目指名WRデバンテ・パーカーがNFLデビューしたことです。パーカーへのパスは3回投じられて、そのうち1回成功しており11ヤードを獲得しています。ゲームプランとしてパーカーにパスを取らせることは最優先事項だったのでしょう。

RBのポジションでは確定していなかった2つの枠をラマイケル・ジェームス、マイク・ギリスリー、ジェイ・アジャイの3人が争っていました。最も目立ったのはギリスリーで、17キャリーで69ヤード獲得、2TDランで生き残りをアピールしました。アジャイも9キャリーで66ヤード獲得といい数字を残したんですが、怪我をしたようです。そしてジェームスは最初のパントリターン時にファンブルしてしまって印象はよくなかったです。

結果としてはギリスリーが解雇されたんですが、アジャイの怪我がどの程度なのかが心配されます。怪我の回復具合によっては今後ギリスリーがロースターに入ってくることもあるかもしれません。アジャイはこの試合で非常によかったので楽しみなのですが、パスブロックに難があるという話もありますし、これからの成長を期待したいです。

そしてWRではマット・ヘイゼルが最終ロースターに残りました。この試合でも7回のパスレシーブで96ヤード獲得といいプレーを見せてくれました。ただし現時点では6番目のWRということで、実際に試合でどの程度プレーできるのかが問題ですが。

こちらも注目のキッカーですが、この試合ではアンドリュー・フランクスしか出場しませんでした。結果的にフランクスが残ってカレブ・スタージスが解雇されたんですが、これによってキッカーとパンターがいずれもドラフト外の新人選手ということになりました。この試合では長い距離のFGが見れなくて残念だったんですが、フランクスはキック力が評価れているということで距離は問題ないでしょう。課題はキックの正確性でしょうが、その部分では非常に心配です。

あとこの試合ではCBウィル・デービスがインターセプトを2つ記録しています。デービスについてはこの試合の前に、チームがトレード先を探しているというような報道がされていましたので、本人も内心穏やかではなかったでしょう。この試合での活躍によりとりあえずは放出されるようなことはないでしょうが、今後もより気持ちを引き締めてプレーしてもらいたいと思います。ちなみにデービスがインターセプトを記録した直後、CBブレント・グライムスをはじめとした主力選手がデービスを祝福している姿が印象に残りました。

その他、ドラフト外新人のLB4人のうちザック・ビジルとネビル・ヒューイットが最終ロースターに残っています。マイク・ハルとジェフ・ラックは解雇されたわけですが、ビジルは当然としてヒューイットは意外でした。その他のLBではジョーダン・トリップが解雇されてスペンサー・ペイシンガーが残っています。ペイシンガーはスペシャルチームの選手として評価が高かったようです。 

最終ロースターが決定しましたが、開幕までにはまだ数日あります。例年通り今後も多少の選手の入れ替えがあると思うので、特に若い選手についてはロースターに残ったとはいえ、まだまだ安心はできないでしょうね。



 

ドルフィンズ、RBモレノと契約

ドルフィンズはRBノーション・モレノと契約合意しました。契約内容は1年間で300万ドル(約3億600万円)ということです。

モレノについては先週末ドルフィンズと面談したんですが、その時は契約せずにマイアミを去っています。てっきり交渉は決裂したと思っていたんですが、今週に入ってまだ交渉は継続しているというニュースを見ました。

結局のところ、モレノ自身も他のチームのどこからも声もかからないし、唯一興味を持ってくれたドルフィンズに歩み寄ったということなのでしょうか。

ドルフィンズにとっては比較的リスクの少ない契約内容だと思います。これでモレノはRBラマー・ミラーと先発の座を争うということになり、さらにRBダニエル・トーマスの去就がこれで微妙になってきます。

もともとトーマスはミラーよりパスプロテクションが上手いということで起用されていたところがあるんですが、今回パスプロテクションに定評のあるモレノが加入したことにより、トーマスはトレードされるか、あるいは解雇される可能性も出てきたんじゃないでしょうか。

しかし、モレノとミラーどちらが先発の座をつかむのかは全くわかりません。あるいは2年目のRBマイク・ギリスリーが台頭してくるのか、ドラフト下位でRBを指名してくる可能性もあり、今シーズン開幕時に誰がエースRBとなっているのかわかりません。


ところで別な話題なのですが、OTブライアント・マッキニーをトレードで獲得したことの代償が今年のドラフト7巡目指名権だと思っていたんですが、実は来年の7巡目指名権となったようです。これでドルフィンズの今年のドラフト指名権は7つのままとなりました。

だからというわけではないんですが、フィラデルフィアイーグルスでトレード要員となっているプロボウルOGエバン・マシス獲得を狙っているか、という記事がありました。

ただし、マシスは現在32歳で今年の11月には33歳になります。同じく32歳のカロライナパンサーズからFAとなっているOGトラベル・ウォートンという選手にに全く興味を示さなかったドルフィンズが、代償を払ってマシス獲得に動くとは思えません。マシスが解雇されれば検討の余地はあるんでしょうが。



 
livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ