Dol-fan Blog

Miami Dolphins を心から愛する人のためのページです。

マイク・ハル

Dolphins Daily News 5.1

NFLドラフトが終了して、様々なメディアで各チームのドラフトの結果を評価しています。ドルフィンズについて見ると、AからCまで評価はばらついており、どれが信頼できるのかまったくわかりません。まあ、ドラフト自体がギャンブルのようなものですから、1年経ってみないと本当の評価はわかりませんね。

そんな中で、ESPNのアナリストであるメル・キッパー氏がドルフィンズのドラフトについて言及しています。それによると、ドルフィンズは2巡目指名でオハイオ州立大学のLBレークワン・マクミランを指名しましたが、キッパーはマクミランではなくてバンダービルト大学のLBザック・カニンガムを指名すべきだったと言っています。

その理由として、マクミランはパスカバーにおいてカニンガムより劣ることをあげています。また別な見方では、マクミランはミドルLBとしてプレーしていたので、アウトサイドLBを必要としているドルフィンズにはカニンガムの方がよかったというものもあります。ちなみに、カニンガムはドルフィンズがマクミランを指名した後の3番目にヒューストンテキサンズに指名されています。

これについてもいろいろな考え方があると思いますが、前述のようにどっちが正解だったかというのは今の時点では結論が出ないでしょう。ただし、ドルフィンズがマクミランをミドルで育てるのかアウトサイドで育てるのかというのは興味深いところで、注目したいですね。

ドラフト2巡目で指名したんですから当然即戦力として期待してのことでしょう。となれば、ベテランLBコア・ミーシーと競わせてアウトサイドLBとして育てるというのが普通に考えられますが、果たしてどうでしょうか。


正式発表はまだですが、ドラフトされなかった選手14人との契約を行ったようです。ドラフト外入団の選手はなかなか53人のロースターに残るのが難しいのですが、近年のドルフィンズではドラフト外入団でロースター入りする選手が目立っています。LBのネビル・ヒューイットやマイク・ハル、Kアンドリュー・フランクス、Pマット・ダー、そしてRBダミアン・ウイリアムスなどがいます。

そのウイリアムスについてですが、制限付きFAだったんですが、いまだにドルフィンズからのオファーにサインしていないようです。ウイリアムス自身は複数年契約を望んでいたようですが、今となっては、もしウイリアムスがプレーしたければドルフィンズからの1年180万ドルというオファーにサインせざるを得ません。最終的にはいつかの段階でサインするでしょうが、ちょっと気になるところではあります。

昨シーズンのウイリアムスはHCアダム・ゲイスのオフェンスで重要な役割を果たしてきました。RBとして、あるいは3rdダウン時のレシーバーとして貴重な働きをし、ランとパスレシーブで計6つのTDをあげ、スクリメージから計364ヤードを稼いでいます。




3人目の先発ラインバッカーは?

先発LBのアップグレードが必要だったドルフィンズは、FAでローレンス・ティモンズを獲得しました。さらに昨年トレードで獲得したキコ・アロンソと2020年までの契約延長を締結しました。これによって、今シーズンの先発LBのうち2人は確定したことになりますが、もうひとりは誰になるのか、まだ確定ていません。

その候補となるのがFAのザック・ブラウンです。ドルフィンズとブラウンは今週初めに面談を行いましたが、その時は契約をしませんでした。その後ブラウンは古巣のバッファロービルズと面談しましたが、こちらとも契約をしていませんが、どうやらビルズに復帰する可能性はなくなったようです。ビルズはドルフィンズ以上にサラリーキャップの余裕がないようなので、ブラウンと再契約するお金がないと思われます。

そうなるとブラウンの落ち着く先はドルフィンズか、それ以前に面談を行っていたオークランドレイダースのどちらかに絞られたと言ってもいいと思います。これは推測なんですが、ブラウン自身はドルフィンズの提示している金銭面などの条件がもっとよければ、というところではないでしょうか。

もしブラウンが獲得できなければ2つ目の選択肢としては先日契約の見直しを行ったコア・ミーシーが務めると思われます。ただ、ミーシーの場合は首の怪我の回復具合が不透明で、なおかつ年齢が30歳なのでそのあたりのリスクがあります。先発LBとして平均的な実力は備えていると思いますが、ディフェンスの向上を期待するには厳しいでしょう。

そして3つ目の選択肢はドラフトで新人選手を獲得することです。今年のドラフトでLBを指名する可能性は高く、予想では1巡目指名でテンプル大学のハッサン・レディック、バンダービルト大学のザック・カニンガム、そしてフロリダ大学のジャラッド・デービスなどの名前があがっています。

この3つの中で現時点で一番可能性が高いのはミーシーです。しかしもしミーシーが使えないとなると若手のネビル・ヒューイットかマイク・ハルに期待するしかないのですが、いずれも先発LBとしては物足りないものがあります。

一番いいのはブラウンが加入してくれて昨年の実績どおりの力を発揮してくれることなんですが、これは本当にどうなるかわかりません。ちなみにブラウンに関しては新人の年に現ドルフィンズのLBコーチであるフランク・ブッシュに指導を受けているということで、その繋がりからもドルフィンズに来てくれる可能性があると思っています。

いずれにせよ、ドラフトもあと1ヶ月後に迫ってきていることもあり、もうそろそろスッキリと決まってくれることを望んでいます。



 

Week 14 対カージナルス戦 プレビュー

先週ボルチモアレイブンズに38-6と大敗を喫したドルフィンズは、今週末ホームでアリゾナカージナルスと対戦します。カージナルスは5勝6敗1引分で、過去6試合を見ても2勝3敗1引分と勝率は芳しくありません。ただし、オフェンス、ディフェンスの成績を見てみると、オフェンス(ラン15位、パス9位)、ディフェンス(ラン11位、パス3位)となっています。

その成績を見る限り、なぜ負け越しているのか不可解なのですが、やはり何か理由があるのだと思います。しかしカージナルスは昨年は13勝3敗という成績を残し、プレーオフではNFC決勝まで行ったチームで、今シーズンは当初はスーパーボウル候補にもあげられていたいような気がしますので、実力は十分あると思われます。

この試合はドルフィンズのディフェンスがカージナルスのオフェンスを抑えられるかが1つのポイントとなります。ドルフィンズのディフィエンスは過去2試合で計971ヤードを相手チームに献上しています。特に先週の対ボルチモアレイブンズ戦ではパスで386ヤード喪失、そして先々週の対サンフランシスコ49ers戦ではランで193ヤード喪失と、ランもパスも抑えられていない状況となっています。

このディフェンスをなんとしても立て直していかないといけないのですが、この試合を迎えるに当たって最大の懸念材料となっているのがLBキコ・アロンソの怪我です。アロンソはレイブンズ戦で親指とハムストリングを痛めており、この試合に出場することはほぼ絶望的となっています。

また同じくLBジェラニー・ジェンキンスも膝の怪我で出場は無理そうです。アロンソとジェンキンスの代わりには、それぞれマイク・ハルとネビル・ヒューイットが務めることになりますが、戦力ダウンは否めません。LB陣が手薄となるとランディフェンスに大きく影響しますし、パスディフェンスでもTE、RBへのパスカバーが厳しくなります。レイブンズ戦ではTEへのパスをカバーできなかったことが敗因の1つともなっています。

カージナルスのオフェンスの中心はRBデビッド・ジョンソンで、今シーズンのジョンソンはすでに1005ヤードを走って11TDランを記録しています。それに加えてパスレシーブでも64回で704ヤードを獲得しており、WR並のヤード数を稼いでいます。アロンソとジェンキンスの先発LB2人が欠場するドルフィンズが、このジョンソンを止めることはかなり厳しいことが予想されます。

そしてカージナルスのもうひとつの武器はWRラリー・フィッツジェラルドです。今シーズンはこれまで88回のパスレシーブで880ヤードを獲得して5TDパスレシーブを記録しています。フィッツジェラルドをカバーするのはニッケルCBのボビー・マッケインが主になるんでしょうが、これも容易なことではないでしょうね。

カージナルスのQBカーソン・パーマーは18TDパスに対して11インターセプト、QBレイティングは85.5でこれはNFL23位の成績となっており、特筆していい成績ではありません。しかし先週の対ワシントンレッドスキンズ戦では300ヤードを投げて3TDパスを記録し、チームの31-23の勝利に貢献しています。 

ドルフィンズとしてはパスラッシュでパーマーにプレッシャーをかけて自由にパスを投げさせないようにすることが勝利につながりますが、先週のレイブンズ戦ではQBジョー・フラッコにプレッシャーを与えられず、1つもQBサックを決められませんでした。この試合でもパーマーにプレッシャーをかけられなければレイブンズ戦の二の舞となる可能性が高くなります。

 他方、ドルフィンズのオフェンスはやはりRBジェイ・アジャイのランプレーが鍵となります。カージナルスのランディフェンスはNFL11位ですが、過去4試合で相手チームに100ヤード以上走られたのは1試合しかありません。アジャイはあと92ヤード走れば1000ヤードラッシャーとなりますが、もしこの試合でそれが達成されるようならば、ドルフィンズが勝利する可能性は高まります。

またQBライアン・タネヒルは先週のレイブンズ戦でパス40回投中29回成功で226ヤードを獲得しましたが、自己ワーストの3インターセプトを犯しています。カージナルスのパスディフェンスはNFL3位と強力で、今シーズンは相手QBに250ヤード以上を許した試合はわずか1試合、ニューイングランドペイトリオッツのQBトム・ブレイディに対した時の257ヤードだけです。

そしてタネヒルを守るパスプロテクションも大切で、カージナルスはLBのチャンドラー・ジョーンズとマーカス・ゴールデンがそれぞれ8.0QBサック、7.0QBサックを記録しており、この2人を中心としたパスラッシュにも注意が必要です。

先週から復帰したLTブランデン・アルバートとLGラレミー・タンシルは怪我で体調が万全ではなく、Cマイク・パウンシーはこの試合も出場できません。オフェンシブラインにも不安を抱えるドルフィンズがカージナルスのパスラッシュからタネヒルを守れるのか、またプレッシャーを軽減するためのランプレーやプレーアクションパスの成否が勝敗に影響すると考えられます。

いろいろな角度から見てもカージナルスの優位は変わらないんですが、ただ1つ、ドルフィンズにとって優位な条件といえばホームゲームであるということです。今シーズンのドルフィンズはホームで5勝1敗、対するカージナルスはアウェイで1勝4敗、さらに東海岸での試合は0勝3敗です。その流れがこの試合でも影響するようならばドルフィンズにも勝機は訪れるでしょう。

ただし、大切なことはやはりカージナルスよりも先に得点を取って試合を優位に進めることだと思います。先週のレイブンズ戦でも序盤の得点チャンスを無駄にしたことが敗戦につながっています。確実に得点してターンオーバーなどのミスを犯さないことが勝利の鍵だと思います。

そして、あとはやはりディフェンスがどこまで踏ん張れるかにかかってくるでしょうね。ジョンソンかフィッツジェラルドのどちらか一方でも抑えることができれば、カージナルスのオフェンス、特にパーマーもリズムを崩すでしょうし、そうすればミスも誘発することができると思います。とにかくディフェンス陣の奮起に期待したいです。



 

災い転じて福となす…?

最新の報道によると、WRリシャード・マシューズが内臓疾患でジェッツ戦の故障者リストに追加されました。出場機会50%を示す Questionable だということです。

その結果ドルフィンズはNo.1、2のWR、ジャービス・ランドリーとマシューズがいずれも Questionable でジェッツ戦に臨むことになります。試合に出場できるかどうかはわかりませんが、仮に出場できたとしても体調万全とはいかないと思います。その場合、ただでさえ低調なパスオフェンスがますます落ち込みそうです。

ただ、そうなるとどうしてもランプレーを増やさざるを得ず、RBラマー・ミラーとジェイ・アジャイは内容がいいだけに、逆にランプレーを増やすことでオフェンスが向上するかもしれません。また新人WRデバンテ・パーカーのプレー機会が増えるでしょうし、その部分も注目されます。災い転じて福となす、となってくれればいいのですが…

その他の話題として、LBマイク・ハルが解雇されています。練習生だったSシャミエル・ゲイリーという選手をロースターに入れたためですが、ハルを解雇したということは怪我を抱えているLB陣、ジェラニー・ジェンキンス、コア・ミーシー、ケルビン・シェパードの状態は悪くないということでしょうね。





Week 10 対イーグルス戦

ドルフィンズが最初の攻撃で3点を先制したのはよかったのですが、その直後にあっさり逆転され、さらに3試合連続のセーフティなどで連続16失点した時は、一体この試合で何点取られて負けるんだろうと嫌な気分になりましたが、終わってみればそれ以降は第4Qの3失点のみで、20-19でドルフィンズが逆転勝利しました。

最初の16得点でイーグルスの方が気を抜いてしまったのかと思うような結果だったのですが、実際にイーグルス側にしてみればいつでも得点が取れるみたいな気の緩みとか、ドルフィンズを甘く見たようなところはあったと思います。

勝負の分かれ目は第2QにイーグルスKカレブ・スタージスが32ヤードFGを失敗したこと、そして次の攻撃のパントキックをブロックされたことだったでしょうか、いずれもその直後にドルフィンズが得点していますので、そこでドルフィンズ側に試合の流れが移ったと言えるでしょう。

それとこれは試合を見ていて感じたことですが、第1Qに一気に16失点して、普通ならまたダメかと思ってしまうところでしょうが、それでもドルフィンズの選手、特にディフェンスの選手は精一杯プレーしていたように見えました。このある意味ひた向きなプレーを続けたことが勝利を呼び込んだのではないかと思います。

あとイーグルスのランオフェンスを止められるかというのが課題だったのですが、36キャリーで83ヤード(平均2.3ヤード)獲得に抑えました。これもドルフィンズにとっては勝因となったのではないでしょうか。正直言ってイーグルスにランプレーで攻められ続けるのは怖かったですから。

それとディフェンスに関してですが、この試合ではプロボウルCBブレント・グライムスが内臓疾患で出場していませんでした。まずこれで戦力ダウンは否めなかったばかりか、試合前半にLBジェラニー・ジェンキンス、CBブライス・マッケインを相次いで怪我で欠いてました。

しかしそれにもかかわらず後半イーグルスのオフェンスをわずか3失点に抑えたのは控え選手の活躍にあったと思います。特に新人LBのネビル・ヒューイットとザック・ビジル、そしてこの試合がNFLデビューとなったLBマイク・ハル、さらにはCBトニー・リペットもよく守っていたと思います。

加えて2年目のLBクリス・マッケインはQBサックを決めてイーグルスQBサム・ブラッドフォードを欠場に追い込みました。またビジルに関しては前述のパントブロックを決めて試合の流れをドルフィンズ側に呼び込んだ殊勲者でした。

オフェンスでも新人RBジェイ・アジャイが6キャリーで48ヤード(平均8.0ヤード)獲得と活躍しています。アジャイは今後もっとプレー回数を増やしてもらいたい選手で、成長が楽しみになってきました。

第4QにQBライアン・タネヒルからWRジャービス・ランドリーへのTDパスで逆転したわけですが、このパスはディフェンスに弾かれていて、本当に結果オーライの逆転TDでした。したがって決してきれいな逆転劇ではなかったのですが、今のドルフィンズには第4Qの逆転勝利という結果が非常に大きいことだと思います。しかも敵地での試合ですからなおさらです。

そしてこの試合の最高の殊勲者と言ってもいいでしょう、Sレシャッド・ジョーンズです。あのインターセプトは本当に値千金で価値あるものでした。ジョーンズに関しては今年はプロボウラーになるかと言われているんですが、この試合での活躍はそれを確実なものにしたような気がします。

それからDTダムコン・スーの活躍も光りました。8タックル、1QBサック、そして3ロスタックルと存在感を見せつけています。シーズン開始当初は期待外れの烙印を押されていましたが、シーズンが進むにつれて徐々に実力を発揮してきました。この調子でドルフィンズのディフェンシブラインの要としてのさらなる活躍を期待したいと思います。

総獲得ヤード数で289対436、1stダウン更新数で15対29とドルフィンズはイーグルスより劣っており、負けていてもおかしくない試合でした。しかし結果的にはドルフィンズが勝ちましたが、相手のミスに助けられた部分もありましたし、決してすっきりとした勝ち方ではなかったのかもしれません。

しかし、現状では勝利したということに大きな意味があるし、価値あることだと思います。連敗して失いかけていた自信をまた取り戻したような気がしますので、今後も期待して見ていきたいです。いいプレー、いい試合を重ねていけば結果はおのずと出てくるものだと思います。 



 
livedoor プロフィール
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ