マイケル・トーマス

January 10, 2017

Dolphins Daily News 1.10

ドルフィンズはディビジョナルプレーオフでピッツバーグスティーラーズに敗れて2016年シーズンが終了しましたが、それに伴って4月に開催されるNFLドラフトの指名順が全体の22番目となるようです。ちょっと気の早い話ですが、今から楽しみです。

ドルフィンズが1巡目で誰を指名することになるのか気になるところですが、補強ポイントとしてはまずLB、そしてDE、OL、TEといったところが考えられますが、なかでもLBのポジションは少なくとの2人の即戦力が必要で、1巡目で適切な選手を指名したいところです。


ドラフトの前にはFAがありますが、早くもFAの話題も伝えられています。今年のドルフィンズのFA選手は次のとおりです。

TEジョーダン・キャメロン、DEディオン・ジョーダン、DEアンドレ・ブランチ、OGジャーモン・ブッシュロッド、LSジョン・デニー、LBスペンサー・ペイシンガー、LBドナルド・バトラー、QB T.J.イェイツ、Sマイケル・トーマス、TEドミニク・ジョーンズ、Sバカリ・ランボ、LBジェラニー・ジェンキンス、TEディオン・シムズ、WRケニー・スティルス

これらの選手の中で、ブランチ、トーマス、スティルスあたりは残留を希望しているようですが、サラリーキャップの問題もありどうなるかわかりません。この3人に加えてシムズにも残ってもらいたいんですが、FA以外にSレシャッド・ジョーンズとWRジャービス・ランドリーの契約延長の話も出てくると思いますので、そうなるとFA交渉が一層難しくなりそうです。


去就が注目されているDCバンス・ジョセフですが、現地時間1月10日(日本時間11日)にデンバーブロンコスとヘッドコーチ就任について面談を行うようです。ブロンコスは2年前にもジョセフにヘッドコーチ就任について打診しており、今回も最有力候補としているようです。ということは、明日にでもジョセフのヘッドコーチ就任が発表されるかもしれません。

今シーズンのドルフィンズのディフェンスは喪失ヤード数でチーム史上ワーストを記録したんですが、その割には失点はそれほど多くなかったです。またシーズン終盤までは3rdダウン時のディフェンスでNFLトップだったという実績もあります。そのあたりはジョセフの手腕であったと言ってもいいと思います。

特に今シーズンはディフェンスの先発選手に数多くの怪我人が出ましたが、その中でプレーオフに進出できたチームのディフェンスを構築したジョセフの功績は評価に値するものです。できればドルフィンズに残留してもらいたいんですが、こればかりはわかりません。ジョセフが行くといったらドルフィンズは引き留められないでしょうね。

仮にジョセフが去ってしまうとドルフィンズは新しいディフェンシブコーディネーターを就任させなければいけません。外部から誰かを招聘するか、あるいは内部昇格という可能性もあります。もし内部昇格ならば、現在LBコーチを務めているマット・バークが有力のようですが、果たしてどうなるのか注目されます。



 

dolphin_one at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

January 09, 2017

Wild Card Playoff 対スティーラーズ戦

ドルフィンズの2008年シーズン以来のプレーオフ進出ということで盛り上がりましたが、この初戦の対ピッツバーグスティーラーズ戦はやはり大方の予想通りの結果となりました。大変残念なんですが、振り返って見れば、圧倒的に実力の差があったかと言えばそうでもない気がしました。

敗因は細かいことを言うといろいろとあるんでしょうが、やはり怪我人が多かったですね。特にディフェンスは厳しかったと思います。ベストメンバーで戦っていたらどうだったかというのが見たかったんですが、それを言っても仕方がないところです。

試合展開から見ると、前半終了間際からの3連続ターンオーバーが痛かったです。結果的にはそのターンオーバーから第3Qに10点取られたわけで、得点差的にはそれがかなり重かったです。

ただ、それより問題なのは前半の20失点だったと思います。敵地でのプレーオフ初戦、しかも戦前から不利だと予想されている状況で相手に先に得点を取られるというのは非常に厳しいです。しかも得点の取られ方がスティーラーズのオフェンスの中心3人、QBベン・ロスリスバーガー、RBレベオン・ベル、WRアントニオ・ブラウンが揃って活躍しての得点ですから、スタジアムも一層盛り上がりますし、アウェイのチームとしては大きなハンデとなりました。

今シーズンのドルフィンズについては、この試合だけでなく、試合序盤に相手に先にリードを許して追いかける展開が多くて、そこがこの試合での懸念材料だったんですが、結局その傾向は修正できませんでした。スティーラーズに簡単に2連続TDを奪われてしまったんですが、そこのところをもう少しなんとかできなかったのかという気がします。

14点取られた後、FGでなんとか3点は返して、その後のスティーラーズの攻撃を抑えればよかったんですが、次のベルのTDランを抑えられなかったのも大きかったと思います。あの攻撃ではスティーラーズは10プレーすべてでベルを走らせました。その結果およそ80ヤードを走られたわけですが、抑えるのは難しかったですかね。

それでもドルフィンズはその直後にFGを返して結構食い下がって試合を作っていたと思います。それだけに前半最後のところでのファンブルが残念だったんですが、仮にあそこでTDを取って20-13で前半を折り返していたとしても、後半で逆転できていたかと言えば、恐らく厳しかったでしょう。それだけに3TDのうち1つでも防いでいたらというのが悔やまれます。

スティーラーズとはレギュラーシーズンで1度対戦していますが、その時はドルフィンズのディフェンスはベルもブラウンも抑えていました。そのイメージがこの試合にも残っていて、彼らの実力を軽視していたということはないと思いますが、ここまでやられるとは思っていなかったのではないでしょうか。いずれにしてもディフェンスの準備が不十分だったと言わざるを得ません。

ただ、確かにドルフィンズのディフェンスはよくなかったんですが、基本的に人材不足な上に多数の怪我人が出ており、限界があったんでしょうね。それにスティーラーズの方が一枚上手だったということでしょうね。最初のブラウンのTDパスレシーブで勢いづかれてしまったような気がします。

一方オフェンスの方ですが、QBマット・ムーアはパス36回投中29回成功で289ヤード獲得で1TDパスという内容は数字的にはよかったと思います。ただ、インターセプトとファンブルのターンオーバーがチームにとって致命傷になりました。先にリードされた状況で追い上げなければいけないというプレッシャーもあったんでしょう。

それとRBジェイ・アジャイですが、もう少し走れると思ったんですが、スティーラーズのディフェンスがしっかりと準備をしてよく抑えたのではないかと思います。得点差がついて、特に後半ほとんどランプレーが出せなかったのもオフェンス的には残念でした。それにオフェンシブラインも完全にスティーラーズのディフェンスに負けてましたね。

オフェンスもディフェンスもいいところがあまりなかったんですが、スペシャルチームはいいプレーを見せてくれました。KRケニアン・ドレイクはいいキックオフリターンを見せてくれましたし、Kアンドリュー・フランクスは風の影響を受ける難しい場面で2本のFGを決めました。それとフェイクパントからマイケル・トーマスのランで1stダウンを更新したプレーも見事でした。スペシャルチームの活躍はこの試合で数少ない光ったプレーだったと思います。

これでドルフィンズの2016年シーズンが終了しました。全体的な総括はまた別の機会にするとして、今シーズンは近年になく我々ファンを楽しませてくれたと思います。シーズン開始前は6〜8勝ぐらいだと予想されており、1勝4敗という酷いスタートを切ったにも関わらず、10勝6敗という素晴らしい成績でシーズンを終了し、プレーオフに出場して1試合多く見せてくれました。そして何よりも来シーズンに大きな期待を抱かせるシーズンだったと思います。

この試合での敗戦はとても残念なんですが、この試合での経験を来シーズンにつなげて、来シーズンはより多くの試合を見せてくれるチームに成長してもらいたいと思います。


 

dolphin_one at 17:34|PermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 30, 2016

TEグレイも契約延長 ほか最新情報

昨日、OTサム・ヤングの契約延長の話題をお伝えしましたが、今日はTEマーキス・グレイの契約延長が報じられました。契約期間は2年間だということです。

今シーズンのグレイは7試合の先発を含む15試合に出場して、14回のパスレシーブで174ヤードを獲得しています。数字的にはそれほどでもないんですが、先発TEジョーダン・キャメロンと第2TEディオン・シムズが共に欠場した試合では、もうひとりの控えTEドミニク・ジョーンズと共に、パスレシーブだけでなくランブロックでもチームに貢献しています。

27歳のグレイは2013年にドラフト外でサンフランシスコ49ersに入団してNFLでのキャリアをスタートさせました。その後クリーブランドブラウンズ、ミネソタバイキングス、バッファロービルズと渡り歩いて、今年からドルフィンズに加わっています。

NFLではほとんどTEとしてプレーしてきましたが、ミネソタ大学時代にはQB、RB、WRなどのポジションをこなしていた器用な選手だったようです。QBライアン・タネヒルが負傷したときにも、QBとしてのプレー経験があることが紹介されていました。

今シーズンのドルフィンズの快進撃の陰では、このグレイの活躍も目立たないんですが、決して見逃すことはできません。ヤングについてもそうですが、グレイのような苦労人が活躍して評価されることはチームにとってもいい影響を及ぼすと思います。今後も、そして来シーズン以降も地味なところでの貴重な活躍を期待したいと思います。意外にドルフィンズの秘密兵器になるかもしれませんね。


Sマイケル・トーマスが2016年の “Good Guy Award"に選出されたことが公式に発表されました。この賞はプロフェッショナリズムとメディアに対する支援における礼儀正しさが評価されて与えられるものだということです。

トーマスはドルフィンズでは控えのSですが、昨日先発Sイサ・アブドル-クドゥスが故障者リスト入りしたことにより、今後は先発Sとしてプレーすることが期待されます。

トーマスといえば、今から3年前の2013年12月15日の対ニューイングランドペイトリオッツ戦で、ドルフィンズと契約したばかりで試合出場し、試合終了間際にQBトム・ブレイディのパスをエンドゾーン内でインターセプトしてチームに勝利をもたらした選手です。あの時のプレーの再現を次のペイトリオッツ戦、そしてプレーオフで見せてくれることを期待しています。




 

dolphin_one at 20:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 23, 2015

Preseason Game 対パンサーズ戦

ドルフィンズはプレシーズンゲームの2試合目も敗れてしまいました。31-24となったところで、このまま負けるかと思っていたんですが、最後はよく見せ場を作ってくれました。レギュラーシーズンゲームならばエキストラポイントのキックを蹴って同点とするところでしょうが、プレシーズンということであえて2点コンバージョンを敢行しました。どうせならあの勢いで逆転してほしかったですが、残念でした。

この試合の一番の見所といえば、第2Qのドルフィンズのゴールラインディフェンスでしょう。パンサーズに攻めこまれて1stダウンゴール残り2ヤードとなったところから、4回のランプレーをすべて封じてパンサーズに得点を与えませんでした。

最初のランプレーはLBクリス・マッケインとSウォルト・エイケンズがタックルを決めて1ヤードで止めて、2度目のランプレーはLBケルビン・シェパードとSマイケル・トーマスがタックルして1ヤードをロスさせ、3度目のランプレーはDTダムコン・スーとエイケンズが1ヤード地点で止めました。そして最後のプレーはパスだったんですが、スーのラッシュにプレッシャーを受けたQBカム・ニュートンがスクランブルでエンドゾーンを狙ったんですが、1ヤード地点でDEデリック・シェルビーが阻止しました。

プレシーズンゲームとはいえ、こういうディフェンスができるとディフェンス全体に自信ができてくるでしょうし、この一連のディフェンスではスーのプレーが大きなポイントになったと言えます。大きなお金をかけてFAでスーを獲得した効果というのが表れていたんじゃないでしょうか。本番のレギュラーシーズンでもこんなプレーを度々見せてもらいたいものです。

それと1stチームのオフェンスも先週にひき続いて好調でした。最初の得点のドライブでは4thダウンギャンブル失敗で得点にならないところだったんですが、パンサーズ側の反則によって助けられていますので少し割り引いて考えなければいけないかもしれません。しかし2度目の得点のドライブは堂々たるものでした。

QBライアン・タネヒルはパス15回投中12回成功で102ヤード獲得、1TDパスという内容だったんですが、QBサックも1つ受けています。このQBサックはオフェンシブラインではなくてTEディオン・シムズがブロックできなかったために受けています。タネヒル自身は非常に落ち着いていて安定したプレーをしているんですが、やはりオフェンシブラインには課題が残っています。

タネヒルはこの試合でロングパスを2本投げたんですが、いずれも不成功でした。1本めはWRケニー・スティルスに投げたもので、オーバースロー気味だったんですが、2本目のTEジョーダン・キャメロンに投げたものはパーフェクトでした。できればキャメロンに取ってほしかったんですが、ディフェンスのカバーもよかったので仕方ないところです。ロングパスが1本でも決まれば、タネヒルにもチームにも自信となるんですが。

それとオフェンスでは控えのRBが目立ちました。ダミアン・ウイリアムスはランとパスレシーブでそれぞれTDをあげて活躍しました。昨年のドラフト外入団で、どちらかというと地味な感じの選手なんですが、今年は今のところ第2RBという位置づけなので昨年以上の活躍を期待したいです。

それともうひとりはラマイケル・ジェームスです。ジェームスはキックオフ、パントのリターナーとしても起用されているんですが、結構いい数字を記録しています。また本職のランプレーでもこの試合では6キャリーで45ヤード(平均7.5ヤード)でした。元々実力のある選手ですから、その才能をドルフィンズで開花させてもらいたいです。

不安な要素としては怪我人が出たことです。CBジャマー・テイラーとボビー・マッケイン、そしてLTジェイソン・フォックスがこの試合で怪我をしています。いずれも重症ではなさそうですが、テイラーはこの試合でインターセプトを決めており、先発CBとして期待されているだけに、この怪我は痛いところです。

またフォックスはどうやら脳震とうのようで、次の試合には出場できない可能性もあります。フォックスは本来先発LTではないんですが、もしブランデン・アルバートが開幕に間に合わないようだとフォックスがいないと非常に苦しいです。早期の回復を望みたいのですが、脳震とうはちょっと厄介ですから心配です。

次の試合は1週間後の対アトランタファルコンズ戦です。その試合では主力組がもう少し長くプレーするでしょうが、くれぐれも大きな怪我人がでないように願いたいところです。



 

dolphin_one at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

August 20, 2015

Sデルマス、シーズンアウト

Sルイス・デルマスが靭帯を損傷して今シーズン絶望となりました。ドルフィンズはここまで大きな怪我人もなく順調にきていたんですが、カロライナパンサーズとの合同練習で不運な事故が起こってしまい、非常に残念です。

デルマスは昨年も12月に靭帯を損傷して最後の3試合を欠場していました。その怪我も癒えて、今シーズンは開幕から出場できるということで期待していました。チームのディフェンスにとっても大変痛いですが、何よりデルマス本人にとって残念な結果となってしまいました。またデルマスはリーダーシップに長けていた選手なので、チームの士気という点でもこの欠場は痛いです。

デルマスはパンサーズWRテッド・ギンとの1対1のパスカバー練習時に怪我をしたということですが、ギンといえばかつてのドルフィンズのドラフト1巡目指名選手で、ドラフトの失敗例としてたびたび話題に上っている選手です。そのギンが絡んでの怪我ということで、ドルフィンズにとっては皮肉な話です。別にギンがわざと怪我させたわけではないんですが、何か因縁めいた話です。

まあ失ったものは仕方がないので、デルマスの穴を埋めてくれる選手に期待したいと思います。今のところ先発Sを争うのはマイケル・トーマスとウォルト・エイケンズです。元々のデルマスのバックアップはトーマスだったんですが、エイケンズの成長が著しく、エイケンズが一歩リードしているようです。

今後プレシーズンゲームを通じて査定が行われるでしょうが、両選手にとっては飛躍できる大きなチャンスです。開幕戦で誰が先発Sとしてプレーしているのか注目されます。デルマスの分まで活躍してもらいたいですね。



 


dolphin_one at 20:26|PermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック