Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ライアン・タネヒル

Week 17 対ビルズ戦

マイアミドルフィンズの2017年シーズンが終了しました。最終戦はホームでのバッファロービルズ戦ということで、しっかりと勝利してビルズのプレーオフ進出を阻止して終わってもらいたかったんですが、両チームのモチベーションの差でしょうか、序盤から得点を重ねられてリードを奪われ、結局最後は追いつけませんでした。

22-16というたったの6点差での敗戦となったんですが、得点差以上の敗北感がありました。また、WRジャービス・ランドリーとRBケニアン・ドレイクの退場劇もあって本当に後味の悪い試合となりました。反則も多くて、負け方は2週間前の対戦と同じでまったく進歩がない、あの敗戦から何も対策が講じられていないように思えました。

そういうことから考えると本当に現政権で来シーズンも大丈夫なのかという疑問も湧いてきますが、まあ差し当たってシーズンが終了しましたので、来シーズンに向けた新しいスタートを切ることになり、何らかの変化があるかもしれません。選手も入れ替わるでしょうしQBライアン・タネヒルなど怪我人も復帰してきますのでまた期待をして見ていきたいと思います。

この試合に関してですが、まず先発したQBジェイ・カトラーがたった1シリーズで退いてしまったのはちょっと驚きでした。しかしこの起用を見るとカトラーは来シーズンの構想にはないということがはっきりしましたね。カトラーについては急遽引退から復帰してよくやってくれたと思います。

代わって出場した控えQBのデビッド・ファレスですが、ある意味ファレスにとっては来シーズンに向けての査定試合だったと思います。それだけに注目してみていたんですが、やはり力不足というかNFLの先発はもちろん、控えとしても疑問の残るプレー内容でした。最後はあわやというところまでいきましたが、あれで逆転まではいかなくても敵陣深く攻め込んでビルズを苦しめていたら印象も違ったんですが、さあこれからという時にあっけなくインターセプトとは、残念な結果でした。

それと問題の大乱闘からの退場劇ですが、感情的になることはある程度は仕方がないと思います。その前にビルズに派手なTDセレブレーションを2回も見せつけられているんですから。(2回目は判定が覆って幻のTDとなりましたが)ただしその後がいけません。どういう状況だったのかははっきりとわかりませんが、退場になるほどやってはいけませんし、ドレイクもヘルメットを投げ捨てたのはやりすぎでした。

あの後、まだ試合は6分以上残っていて、得点差は13点だったので2回TDを取れば逆転可能でした。それなのにオフェンスのもっとも重要な2人、エースWRとエースRBが共にいなくなるような行為を犯しているんですから大ボーンヘッドと言わざるを得ません。

実際にあと一歩で逆転できるところまで試合を作ったんですから、もしランドリーとドレイクが最後までプレーしていたら、逆転できる可能性はいない時よりも高かったはずです。その意味でも本当にやってはいけない行為だったと思います。

ただ、冷静に見ればそう思えるのであって、今シーズンはチーム全体が本当にフラストレーションが溜まるばかりだったと思います。それが最後の最後になって一気に爆発したように思えましたので、冷静になれというのが難しかったのでしょう、その気持ちも理解できるだけに複雑な心境でした。

ランドリーについては今シーズン終了後に無制限FAとなることが決まっています。ランドリー自身はドルフィンズに残りたい旨の発言をしているようですが、フロント陣はどう考えているのか。それは今後徐々にわかってくるかもしれませんが、ランドリーは確かに怪我に強いですしチームに欠かせない選手だと思います。ただし、この試合のように感情的になる場面がしばしば見受けられます。それがチームに及ぼす影響ということも考えなければいけないのかなとこの試合を見て感じました。

ドルフィンズにとっては残念な結果に終わったんですが、ビルズやビルズファンにとっては最高の結果に終わりましたね。この試合が終わった時点ではボルチモアレイブンズの勝利が濃厚だったので、私もビルズがプレーオフに進出できるとは思わなかったんですが、レイブンズがまさかの逆転負でした。あんな信じられない結果を見ると、今シーズンはビルズのシーズンだったということでしょうね。

ドルフィンズは開幕前にタネヒルが怪我をして、大方の予想が5勝から6勝、よく勝って8勝ということだったんですが、終わってみれば予想どおりの結果でした。カトラーに期待したんですが過剰な期待をしていたようで、この試合のファレスのプレーを見ているとカトラーと大差はないと感じました。そういう意味ではカトラーを復帰させた意味があったのかどうかが疑問になってきますが、これはもうあとの祭りですね。

ドルフィンズファンにとっては本当に悔しく残念で、また失望もさせられたシーズンだったんですが、ただ今シーズンも最後まで楽しませてもらったと思います。今シーズン残念だった分、来シーズン以降にまた期待をしたいと思います。個人的にも長年ファンをしてきていますが、最近では年々思い入れが強くなってきているように感じます。

最後に今シーズンもこのブログを見ていただいたすべてのフットボールファンの皆様に感謝いたします。本当にどうもありがとうございました。そして、新しい年の幕開けにあたって一言、新年あけましておめでとうございます。今年も変わらずよろしくお願いいたします。皆さまにとって輝かしい1年となることを心よりお祈り申しあげます。


Dolphins Daily News 12.29ーOGブッシュロッド、QBカトラー、OTステラップ

OGジャーモン・ブッシュロッドが2017年の Good Guy Award に選出されました。

この賞は南フロリダのプロフットボール記者協会が選出するもので、メディアとの関係において最もプロフェッショナリズムを発揮したと思われる選手に与えられるものです。過去においては2001年にLBザック・トーマスが、2016年にはSマイケル・トーマスが受賞しています。

ブッシュロッドは昨シーズンからドルフィンズの先発RGを務めていましたが、12月20日に故障者リストに登録されました。元々はOTの選手なんですが、ドルフィンズではNFLで初めてのOGを務め、不慣れなポジションだったにも関わらず昨シーズンのチームのプレーオフ進出に貢献しました。

今シーズンはもうプレーできませんが、来シーズンの動向が気になります。年齢的にも峠は越した選手ですし、このまま引退ということも考えられますが、本人はまだその決定はしていないようです。ただ、来シーズンにブッシュロッドの居場所がドルフィンズにあるかというと、それは疑問です。

ブッシュロットと同様の立場にあるのがQBジェイ・カトラーです。カトラーは怪我をしているわけではないのですが、来シーズンもドルフィンズに在籍するかというと、まずその可能性はないと思われます。

来シーズンの先発QBはライアン・タネヒルで、もしカトラーがドルフィンズに残るとしても控えQBという位置づけになります。しかし、カトラー自身は来シーズンもNFLでプレーすることを望んでいるようですが、あくまでも先発QBにこだわっているようです。そうなると、ドルフィンズはおろか他のチームでもカトラーと契約するチームはないでしょう。実際にカトラーが今年引退した背景にはそれがあったと思われます。

ちなみにドルフィンズはタネヒルが先発QBとなるでしょうが、控えQBをドラフトで指名する可能性は高いと思います。現在の控えQBマット・ムーアがどうなるかわかりませんが、タネヒルも来年は30歳となりますし、絶対に将来性のある若いQBを獲得しなければいけないと思います。


最後に、今年11月にドルフィンズと契約したOTザック・ステラップの話題ですが、次の対バッファロービルズ戦に向けてステラップが1stチームで練習を行っています。これは先発LTラレミー・タンシルが怪我で練習を休んでいるためで、タンシルは足首を痛めていてまったく練習を行っていません。

もしかするとビルズ戦にはタンシルは出場できないかもしれないので、そうなるとステラップがNFLで初めて先発出場する可能性が出てきています。NFLでの実績がまったくないに等しいステラップがいきなり先発してどうなるのか、これはやってみないとわからないですが、試してみる価値はあるかもしれません。

ただし、ベストなのはタンシルが回復してプレーしてくれることなんですが、怪我をした箇所が足首だけに出場できたとしても満足なプレーはできないでしょうかね。ステラップのフルネームは、ザック・トーマス・ステラップであることもあり、サプライズを期待したいですね。


Week 13 対ブロンコス戦 プレビュー

マイアミドルフィンズとデンバーブロンコスは昨シーズンは合わせて19勝をあげた、AFCでも優れたチーム同士でした。しかし、今シーズンはこの対戦を迎えるにあたって共に連敗中で、大きく期待を裏切る結果となっています。

ドルフィンズは現在4勝7敗で5連敗中、一方のブロンコスは3勝8敗で7連敗中です。勝った方が連敗脱出となるだけに、両チームとも絶対に負けられない試合となっています。

ブロンコスはドルフィンズより勝率が悪くなっていますが、ディフェンスを見るとNFL3位でランとパス、いずれのディフェンスも同4位とバランスが取れています。このディフェンスで3勝8敗という成績なのが信じられないぐらいです。

その要因となっているのはオフェンスにあると思われます。ブロンコスは先発QBが安定せず、シーズン開幕時はトレバー・シーミアンが先発して3勝1敗の好成績を残していましたが、その後3連敗して先発の座をブロック・オズワイラーに譲りました。

しかしそのオズワイラーも3連敗して先発を降格、昨年のドラフト1巡目指名のパクストン・リンチに交代しています。そのリンチですが、先週の対オークランドレイダース戦で足首を痛めてしまい、この試合には再びシーミアンが先発することになります。

3人の中ではシーミアンが最も期待できるQBですが、これまで10個のインターセプトを犯すなど不安定な要素もあります。

対するドルフィンズもQBのポジションには泣かされています。エースQBライアン・タネヒルがシーズン開幕前に怪我をしてプレーできなくなり、急遽引退していたジェイ・カトラーを復帰させたものの練習不足の不安定さに加えて怪我により2度の欠場を余儀なくされています。さらに控えQBマット・ムーアも先発した試合では0勝2敗と結果を出すことができていません。

この試合では先週の対ニューイングランドペイトリオッツ戦を欠場したカトラーが先発しますが、脳震とうからの復帰となり、安定したプレーができるかどうかがポイントとなります。

そのカトラーを守るべきオフェンシブラインはシーズン当初の先発メンバーのうち2人が欠けています。RTジャワン・ジェームスはすでにシーズンアウト、そしてRGジャーモン・ブッシュロッドは先週のペイトリオッツ戦に続いてこの試合でも欠場が決定しています。そのオフェンシブラインはペイトリオッツ戦では7つのQBサックを許しています。

またカトラーのパスプレーの成否はランオフェンスにかかっていますが、ドルフィンズのRB陣はダミアン・ウイリアムスが肩を痛めて欠場、第3RBのセノリス・ペリーも脳震とうでプレーできません。そこで急遽練習生だった新人RBデベオン・スミスを昇格させていますが、NFLでの実績はまったくありません。

そんな中で2年目のケニアン・ドレイクがただ1人計算できそうなRBとしてプレーしますが、実績に乏しく、またこれまで4試合で2度のファンブルを犯しているということで、決して安心して任せられる状態ではありません。スミスにも多くの期待はできないでしょうし、ランが進まないと厳しいでしょうね。

この試合でドルフィンズが勝利するためにはカトラーの安定したプレーも必要ですが、それよりもまずオフェンスがブロンコスよりも先に得点をあげて優位に立つことです。NFL30位のオフェンスのドルフィンズがブロンコスのディフェンスから多くの得点を奪うことは容易ではありません。それだけに、先にリードを許してしまって追いかける展開になると、これまでの5試合のように勝てない可能性が高くなってきます。

また、ディフェンスがブロンコスのオフェンスを抑えることも必要です。ブロンコスのオフェンスはNFL22位、スコアリングオフェンスは26位と決してよくありません。ただし、ランオフェンスは同16位とそれほど悪くないので、このランをなんとしても止めることが必須です。

ランを止めてシーミアンにパスを投げさせる回数を増やすことで、パスラッシュをかけてオフェンスのリズムを崩させれば勝機は見えてくると思います。ただし、ドルフィンズもディフェンスバックのパスカバーがあまりよくないので、そこをしっかり守れるかがポイントとなります。

ドルフィンズのHCアダム・ゲイスとブロンコスのHCバンス・ジョセフは昨シーズンはドルフィンズで共に戦い、好成績を残してチームをプレーオフに導きました。今シーズンはそれぞれ敵としてこの試合を迎えるわけですが、まさかこんなチーム状態で対戦するとはシーズン当初は思ってもみなかったでしょう。

戦前の予想ではドルフィンズがほんの少し有利、ただしホームチームであるということを除けばブロンコスが有利とも言えます。ブロンコスの強みはやはりディフェンスだと思いますので、そのディフェンスに圧倒されるようだとドルフィンズが勝利するのはかなり難しいと言えます。

ただ、ホームゲームですし、なんとしても勝ってほしいです。11月は勝利がなかったドルフィンズですので、ファンとしては久しぶりに勝利する姿が見たいと思います。


Dolphins Daily News 11.8―Sマクドナルドが復帰

シーズン前半の8試合が終了しました。マイアミドルフィンズは4勝4敗で折り返すわけですが、この成績をどう見るかはいろいろと評価が分かれるかもしれません。

QBライアン・タネヒルの負傷、オフェンスの歴史的な大不振、アシスタントコーチの不祥事、そしてプロボウルRBジェイ・アジャイの放出とネガティブな話題が多かったシーズン前半なんですが、それでも勝率5割を保ってプレーオフ進出の可能性を残しているというのは、ある意味では不思議な状況なのかもしれません。

さて、8試合を消化したということで、出場停止処分を受けていたS T.J.マクドナルドがいよいよ復帰してきます。チームにとっては先発Sを務めていたネイト・アレンがシーズンアウトになったのですが、マクドナルドがその代わりを務めるということで戦力ダウンにならない、というよりも逆に戦力アップとなる可能性があります。

ディフェンスバック陣のパスディフェンスが不調なドルフィンズにあって、このマクドナルドの復帰がディフェンス向上のきっかけとなってくれればと願っています。


ドルフィンズはクリーブランドブラウンズの練習生だったOTザック・ステラップという選手と契約しました。このステラップは昨年ドラフト外でカンサスシティチーフスに入団しましたが、その後ニューヨークジェッツ、ブラウンズと所属を変わっています。いずれもNFLでのプレー経験はなく、練習生として過ごしていたようです。

ステラップと契約した背景にはRTジャワン・ジェームスの怪我の影響があります。ジェームスは先日行われた対オークランドレイダース戦でハムストリングを痛めて途中退場しています。現在の怪我の状況がわかりませんが、次の対カロライナパンサーズ戦への出場は無理なのではないかと思います。

ジェームスがプレーできないとなると、その代わりを務めるのはサム・ヤングかジェシー・デービスと考えられています。デービスはレイダース戦では先発LGだったんですが、LGには怪我から復帰したテッド・ラーセンが入ると思われますので、デービスはRTとしてプレーすることも可能です。ただ、ヤングとデービスのどちらを起用するのかはわかりません。

今回契約したステラップは身長203cm、体重143kgと非常に恵まれた体格を持っています。ドラフト外入団選手ですから多くは期待できないかもしれませんが、ドルフィンズで花開いてくれればいいのですが。大きなラインマンは相手ディフェンスにとってもやりにくいでしょうから。

ちなみにNFLのルールによると、他チームの練習生と契約したら、その選手は必ず53人ロースターの中に登録しなければいけないことになっています。


Dolphins midseason report card

Sun Sentinelのオマー・ケリー氏が今シーズンの約半分を消化した時点でのドルフィンズのチーム評価を行っています。それによると次のようになっています。

パスオフェンス:F
ランオフェンス:D-
パスディフェンス:D
ランディフェンス:B+
スペシャルチーム:C
コーチング:C
最も大きな問題点:オフェンシブライン
ミッドシーズンMVP:Sレシャッド・ジョーンズ
最も印象的な新人選手:CBコードレイ・タンカーズレイ

昨シーズン大きな問題となっていたランディフェンスはベテランLBのローレンス・ティモンズやレイ・マウアルーガの活躍もあり非常によくなったんですが、その代わりにオフェンスが非常に悪くなっています。

その要因はやはりオフェンシブラインなんですが、QBライアン・タネヒルが怪我をしたことも誤算だったんでしょうね。急遽獲得したQBジェイ・カトラーはやはり調整不足と練習時間の少なさが大きな問題だと思います。

現在平均得点は1試合あたり13.1点で当然NFL最下位です。このままいけばチームの52年の歴史の中で最低の成績になりそうな状況です。またトータルオフェンスも最下位ですが、過去29位以下で終わったことはないので、これもチームワーストを更新する可能性もあります。

ちなみにトータルオフェンスで29位となったのは2004年シーズンで、この時はRBリッキー・ウイリアムスがシーズン開始前に突然引退してしまった年でした。そしてオフェンシブラインも脆弱だったということですので、やはりオフェンスの基本はオフェンシブラインだということがわかります。

今シーズンは後半にどこまでオフェンスが建て直せるのかわかりませんが、このままで終わってほしくはないですね。


livedoor プロフィール

どるふぃんわん

Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ