Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

レオンテ・カルー

Week 7 対ジェッツ戦 プレビュー

先週アトランタファルコンズに敵地で逆転勝利を飾ったドルフィンズですが、今週はホームで同地区のライバル、ニューヨークジェッツを迎え撃ちます。

ジェッツとは今シーズンすでに第3週で対戦しており、そのときは20-6で敗れています。オフェンスが全く機能しなかったドルフィンズは、最後に完封を免れるのがやっとという状態でした。

またその試合ではRBジェイ・アジャイのランプレーがジェッツのディフェンスに封じられ、11キャリーでわずか16ヤードしか走れませんでした。今回の対戦でもジェッツはアジャイのランを徹底的に抑えにくるでしょうが、そこでドルフィンズのランオフェンスがどれだけ走れるかがポイントとなります。

今シーズンのドルフィンズは3勝しているんですが、そのすべてでアジャイは25回以上のランプレーを行っています。先週のファルコンズ戦でも26キャリーで130ヤードを獲得して、それが勝利に結びついています。

ランオフェンスの成否はオフェンシブラインのプレー内容にも影響されるんですが、ドルフィンズはCマイク・パウンシーがファルコンズ戦で脳震とうを起こしてこの試合への出場が微妙となっています。もしパウンシーがプレーできないとなると控えのジェイク・ブレンデルが先発することになります。

ブレンデルはファルコンズ戦の試合後半にパウンシーの代役を務めましたが、無難なプレーをして勝利に貢献しています。今回も安定したプレーができてアジャイのランが進むようならば、ドルフィンズは勝利に近づくことになります。

またパスオフェンスについては、酷いパフォーマンスを続けていたQBジェイ・カトラーがファルコンズ戦の試合後半には2つのTDパスを含む連続20得点を演出しました。この試合でも同じようなプレーができるかどうかがポイントとなるんですが、アジャイのランプレー次第でしょうが、前回の対戦のようなオフェンスが進まない状況というのは考えられないでしょう。

ただし、WRデバンテ・パーカーが足首を痛めていてこの試合への出場は難しい状態です。カトラーのパスはWRジャービス・ランドリーに集中するでしょうが、それだけでは厳しく、パーカーの代わりに出場するジャキーム・グラントやレオンテ・カルーへの効果的なパスがオフェンスの幅を広げることになります。

ひとつ気になるところではドルフィンズのレシーバー陣が非常にパスの落球が多いことです。これはレシーバー陣だけの責任ではなく、オフェンスのリズムの欠如とかカトラーのパスの精度にも関係しているんですが、そこが修正されているかどうかも注目されます。

一方ディフェンス面ですが、前回の対戦と違うのはドルフィンズの先発選手が入れ替わっているということです。先発LBにはローレンス・ティモンズとレイ・マウアルーガが、先発CBにはコードレイ・タンカーズレイが入っています。特にティモンズとマウアルーガの2人が入ったことによりディフェンスが締まり、先週はファルコンズのオフェンスを17得点に抑えています。

ジェッツのQBジョシュ・マッカウンは前回の対戦ではシーズン最高のQBレイティング126.3を記録していますが、今回はドルフィンズのパスラッシュに苦しみそうです。今シーズンすでに19QBサックを受けているマッカウンに対して、ドルフィンズのパスラッシュはティモンズが入ったことにより向上しています。

ドルフィンズはランディフェンスがNFL4位、平均失点が同3位、そしてトータルディフェンスは同11位となっており、それに加えて劣っていたパスディフェンスも少しずつ向上しています。ファルコンズ戦での勝利が自信につながっていると思われますが、気がかりなのは自信が過信となることです。そこを気をつければジェッツのオフェンスを抑えることは難しくないと思われます。

戦前の予想ではホームチームのドルフィンズが有利となっていますが、今シーズンのジェッツは侮れません。前回の対戦でもドルフィンズが有利と思われていたにもかかわらず惨敗していますし、ジェッツは先週敗れたとはいえニューイングランドペイトリオッツを苦しめています。やはり試合はやってみなければわからないので、つまらない反則やミスが命取りとならないようにしてもらいたいと思います。


Week 6 対ファルコンズ戦 プレビュー

先週テネシータイタンズにホームで勝利したドルフィンズですが、今週はこれまでで最大の難敵であるアトランタファルコンズとアウェイで戦います。ファルコンズは第4週にホームでバッファロービルズに敗れていますが、先週はバイウイークで試合がありませんでした。

ファルコンズは23-17でビルズに敗れたんですが、その最大の要因はターンオーバーでした。試合後半にQBマット・ライアンが3つのターンオーバー(2インターセプト、1ファンブル)で計13失点してしまったことが致命傷となっています。

また、試合途中でエースWRフリオ・ジョーンズが怪我のために欠場したこともファルコンズにとっては痛手だったと思います。

それに加えてもう一つの敗因としては、あまり目立たないかもしれませんが、ビルズのディフェンスがファルコンズのオフェンスを要所で抑えていたということです。ビルズはファルコンズに前半10点しか与えていませんでした。

開幕3連勝の後、ビルズにまさかの敗戦を喫したファルコンズですが、このバイウイークでしっかりと修正され、さらに怪我をしていたジョーンズも復帰して、万全の態勢でドルフィンズを迎え撃ちます。

対するドルフィンズですが、タイタンズ戦ではエースQBマーカス・マリオタが不在だったとこもあり、16-10で勝利しています。相変わらずオフェンスは最悪で、得点を取るどころか1stダウンを更新するのもやっとという状態だったんですが、ディフェンスの活躍で計10得点したこともあり、タイタンズに競り勝ちました。

しかし、オフェンスの低迷は深刻で、過去13クォーターで意味のあるオフェンスTDはタイタンズ戦での1つだけという状態です。このファルコンズ戦でも果たしてオフェンスが得点をあげられるのかが大きなポイントという情けない状況と言えます。

その最大の要因といえるのがQBジェイ・カトラーの低パフォーマンスです。タイタンズ戦では地元のファンから激しいブーイングの嵐を受けていました。それでも第4Qには試合を決めるTDドライブを演出して勝利に貢献しましたが、依然としてプレー内容に対する不安は払拭できていません。

ファンの間からは控えQBマット・ムーアに交代させることが望まれていますが、HCアダム・ゲイスはカトラーを先発QBから下ろすことは100%考えていません。

ドルフィンズがファルコンズに勝つためにはビルズがやったように、ファルコンズのオフェンスを最少失点に抑え、なおかつターンオーバーを奪ってそれを確実に得点に結びつけることが最低条件だと思います。ドルフィンズのオフェンスの現状を考えれば、おそらく20点以上は取れないでしょうから、ファルコンズをそれ以下に抑える必要があります。

ドルフィンズのディフェンスはパス22位、ラン4位で平均失点は16.8点です。このディフェンスがファルコンズを数字どおりに抑えることができるかがこの試合のポイントと言えます。ドルフィンズのディフェンス陣にとっては大きな挑戦となるでしょう。

一方オフェンスで気になるところは、カトラーのプレー内容もそうなのですが、最大の武器と言ってもいいWRデバンテ・パーカーが足首の怪我のために欠場濃厚だということです。控えWRのジャキーム・グラントやレオンテ・カルーの奮起が望まれますが、期待薄でしょうか。

またオフェンシブラインが安定したプレーができるかも疑問です。それを指導すべきアシスタントコーチが不祥事のために辞任したことも影響するかもしれません。せめてRBジェイ・アジャイが数字を残せるようなオフェンスが展開できれば活路は見いだせるのですが。

戦前の予想ではファルコンズが圧倒的に有利で、ドルフィンズの勝利を予想する人はほとんどいません。Palm Beach Postの記者の1人が唯一でしょうか、ドルフィンズの勝利を予想していましたが。

個人的にも、どうひいき目に見てもドルフィンズが勝利するというイメージが見えてこないのが残念なのですが、試合は実際にやってみないとわかりません。1つのプレー、1つの得点が試合の流れを大きく変えていくこともありますので、試合が終わるまでドルフィンズの勝利を信じたいと思います。


Dolphins Daily News 9.3―53人ロースター決定とSマクドナルド契約延長

開幕を迎えるにあたって、ロースターが89人から53人に絞られました。今後多少の入れ替えはあるかもしれませんが、とりあえず今シーズンのチームが決定しています。

最終決定について、特に大きな驚きはありませんでした。実績のあるところではPマット・ダーが解雇されたことですが、プレシーズンゲームの内容を見ていても新人Pマット・ハークがダーと同程度の成績を残していましたので、サラリーの問題も考慮すれば順当な決定だと思います。

またLBネビル・ヒューイットが解雇されていますが、昨シーズンは16試合すべてに出場して57タックルを記録しているだけに残念なんですが、肩を怪我しているということです。故障者リストにも入れていないということはかなり深刻な怪我なのか、いずれにしても貴重な控え選手がいなくなったのは痛いです。

それとRBはストーム・ジョンソンがカットされてセノリス・ペリーが残りましたが、これはちょっと意外でした。またWRは5人体制で5番目のWRにはレオンテ・カルーが残りました。ドリュー・モーガンやダモレエア・ストリングフェローが失速してしまったのは残念でした。

あとOGでテッド・ラーセンがロースターに残っていますが、まもなく故障者リスト入りすると思われます。となると1人足りなくなるんですが、それに関連してミネソタバイキングスを解雇されたOGアレックス・ブーンがドルフィンズでプレーしたがっているという報道がありました。

ブーンは2009年にドラフト外でサンフランシスコ49ersに入団して2015年まで49ersでプレーしました。その間、現在のドルフィンズのオフェンシブラインコーチであるクリス・フォースターの指導を受けていました。バイキングスとは昨年4年間で総額2680万ドル(約29億5000万円)という契約を結んでいましたが、解雇されたのはこの契約内容が原因なのでしょうか。

ドルフィンズはLGのポジションがジェシー・デービスとアンソニー・スティーンのどちらかになりそうですが、実績と経験のあるブーンが務めてくれるならば安定感が増す可能性があります。ブーンがドルフィンズに加わってくれることを期待します。


そしてこの日、もう一つ大きなニュースがありました。S T.J.マクドナルドが2021年までの契約延長を締結しています。契約内容は明らかにされていませんが、ある情報では4年間総額2400万ドル(約26億4000万円)とみられています。

マクドナルドは今年の3月に1年契約でドルフィンズに入団しました。入団時には今シーズンの前半8試合の出場停止処分が課せられていましたが、ドルフィンズはそれを踏まえた上でマクドナルドを獲得しました。

マクドナルドは2013年にドラフト3巡目指名でセントルイスラムズ(現ロサンゼルスラムズ)に入団し、ラムズでの4年間で285タックル、5QBサック、4インターセプトを記録していました。

ドルフィンズに入団してからはトレーニングキャンプやプレシーズンゲームでの内容がよかったことが今回の契約延長につながっていると思います。マクドナルドのプレーが見られるのはまだ先のことになりますが、期待どおりの活躍でシーズン後半戦にはチームに貢献してもらいたいと思います。


Dolphins Daily News 8.15―カトラー、プレシーズンゲーム出場?

QBジェイ・カトラーが8月17日(日本時間18日)のボルチモアレイブンズとのプレシーズンゲームに出場する可能性が出てきました。HCアダム・ゲイスは正式決定はまだだとしていますが、順調に何もなければドルフィンズでのデビュー戦となりそうです。

引退していた選手がわずか1週間ほどでドルフィンズのQBとしてプレーするわけで、おそらく多くは期待できないでしょうが、レギュラーシーズン開幕に向けては大きな一歩と言えるでしょう。プレー時間は限定的となるでしょうが、そのプレー内容に注目したいと思います。

脳震とうで欠場していたRBジェイ・アジャイが100%ではないにしろ練習に復帰したという矢先に、今度はもうひとりのRBケニアン・ドレイクが頭部を痛めて欠場しました。脳震とうの可能性もあるということで、主力RBの2人が使えない状態になっています。

ドレイクはDBトリー・マッタイヤーとヘルメット同士で衝突したようです。マッタイヤーのタックルが危険だったということでしょうが故意ではないし、ゲイスもフットボールのプレー中だから仕方がないというようなことを言っています。正式な診断はまだのようですが、これでドレイクは少なくとも今月中はプレーできないのではないでしょうか。レギュラーシーズン開幕に間に合えばいいんですが。

それにしても今年のドルフィンズは怪我人が多いです。今日新たにTEジュリアス・トーマスが背中を、WRレオンテ・カルーとジョーダン・ウェスターカンプがハムストリングを痛めています。またWRではアイザイア・フォードもひざを痛めて練習を休んでいます。

昨年のトレーニングキャンプではほとんど怪我人がいなかったような記憶がありますが、今年はファンの皆さんもご承知のように非常に多いです。ハードな練習をこなしているのかどうなのかわかりませんが、これ以上は大きな怪我人は出ないように願いたいです。

というわけで、WR陣が手薄になったこともあり、新しいWRと契約したようです。トレイ・グリフィーという選手ですが、この選手のお父さんはケン・グリフィーJrです。メジャーリーグベースボールのファンの方はご存知だと思いますが、1990〜2000年台にかけて活躍した外野手です。主にシアトルマリナーズで活躍したスーパースターで、背番号24は永久欠番となっています。ちなみにおじいさんのケン・グリフィーもメジャーリーグベースボールの選手でしたが、トレイはベースボールではなくてフットボールを選んだんですね。

トレイは今年ドラフト外でインディアナポリスコルツに入団しましたが、怪我をしたということでコルツを解雇されていました。しかしその怪我も癒えたのでしょうか、今回ドルフィンズ入りすることになりました。アリゾナ大学時代は4年間で通算79回のパスレシーブで1241ヤード獲得、6TDパスレシーブという成績でしたが、父親が偉大なスポーツ選手だったにも関わらず、今年のドラフトで話題にならなかったのは実力が劣っているということだったんでしょう。

怪我人が多いとはいえドルフィンズはWR陣が豊富ですから最終ロースターに残るのは難しいでしょうが、可能性はゼロではないので可能な限り挑戦してもらいたいですね。



Preseason Game 対ファルコンズ戦

ドルフィンズのプレシーズンゲーム初戦は、昨シーズンのNFC王者アトランタファルコンズでした。プレシーズンゲームの初戦ですので主力選手はほとんどプレーせず、勝敗もあまり参考にならないのですが、いろいろと見どころがありました。

しかしこの試合で一番気になることは、ドラフト2巡目指名の新人LBレークワン・マクミランが怪我をしたことです。右ひざを痛めたということですが、ディフェンスでのプレーではなくてスペシャルチームとしてのパントカバーでの出来事でした。したがってマクミランは一度もディフェンスのプレーを行わずに退場してしまったということです。

怪我の程度が気になりますが、自ら歩いて退場していたのでそんなに重症ではないと思ったのですが、結果として前十字靭帯損傷で手術が必要となり今シーズンのプレーは絶望的となっています。マクミランには先発ミドルLBとして期待していたし、そのプレーを見るのが楽しみだったんですが、一度もディフェンスのプレーを見ることなく終わってしまいました。

さて試合の方ですが、第3Qまで10-20と10点リードを許していたドルフィンズが第4Qに2つのTDパスを決めて逆転しました。第3Q途中まではあまり勝てそうには見えなかったんですが、いつの間にか逆転してしまったという印象でした。

逆転の立役者は3番手QBとして出場したデビッド・ファレスでした。ファレスはパス17回投中8回成功で184ヤードを獲得、2TDパス、1インターセプトという内容でした。ジェイ・カトラーが加入したことによりファレスと2年目のブランドン・ドーティが第3QBの座を争うことになるんですが、今日の内容を見ていると両者とも互角というか、どんぐりの背比べという印象でした。どちらかが最終ロースターに残れないということでしょうから、今後のプレー内容が注目されます。

この試合で目立ったのは若いWR陣でした。こちらもポジション争いが熾烈なんですが、主力の3人であるジャービス・ランドリー、デバンテ・パーカー、ケニー・スティルスを除いて最終ロースターに残れるWRは2〜3人だと思うんですが、2年目のレオンテ・カルーとジャキーム・グラントが一歩リードしていて、あと1人入れるかどうかという状況です。

そのカルーはTDパスレシーブを記録しましたし、グラントは2回のパスレシーブで8ヤードを獲得しています。そしてその2人に迫ったのがいずれもTDパスレシーブを記録した新人のダモレエア・ストリングフェローとフランシス・オウスでした。特にストリングフェローは試合を決める99ヤードのTDパスレシーブを記録しています。オウスも長身を活かした見事なパスレシーブを記録してアピールしていました。もうひとりチーム練習などで光っていたドリュー・モーガンにも注目していたんですが、パスレシーブはなかったですね。

その他新人選手ではドラフト1巡目指名のDEチャールズ・ハリスの動きを見ていたんですが、あまりインパクトのあるプレーはなかったようです。キャンプでは評判はよかったんですが実戦ではどうなのか、もう少し見てみないとわかりません。同じくドラフト組ではDTダボン・ゴッドチョーの動きはよかったと思います。ジョーダン・フィリップスを押しのけて先発DTの座を勝ち取るかもしれませんね。

プレシーズンゲームらしく、若く経験のない選手の活躍が目立っての勝利となりました。たた、経験のない選手はプレー内容に安定感がないのでこの試合だけでは判断ができません。しかし今後のプレシーズンゲームが楽しみになったということも言えます。怪我人が多くて嫌なムードもありますが、ひとりでも多くの新しい選手の台頭を期待したいと思います。



livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ