レシャッド・ジョーンズ

January 10, 2017

Dolphins Daily News 1.10

ドルフィンズはディビジョナルプレーオフでピッツバーグスティーラーズに敗れて2016年シーズンが終了しましたが、それに伴って4月に開催されるNFLドラフトの指名順が全体の22番目となるようです。ちょっと気の早い話ですが、今から楽しみです。

ドルフィンズが1巡目で誰を指名することになるのか気になるところですが、補強ポイントとしてはまずLB、そしてDE、OL、TEといったところが考えられますが、なかでもLBのポジションは少なくとの2人の即戦力が必要で、1巡目で適切な選手を指名したいところです。


ドラフトの前にはFAがありますが、早くもFAの話題も伝えられています。今年のドルフィンズのFA選手は次のとおりです。

TEジョーダン・キャメロン、DEディオン・ジョーダン、DEアンドレ・ブランチ、OGジャーモン・ブッシュロッド、LSジョン・デニー、LBスペンサー・ペイシンガー、LBドナルド・バトラー、QB T.J.イェイツ、Sマイケル・トーマス、TEドミニク・ジョーンズ、Sバカリ・ランボ、LBジェラニー・ジェンキンス、TEディオン・シムズ、WRケニー・スティルス

これらの選手の中で、ブランチ、トーマス、スティルスあたりは残留を希望しているようですが、サラリーキャップの問題もありどうなるかわかりません。この3人に加えてシムズにも残ってもらいたいんですが、FA以外にSレシャッド・ジョーンズとWRジャービス・ランドリーの契約延長の話も出てくると思いますので、そうなるとFA交渉が一層難しくなりそうです。


去就が注目されているDCバンス・ジョセフですが、現地時間1月10日(日本時間11日)にデンバーブロンコスとヘッドコーチ就任について面談を行うようです。ブロンコスは2年前にもジョセフにヘッドコーチ就任について打診しており、今回も最有力候補としているようです。ということは、明日にでもジョセフのヘッドコーチ就任が発表されるかもしれません。

今シーズンのドルフィンズのディフェンスは喪失ヤード数でチーム史上ワーストを記録したんですが、その割には失点はそれほど多くなかったです。またシーズン終盤までは3rdダウン時のディフェンスでNFLトップだったという実績もあります。そのあたりはジョセフの手腕であったと言ってもいいと思います。

特に今シーズンはディフェンスの先発選手に数多くの怪我人が出ましたが、その中でプレーオフに進出できたチームのディフェンスを構築したジョセフの功績は評価に値するものです。できればドルフィンズに残留してもらいたいんですが、こればかりはわかりません。ジョセフが行くといったらドルフィンズは引き留められないでしょうね。

仮にジョセフが去ってしまうとドルフィンズは新しいディフェンシブコーディネーターを就任させなければいけません。外部から誰かを招聘するか、あるいは内部昇格という可能性もあります。もし内部昇格ならば、現在LBコーチを務めているマット・バークが有力のようですが、果たしてどうなるのか注目されます。



 

dolphin_one at 20:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

December 07, 2016

Week 13 対レイブンズ戦

この試合、大方の予想どおりドルフィンズが敗れて連勝が6でストップしました。ある程度は予想していたことですが、まさかこれほどの大差で敗れるとは思っていませんでした。まあ、僅差でも大敗でも同じ1敗ですから、また次の試合に向けて気持ちを入れ替えていかなければいけません。プレーオフを考えたらAFCのチームに負けたのは痛いんですが、こうなったら1つでも多く勝つことが大事になってきました。

負けるのならばレイブンズのディフェンスに完璧に抑え込まれて負けるんだろうと思っていましたが、試合展開にもよったんでしょうが、よく見れば完璧に抑え込まれたという印象はありませんでした。それよりも序盤から得点を重ねられて自分たちのフットボールができなかったというのが一番の敗因だったと思います。

そうなった要因なんですが、まずディフェンスがレイブンズのオフェンスを抑えられなかったということもありますが、それよりも序盤の得点チャンスでことごとくミスを重ねて得点を取れなかったというのが大きかったと思います。たとえそのうちの1回でも得点を取っていたら、この試合はもっと違う展開になっていたような気がします。

最初はレイブンズ陣内28ヤード地点までボールを進めながらKアンドリュー・フランクスが46ヤードのFGをミス、次もレイブンズ陣内28ヤード地点まで攻め込みながらQBライアン・タネヒルからWRデバンテ・パーカーへのTDパスがインターセプトされ、さらにCBバイロン・マックスウェルがインターセプトしてレイブンズ陣内38ヤード地点で攻撃権を得ながらボールを進められずにパントに終わりました。この3回のチャンスを逸したことが非常に痛かったと思います。

この試合のポイントとしてNFL1位のランディフェンスを誇るレイブンズに対して、RBジェイ・アジャイがどれだけ走れるかが注目だったんですが、アジャイは12キャリーで61ヤード獲得(平均5.1ヤード)でした。それを考えるとランプレーはもっと出せたと思うんですが、序盤で得点差を広げられたためにパス中心のオフェンスとなってしまったのが惜しかったです。

前半で24点差をつけれられましたが、それでも後半開始のオフェンスで反撃できていたら、まだ可能性はあったと思います。しかしそこでもレイブンズ陣内19ヤード地点まで攻め込みながら、アジャイの14ヤードランは反則で取り消され、挙句の果てにタネヒルがWRジャービス・ランドリーにパスミスしてインターセプトされてしまいました。

第3Qはディフェンスもレイブンズのオフェンスを抑えていたので、第3Qに得点を取りたかったところでしたが無得点に終わったところですでに勝敗は決してしまったように思えました。どうもタネヒルは追いかける展開になると脆さを露呈してしまい、連勝中の時のようなプレーができなくなってしまいます。その部分で成長できていないので評価は上がってこないんでしょうね。

他方、ドルフィンズのディフェンスもこの試合は酷かったと言わざるを得ません。レイブンズのQBジョー・フラッコはこの試合までTD11に対してインターセプトは10という成績でした。そのフラッコに4TDパスを決められ、おまけに381ヤードも投げられてしまいました。ノーハドルでのパスプレーを次々と決められてディフェンスが崩された印象がありました。

レイブンズのオフェンスもドルフィンズのディフェンスを研究して弱いところをついてきたような気がします。特にTEデニス・ピッタへのパスは11回中9回成功で90ヤードを献上し2TDパスレシーブを許しています。今回に限らずドルフィンズのディフェンスはTEへのパスを防げないのですが、LBのポジションでの人材不足、そしてSレシャッド・ジョーンズの欠場もあり限界があるんでしょうか。

それとドルフィンズはパスラッシュがよかったんですが、この試合ではフラッコにほとんどプレッシャーをかけることができませんでした。対戦相手がドルフィンズのディフェンスを考える時にまず警戒するのがパスラッシュだと思います。当然レイブンズもそれを警戒して対策を考えたでしょうが、それが見事に機能したのではないかと思います。結果、フラッコは被QBサック0でした。

レイブンズの、特にオフェンスが非常に調子がよく、これが本当に6勝5敗のチームかと思えるぐらいだったんですが、ドルフィンズもそこそこオフェンスが進んでいただけに、大事なところで裏目に出ていつの間にか大差がついてしまったという印象の試合でした。

ただ、その中でもマックスウェルはインターセプトとファンブルフォースを記録しましたし、パーカーは見事なTDパスレシーブを決めています。いいプレーはいくつかあっただけに、残念な部分もありました。まあ、連勝はいつまでも続くものではないので、こんな時もありますね。

プレーオフの可能性も若干残っていますが、それを考えるのではなく、次の1勝を目指して戦ってもらいたいと思います。この敗戦でまたズルズルとシーズン当初のような状況にだけは陥らないでもらいたいのですが、その意味では次の試合に注目したいと思います。



 

dolphin_one at 20:40|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

November 12, 2016

Mid-Season Report

2016年シーズンもちょうど中間地点、ドルフィンズも半分の8試合を消化して成績は4勝4敗の5割となっており、AFC東地区では2位に位置しています。そこでシーズン前半の状況を各ポジションごとに振り返ってみたいと思います。

クォーターバック
QBライアン・タネヒルはQBレイティングは87.4でNFL22位、8TDパスは同26位、そしてパス獲得ヤード数は1877ヤードで同22位といずれも十分な成績とはいえません。ここ3試合ではチームを勝利に導く働きをしていますが、このままのペースでいくと16TDパスで14インターセプトとなります。

ランニングバック
このポジションではRBジェイ・アジャイが予想外の大ブレークで、シーズン当初先発RBとして期待されたアリアン・フォスターが引退しています。アジャイはNFLトップの平均6.0ヤードのラッシングを記録しています。そして控えRBのダミアン・ウイリアムスは3rdダウン時のレシーバーであり、またスペシャルチームのキープレーヤーでもあります。

ワイドレシーバー
WRジャービス・ランドリーはこのままのペースでいけば、いずれも自己最高の1210レシービングヤードと平均12.3ヤードのパスレシーブを記録することになります。WRデバンテ・パーカーはシーズンを通してハムストリングの怪我に悩まされており、これまでパスレシーブはわずか25回となっています。WRケニー・スティルスもパスレシーブはわずか17回に止まっており、3人のWRが記録したTDパスレシーブは合計で5つに止まっています。

タイトエンド
先発TEのジョーダン・キャメロンはすでに怪我でシーズンアウトとなりました。第2TEのディオン・シムズも脳震とうに悩まされています。しかし控えTEのマーキス・グレイとドミニク・ジョーンズが急成長し、クレイはブロッカーとして、またジョーンズはレシーバーとして活躍しています。

オフェンシブライン
シーズン当初は先発選手が5人揃わない状態で非常に不安定な状況でした。その結果パスプロテクション、ランブロック共に低調な内容となり、それがチーム成績に反映し1勝4敗のスタートとなりました。しかし先発選手がすべて揃った過去3試合では強靭なラインとなっています。

ディフェンシブライン
34歳のDEキャメロン・ウェイクが5.0QBサックでチームトップの成績、DTダムコン・スーはチームMVP級の活躍、そして控えだったDEアンドレ・ブランチがチームに活力をもたらしています。当初期待されたDEマリオ・ウイリアムスは期待はずれか、影が薄くなっています。シーズン後半に向けて復帰してきたDTアール・ミッチェルの活躍がポイントとなりそうです。

ラインバッカー
LBキコ・アロンソはチームトップの67タックルでLB陣の中では唯一の合格点と言えます。その他の先発LBコア・ミーシーとジェラニー・ジェンキンスは怪我を抱えており、特にミーシーはシーズンアウトとなりました。控えのドナルド・バトラー、そしてスペシャルチームのキープレーヤーでもあるネビル・ヒューイットとスペンサー・ペイシンガーなどでなんとかやりくりしている状態で、来シーズンに向けて少なくともあとひとりインパクトのある選手が必要です。

ディフェンシブバック
ディフェンシブバックの要であったSレシャッド・ジョーンズはシーズンアウトとなっており、パスディフェンスの不安定感がさらに高まっています。CBバイロン・マックスウェルは控えに降格されるなど期待はずれ、またドラフト2巡目指名のCBザビアン・ハワードも怪我をしています。ただしSのイサ・アブドル-クドゥスやマイケル・トーマスは過小評価気味ですがいいプレーをしており、2年目のCBトニー・リペットも少しずつ成長が見られます。現在のメンバーでNFL8位のパスディフェンスと同11位の被11TDパスは上出来と言えるかもしれません。

スペシャルチーム
あるウェブサイトの評価によるとドルフィンズのスペシャルチームはNFL7位の成績だそうです。キックオフリターンは2位、パントリターンは10位、そしてキックオフ、パントのカバーチームはそれぞれ6位と18位です。またPマット・ダーは非常に安定しており、Kアンドリュー・フランクスもFGは14本中11本成功、エクストラポイントは18回すべて成功させています。


以上簡単にシーズン前半を振り返りましたが、シーズン序盤と直近3試合では別なチームのようになっており、後半戦はどうなるのか前半の成績だけでは判断できないところがあります。最終的にシーズンが終了した時にまた振り返ってみたいと思います。




 

dolphin_one at 18:16|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 30, 2016

今週のドルフィンズ 10.24―10.28

今週はRBアリアン・フォスターの突然の引退表明から始まり大変驚かされたんですが、フォスターに関しては前に触れているのでそれ以上詳しくお伝えすることもあまりありません。ただ、ドルフィンズの若いRB陣の中にあって、ベテランらしいリーダーシップを発揮してくれていたようで、その点が少なからずRBジェイ・アジャイの活躍に結びついているのではないかと思っています。そういう面から見ると、フォスターはわずか3ヶ月ほどしかドルフィンズに在籍していませんでしたが、チームに貢献してくれていたことに感謝したいと思います。

そのアジャイの話題ですが、予想通りというか順当に、今週もAFCの週間最優秀攻撃選手に選出されました。2週連続200ヤードラッシングを達成したんですから当然の結果とも言えます。ちなみに過去には2002年にRBリッキー・ウイリアムスも2週連続で200ヤードラッシングを達成しているんですが、その時には2週連続で最優秀攻撃選手には選出されませんでした。

ウイリアムスは2002年の第13、14週に連続で200ヤード以上のラッシングを記録しているんですが、第13週の対バッファロービルズ戦では228ヤードを走って2TDランを記録したにも関わらず、週間最優秀攻撃選手には選出されていません。その試合ドルフィンズはウイリアムスの活躍にも関わらずビルズに38-21で敗れているんですが、それが選出されなかった大きな理由だったのかもしれません。そして翌週の対シカゴベアーズ戦では216ヤードを走って2TDランを記録し、その試合では選出されています。


Sレシャッド・ジョーンズがシーズンアウトとなっているんですが、その代わりの選手としてSバカリ・ランボと契約しました。ランボは2013年にドラフト6巡目指名でワシントンレッドスキンズに入団して翌2014年の9月に解雇されています。そしてその年の11月にビルズと契約して、昨シーズンはビルズで8試合の先発を含む15試合に出場して58タックル、1QBサック、1インターセプト、6パスディフェンスを記録しています。

ランボがいつから試合に出られるのかわかりませんが、ドルフィンズではCBクリス・カリバーがそろそろ復帰できそうですし、今月カロライナパンサーズから獲得したCBベネ・ベンウィケレもプレーできるようになっているかもしれません。ディフェンスバック陣の控えの層が少しずつ厚くなってくると楽しみです。

その他DEジュリアス・ワームズレイが解雇されています。ワームズレイはプレシーズンゲームで活躍して、レギュラーシーズンに入っても期待していたんですが、やはり難しいところがあってここ数試合は出場していませんでした。故障者リスト入りしているDTアール・ミッチェルの復帰が間近ということで解雇されたものと思います。

またフォスターが引退したのでその代わりのRBを獲得するかもしれません。Miami Herald の記事ではピッツバーグスティーラーズで練習生契約をしているカルロス・ウイリアムスが適任ではないかと言われています。ウイリアムスは昨年ドラフト5巡目指名でビルズに入団し、3試合の先発を含む11試合に出場して517ヤードラッシング、7TDランを記録しています。しかし今年の8月にビルズを解雇され、その後NFLから4試合の出場停止処分を受けました。

ビルズを解雇されたのは自己の体調管理が不十分だったためのようですが、確か昨年のビルズ戦ではドルフィンズはウイリアムスに結構走られた印象があります。しかしタイプ的にはダミアン・ウイリアムスと同じような選手かなとも思いますし、前述の自己管理能力に疑問があるのでドルフィンズが契約するかどうかはわかりません。


最後に、これも故障者リスト入りしたジョーンズとの関連ですが、ジョーンズは今シーズンのチームキャプテンの1人に選ばれていましたが、シーズン全休となったので新たにLSジョン・デニーがチームキャプテンに選ばれています。デニーは2005年にドラフト外でドルフィンズに入団し、現在まで183試合に連続出場しています。

当然現在のドルフィンズでは最も在籍年数が長くなっており、2010年と2012年にはプロボウルにも選出されています。経験年数や実績も去ることながら、選手やコーチからの信頼も厚いんでしょうね。



 

dolphin_one at 17:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

October 25, 2016

Week 7 対ビルズ戦

先週ピッツバーグスティーラーズにいい勝ち方をしたドルフィンズが、今週苦手としているバッファロービルズ相手にどんな試合をするかが注目でした。ビルズは4連勝と絶好調だったので、ドルフィンズが勝てるかどうかは正直言って不安でした。しかし素晴らしい逆転勝利で、あのシーズン序盤のチームとはまったく別の力強さを感じました。

この試合の勝利の立役者は何といってもRBジェイ・アジャイです。アジャイはこの試合28キャリーで214ヤード獲得という、スティーラーズ戦以上の活躍を見せてくれたと言っていいと思います。2試合連続200ヤード以上のラッシングはNFL史上4人目で、O.J.シンプソン、アール・キャンベル、リッキー・ウイリアムスに次ぐ、まさに伝説的な記録となりました。

アジャイに関しては試合前は果たしてどのぐらい走れるんだろうと不安もありました。先週のスティーラーズ戦で200ヤード以上走っていましたので、正直言ってこの試合では思い切り落ち込むのではないかとも思いました。ビルズも当然アジャイのランプレーを警戒してくるだろうし、もしランが止められたらドルフィンズに勝ち目はないだろうと思っていました。

しかし最初のランプレーでいきなり10ヤード走って1stダウンを獲得したのを見て、もしかしたらこの試合でも走れるんじゃないかと思ってみていました。ただ、それにしてもまさか200ヤード以上を走るとは誰も予想していなかったでしょう。それはアジャイ自身もそうだったと思います。

アジャイのランプレーも去ることながら、それを支えたオフェンシブラインのランブロックが素晴らしかったと思います。確かにCマイク・パウンシーが復帰したことも大きいのでしょうが、その他の選手も素晴らしいです。特に相手がディフェンスでは定評のあるスティーラーズとビルズでしたからなおさらそれが際立っているとともに、これらを相手にしてあれだけ走れるとチームにとっては大変大きな自信になると思います。

第4Qにアジャイが足を痛めたようなシーンがありましたが、あの時はヒヤッとしました。まさかこれで怪我をしてプレーできなくなるとかシーズンアウトになるんじゃないかと不安になりましたが、少し休んでから試合に復帰しましたので安心しました。幸い来週はバイウイークで試合がないので、アジャイにとってもよかったのではないでしょうか。なにしろ2試合連続で200ヤード以上走ると疲労も残ってくるでしょうから。

しかしこのアジャイの活躍を見ていると、今後ドルフィンズはアジャイのチームになっていき、アジャイを中心としたオフェンスの組み立てがされるのではないかと思います。またそうした方がQBライアン・タネヒルのパスプレーもより生きてくると思います。

タネヒルはこの試合でもビルズのディフェンスに苦しめられました。QBサックは1度しか受けず、インターセプトも犯さなかったのですが、あわやインターセプトというパスもありました。結局パス25回投中15回成功で204ヤード獲得という内容だったんですが、アジャイのランが止められていたらもっと悪い内容で、試合にも敗れていたと思います。

しかしタネヒルにとってはこの試合に勝てたというのは非常に大きかったと思います。タネヒルは同地区のチームと対戦した時はこれまで非常に内容が悪かったです。苦手意識というのもあるでしょうし、特にビルズについては試合前からタネヒルを呑んでかかっているようなところもありました。それだけにこの試合で逆転勝利を演出できたというのは苦手意識の払拭につながると思います。

ドルフィンズはこの試合でパントチームのミスがあり、それをきっかけに得点を取られました。ある意味そういう試合展開では負ける確率が高くなると思うのですが、それを消してくれたのもアジャイのランプレーだったと思います。

またディフェンスもビルズのオフェンスをよく抑えていたと思います。ビルズのエースRBルショーン・マッコイの体調が万全ではなかったというのにも助けられたこともありますが、それにしてもNFLトップのランオフェンスを誇っていたビルズのランプレーをわずか67ヤードに抑えました。

Sレシャッド・ジョーンズが欠場してディフェンス、特にランディフェンスが悪くなるのではないかと思われたんですが、ジョーンズの欠場をまったく感じさせませんでした。本当に全選手が一丸となってビルズのオフェンスを防いでいたような印象がありました。 

あとこの試合では反則が非常に多かったことがマイナスポイントでした。13回で116ヤード罰退だったんですが、特に15ヤード罰退のメジャーペナルティが目立ちました。普通反則が多くなるとオフェンス、ディフェンスのリズムが崩れてそれをきっかけに負けることが多いのですが、この試合ではそうなりませんでした。それを打ち消すものがあったからだと思いますが、いつもそうなるとは限りません。今後この反則を少なくしていかなければいけません。

しかし反則が多いというのは選手の感情が表に出ているということなので、勝ちたいという意識でやってしまうのでしょうね。褒められたことではないですが、その気持ちもわかるような気がします。特にビルズには近年散々煮え湯を飲まされてきていますから。

先週のスティーラーズ戦、そしてこのビルズ戦に勝利してチームに勢いがついてきていると思います。この勢いを止めたくないのですが、来週はバイウイークで試合がありません。その勢いが一時止まってしまうかもしれませんが、このバイウイークで怪我をしている選手が体調を整えられるということもあります。勢いは止めず、チーム状態をさらに万全にして次の試合に臨んでもらいたいと思います。



 

dolphin_one at 06:42|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック