Dol-fan Blog

Miami Dolphins と NFL を心から愛する人のためのページです。

ローレンス・ティモンズ

Week 16 対チーフス戦

プレーオフ進出にほんの僅かな望みを残していたマイアミドルフィンズですが、このカンサスシティチーフスとの対戦に敗れて、それも完全に消滅して、ドルフィンズの2017年シーズンが実質的に終了しました。

チーフスとの対戦は、いくら敵地での対戦とはいえ、まったく不甲斐ない結果に終わりました。まあ、地区優勝を争っているチームと負け越しているチームの差が歴然としていたという感じで仕方ないんでしょうかね。それにしてももう少しチーフスを苦しめてほしかったです。

QBジェイ・カトラーは、FGばかりでは試合に勝てない、というようなことを言っていたようですが、まさにその通りで、オフェンス力の違いがはっきりと現れていたと思います。

チーフスのディフェンスもそんなによくはなかったんですが、ドルフィンズがあげた得点はわずか13点で、TDは1つ取っているんですが、それは偶発的なもので、しっかりとオフェンスをした結果のものではありませんでした。

さらに試合後半はほとんどチーフスのオフェンスばかりで、ドルフィンズは反撃する時間さえ持てませんでした。後半チーフスがおよそ22分間攻撃していたのに対して、ドルフィンズの攻撃時間はおよそ8分だけでした。ただでさえ得点力のないオフェンスがこれではどうにもなりません。

ファンブルによるターンオーバーを2回犯したこともあるんですが、3rdダウンコンバージョンが8回すべて失敗、対するチーフスは16回中8回成功とこの違いが大きく影響しました。3rdダウンコンバージョンの成功率が悪いとあのニューイングランドペイトリオッツでも勝てませんからね。

最初から最後までチーフスの一方的なペースで進んだ試合だったんですが、振り返ってみるとドルフィンズが試合の流れを引き寄せられるチャンスはありました。第2QにカトラーからWRジャキーム・グラントへの65ヤードTDで4点差まで迫った後、チーフスの攻撃を抑えて再び攻撃権を獲得しました。

ここで逆転は無理でもせめてFGでも成功させて前半を終了していれば、また後半の展開も違ったかもしれません。しかしドルフィンズはあっさりとスリー&アウトで攻撃を終わらせてしまいました。さらに悪いパントキックでチーフスにチャンスを与え、反則で攻撃を継続させたあげくにFGで3点を追加されました。

その時点で点差は7点差で、7点差といえばTD1つで同点に追いつける状況なんですが、その点の取られ方が最悪でした。それが後半にも尾を引いたとは思えないかもしれませんが、チーフスにとっては大きな3点で、それが後半にもつながったことは間違いないと思います。

反則の多さもドルフィンズの自滅を招いたんですが、反則はメンタル的な要素が非常に大きいと思います。これも今シーズンはよく見られることなんですが、その原因としてはやはり先に得点を取られて常に追いかける試合展開となっていることが影響していると思われます。プレーするのも人間ですから感情があり、いつもリードされていて気持ちに余裕がない状態では反則を犯してしまうのも仕方がないでしょうね。

ディフェンスもチーフスに400ヤード以上を許してしまいました。結果的にTDは2つしか許していないんですが、チーフスのオフェンスの武器であるQBアレックス・スミス、RBカリーム・ハント、WRタイリーク・ヒル、TEトラビス・ケルシーの誰ひとり止められませんでした。

ドルフィンズのディフェンスの選手を見ると、DTダムコン・スー、DEキャメロン・ウェイク、LBローレンス・ティモンズ、Sレシャッド・ジョーンズなど、個々の選手の能力は決して悪くはないんですが、それがチームとして機能していないというか、個人個人の能力が活かされていないように思えます。

それはオフェンスの選手にも言えることで、だからペイトリオッツに素晴らしい勝ち方をした翌週にバッファロービルズにまったくいいところがなく敗れてしまう、そして今週もチーフス相手に同じことを繰り返している、というような不安定な状況がずっと続いています。

選手の能力を引き出してそれぞれを活かしていくというのはコーチ陣の仕事であり能力だと思うのですが、それをHCアダム・ゲイスをはじめDCマット・バークができているかというと、疑問視せざるをえないのかなと思ったりもします。特にバークは経験がないということもあるんですが、今後はちょっと厳しく、本当にディフェンスを向上させようと思うと経験のある人材に交代させる必要があるかもしれません。

かつてドルフィンズに在籍しており、期待外れで使いものにならずに今年解雇されたDEディオン・ジョーダンが、現在シアトルシーホークスでプレーしており4試合で3QBサックを記録しているそうですが、この事実をドルフィンズのコーチ陣やフロントはどう考えるのか興味深いところです。

ドルフィンズにとってほとんどいいところがなかったこの試合ですが、若い選手のプレーは今後に期待を抱かせました。TDパスレシーブを記録したグラントはオフェンスの武器として十分ですし、RBケニアン・ドレイクも100ヤードは走れなかったものの安定して4,5ヤードは走れます。またドラフト1巡目指名DEチャールズ・ハリスも徐々に実力を発揮しつつあります。

非常に残念な結果に終わったこの試合ですが、若い選手の成長を見られたことが来シーズンにつながる収穫でした。


Dolphins midseason report card

Sun Sentinelのオマー・ケリー氏が今シーズンの約半分を消化した時点でのドルフィンズのチーム評価を行っています。それによると次のようになっています。

パスオフェンス:F
ランオフェンス:D-
パスディフェンス:D
ランディフェンス:B+
スペシャルチーム:C
コーチング:C
最も大きな問題点:オフェンシブライン
ミッドシーズンMVP:Sレシャッド・ジョーンズ
最も印象的な新人選手:CBコードレイ・タンカーズレイ

昨シーズン大きな問題となっていたランディフェンスはベテランLBのローレンス・ティモンズやレイ・マウアルーガの活躍もあり非常によくなったんですが、その代わりにオフェンスが非常に悪くなっています。

その要因はやはりオフェンシブラインなんですが、QBライアン・タネヒルが怪我をしたことも誤算だったんでしょうね。急遽獲得したQBジェイ・カトラーはやはり調整不足と練習時間の少なさが大きな問題だと思います。

現在平均得点は1試合あたり13.1点で当然NFL最下位です。このままいけばチームの52年の歴史の中で最低の成績になりそうな状況です。またトータルオフェンスも最下位ですが、過去29位以下で終わったことはないので、これもチームワーストを更新する可能性もあります。

ちなみにトータルオフェンスで29位となったのは2004年シーズンで、この時はRBリッキー・ウイリアムスがシーズン開始前に突然引退してしまった年でした。そしてオフェンシブラインも脆弱だったということですので、やはりオフェンスの基本はオフェンシブラインだということがわかります。

今シーズンは後半にどこまでオフェンスが建て直せるのかわかりませんが、このままで終わってほしくはないですね。


Week 7 対ジェッツ戦 プレビュー

先週アトランタファルコンズに敵地で逆転勝利を飾ったドルフィンズですが、今週はホームで同地区のライバル、ニューヨークジェッツを迎え撃ちます。

ジェッツとは今シーズンすでに第3週で対戦しており、そのときは20-6で敗れています。オフェンスが全く機能しなかったドルフィンズは、最後に完封を免れるのがやっとという状態でした。

またその試合ではRBジェイ・アジャイのランプレーがジェッツのディフェンスに封じられ、11キャリーでわずか16ヤードしか走れませんでした。今回の対戦でもジェッツはアジャイのランを徹底的に抑えにくるでしょうが、そこでドルフィンズのランオフェンスがどれだけ走れるかがポイントとなります。

今シーズンのドルフィンズは3勝しているんですが、そのすべてでアジャイは25回以上のランプレーを行っています。先週のファルコンズ戦でも26キャリーで130ヤードを獲得して、それが勝利に結びついています。

ランオフェンスの成否はオフェンシブラインのプレー内容にも影響されるんですが、ドルフィンズはCマイク・パウンシーがファルコンズ戦で脳震とうを起こしてこの試合への出場が微妙となっています。もしパウンシーがプレーできないとなると控えのジェイク・ブレンデルが先発することになります。

ブレンデルはファルコンズ戦の試合後半にパウンシーの代役を務めましたが、無難なプレーをして勝利に貢献しています。今回も安定したプレーができてアジャイのランが進むようならば、ドルフィンズは勝利に近づくことになります。

またパスオフェンスについては、酷いパフォーマンスを続けていたQBジェイ・カトラーがファルコンズ戦の試合後半には2つのTDパスを含む連続20得点を演出しました。この試合でも同じようなプレーができるかどうかがポイントとなるんですが、アジャイのランプレー次第でしょうが、前回の対戦のようなオフェンスが進まない状況というのは考えられないでしょう。

ただし、WRデバンテ・パーカーが足首を痛めていてこの試合への出場は難しい状態です。カトラーのパスはWRジャービス・ランドリーに集中するでしょうが、それだけでは厳しく、パーカーの代わりに出場するジャキーム・グラントやレオンテ・カルーへの効果的なパスがオフェンスの幅を広げることになります。

ひとつ気になるところではドルフィンズのレシーバー陣が非常にパスの落球が多いことです。これはレシーバー陣だけの責任ではなく、オフェンスのリズムの欠如とかカトラーのパスの精度にも関係しているんですが、そこが修正されているかどうかも注目されます。

一方ディフェンス面ですが、前回の対戦と違うのはドルフィンズの先発選手が入れ替わっているということです。先発LBにはローレンス・ティモンズとレイ・マウアルーガが、先発CBにはコードレイ・タンカーズレイが入っています。特にティモンズとマウアルーガの2人が入ったことによりディフェンスが締まり、先週はファルコンズのオフェンスを17得点に抑えています。

ジェッツのQBジョシュ・マッカウンは前回の対戦ではシーズン最高のQBレイティング126.3を記録していますが、今回はドルフィンズのパスラッシュに苦しみそうです。今シーズンすでに19QBサックを受けているマッカウンに対して、ドルフィンズのパスラッシュはティモンズが入ったことにより向上しています。

ドルフィンズはランディフェンスがNFL4位、平均失点が同3位、そしてトータルディフェンスは同11位となっており、それに加えて劣っていたパスディフェンスも少しずつ向上しています。ファルコンズ戦での勝利が自信につながっていると思われますが、気がかりなのは自信が過信となることです。そこを気をつければジェッツのオフェンスを抑えることは難しくないと思われます。

戦前の予想ではホームチームのドルフィンズが有利となっていますが、今シーズンのジェッツは侮れません。前回の対戦でもドルフィンズが有利と思われていたにもかかわらず惨敗していますし、ジェッツは先週敗れたとはいえニューイングランドペイトリオッツを苦しめています。やはり試合はやってみなければわからないので、つまらない反則やミスが命取りとならないようにしてもらいたいと思います。


Dolphins Daily News 10.10―OLコーチが辞任

ドルフィンズのオフェンシブラインコーチを務めていたクリス・フォースターが辞任しました。

フォースターが白い粉を吸っている映像がネット上に流れたということで、その責任を取った形になっています。その白い粉が何だったのかというのは明確に報道されていませんが、禁止薬物だったことは明白です。

フォースターのコーチ歴は長く、NFLでは1993年にミネソタバイキングスのTEコーチ兼アシスタントオフェンシブラインコーチに就任して以来、実に23年間のキャリアを誇っていました。また、カレッジでのコーチ歴を合わせると34年間コーチ業に携わっていました。

昨シーズンからドルフィンズでオフェンシブラインコーチを務めていましたが、ドルフィンズには以前も在籍しており、2004年シーズンにはHCデーブ・ウオンステッドの下でオフェンシブコーディネーターを務めました。

フォースターはHCアダム・ゲイスの親友だったようで、日曜日の夜にゲイスに謝罪したようです。ゲイスにとっても気心が知れたコーチがこんな形でいなくなってしまうというのは大きな痛手となるかもしれません。

ドルフィンズは緊急にフォースターの後任を探さなければいけなくなりましたが、それが誰になるのか気になるところです。アシスタントオフェンシブラインコーチのクリス・クーパーが昇格ということもあるんでしょうか。

しかし、今シーズンのドルフィンズには信じられないような出来事が次々と起こります。QBライアン・タネヒルのシーズンアウト、ハリケーンによる開幕戦順延、LBローレンス・ティモンズの敵前逃亡、QBジェイ・カトラーの最悪のオフェンスパフォーマンス、そして今回のフォースターの辞任と何かに取り憑かれているのかと思うほどです。

まあしかし、これが現実ですから受け入れるしかないのですが、まだシーズンも4分の3も残っていますので、チーム一丸となって勝利に向かって進んでいってもらいたいと思います。


Week 5 対タイタンズ戦 プレビュー

ドルフィンズにとって今シーズン初めての地元マイアミでの試合です。ドルフィンズは先週、先々週とオフェンスが不調で試合に勝つ以前に得点を取るのにも苦労している状態で、ほとんど2試合連続完封負けをしたも同然です。

一方、対戦相手のテネシータイタンズは現在2勝2敗ですが、先週はヒューストンテキサンズを相手にして57失点という大敗を喫しています。それに加えて先発QBマーカス・マリオタがハムストリングを痛めており、ドルフィンズ戦への出場が微妙となっています。

この試合のポイントは、そのマリオタがプレーできるかどうかということがあるんですが、それ以上にドルフィンズのオフェンスがどれだけ得点を取れるかが問題です。

タイタンズのディフェンスはランが21位、パスが28位と決してよくないのですが、ドルフィンズのオフェンスがラン30位、パス28位とそれ以上に悪くなっています。特に頼みのランオフェンスに関して、RBジェイ・アジャイは過去2試合で23キャリーで62ヤード獲得に止まっています。

オフェンス不調の原因としては、アジャイやQBジェイ・カトラーのプレー内容もそうですが、それ以上にオフェンシブラインが相手のディフェンスに押されてしまい、ランブロックもパスプロテクションも酷い状態であることが指摘されています。ここが改善されない限り、これまで3試合でわずか2TDしかあげられていないオフェンスが向上することはないでしょう。

タイタンズはテキサンズに57点を取られたということもあり、この試合ではディフェンスを修正してくるでしょうから、簡単には得点を取らせてくれないと思われます。それに加えて得点力の乏しいドルフィンズのオフェンスではさらに苦戦しそうです。

またディフェンスに関しては、タイタンズのランオフェンスに要注意です。タイタンズはランオフェンスが6位ですので当然ランを主体にオフェンスを組み立ててきます。仮にマリオタがプレーできないとなるとなおさらランに比重をおいたオフェンスを展開してくることが予想されます。タイタンズのRB陣、デマルコ・マレーとデリック・ヘンリーは2人合わせて393ヤードを走り2TDランを記録しています。

それに対してドルフィンズのランディフェンスは4位となっていますが、過去2試合に限ってみると、相手チームに計189ヤード走られており、決して完璧に抑えているという内容ではありません。

しかし、先週からLBローレンス・ティモンズが、そしてこの試合からはLBレイ・マウアルーガが出場するなどベテランが復帰して、ようやくLB陣が揃いました。タイタンズのランを止めることが試合を優位に進めることになりますが、試合を壊さない絶対条件だと思います。この試合でドルフィンズのランディフェンスの真価が問われることになりそうです。

ホームゲームであるという優位性が唯一の頼みの綱で不安要素ばかりのドルフィンズですが、ディフェンスはそこそこタイタンズのオフェンスを抑えられるでしょうし、オフェンスもこれ以上は悪くならないということを考えると、何か1つのプレー、1つのTDでチームにリズムが出てくる可能性はあります。そうなれば勝利するチャンスも出てくるはずです。
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
楽天市場
最新コメント
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ